インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展

■100年前の「総合芸術家」
【会期終了】 上質な絹地に細かなプリーツを付け、筒状に縫製した「デルフォス」。女性の自然な曲線を美しく魅せる画期的なドレスは、20世紀初頭のファッション業界を席捲しました。デルフォス生みの親、マリアノ・フォルチュニ(1871-1949)にスポットを当てた大回顧展が、三菱一号館美術館で開催中です。
冒頭でも「デルフォス生みの親」としたフォルチュニですが、その活動はファッションデザインだけではありません。絵画、版画、舞台美術、テキスタイルデザイン、写真、染色技術の発明と極めて幅が広く、あえて肩書をつけるなら「総合芸術家」になるでしょう。

今回は日本初となるフォルチュニの本格的な回顧展。ヴェネツィアのフォルチュニ美術館が協力し、その多面的な活動も紹介しながら、美しいドレス約30点を見せていきます。

フォルチュニはスペイン・グラナダ生まれ。同名の父は19世紀スペインを代表する画家のひとりで、母も名門の芸術家一族の出身でした。

芸術家としてのスタートは、絵画からでした。伝統的な絵画を研究した父に倣い、フォルチュニもティツィアーノやティントレットなど、ヴェネツィア派の作品を模写。父の作品も模写しています。ファッションで名を馳せたフォルチュニですが、「自らの第一義は画家である」としていました。

フォルチュニは10代からドイツの作曲家ワーグナーを称賛。創作の関心も、絵画から舞台芸術へ広がっていきました。円形パノラマと照明装置を組み合わせた革新的な舞台機構を発明、ヨーロッパ各地の劇場に採用されました。



舞台の芸術に関わる中で、衣裳に関心を寄せるのは当然の流れです。20世紀初頭は、古代遺跡がブーム。フォルチュニは古代ギリシアの彫像《デルフォイの御者》から着想し、繊細なプリーツをつけたドレス「デルフォス」をデザインしました。

日本から輸入されたともいわれる最高級の絹地を使ったデルフォスは、とても軽量。動くたびに光の印影がドレス上に浮かび、上品かつ艶やかな印象を与えます。広く大衆の心を掴み、同時代に活躍したポール・ポワレらとともに、女性をコルセットから解放しました。

デルフォスは登場から100年以上経っていますが、現在でもパーティーでセレブが着る事があります。次々に流行が変わっていくファッション分野において、これほど長く愛される装いは極めて珍しい事です。

会場にはフォルチュニが撮影した写真も展示されています。フォルチュニは、まだ登場して日も浅かった最新機器に関心を示し、絵画、素描、彫刻、建築、工芸品などさまざまなものを撮影。他の芸術に使うための撮影でしたが、構図の美しさも際立っています。

来日こそしていませんが、フォルチュニは日本とも関係がありました。裕福だった両親は、甲冑や能面など日本の品々も蒐集。フォルチュニも日本の染め型紙を所有していただけでなく、自らの染色に型染の技術を生かしたともいわれています。

美しいドレスは、三菱一号館美術館の雰囲気ともピッタリ。いかにも女性の人気を集めそうな展覧会です。第2水曜日17時以降は、女性のみ1,000円で観覧できる「アフター5女子割」もあります(当日券のみ、他の割引との併用は不可)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年7月5日 ]

三菱一号館美術館―丸の内に生まれた美術館三菱一号館美術館―丸の内に生まれた美術館

三菱地所(編集)

武田ランダムハウスジャパン
¥ 1,091

料金一般当日:1,700円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場三菱一号館美術館
開催期間2019年7月6日(土)~10月6日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mimt.jp/fortuny/
展覧会詳細へ マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社