インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  東京オリンピックと新幹線

東京オリンピックと新幹線

■半世紀前の熱い想い
【会期終了】 1964(昭和39)年10月10日に開幕した第18回オリンピック東京大会。そして五輪に合わせて同年10月1日に開業した東海道新幹線。日本の復興を印象づけた2つの大事業を、半世紀経った今、あらためて振り返ります。
オリンピックが開催され、新幹線が開通したのは1964年。終戦は1945年、サンフランシスコ平和条約の発効が1952年ですので、実は焼け野原から19年、独立から12年しか経っていません。

半世紀前に、驚くべきスピードで進められたビッグプロジェクト。実現までの経緯を振り返ることで、これからの東京を考えていく企画展です。

会場入口に掲げられているのは、NHKのラジオ番組「街頭録音」のぼりです。終戦後に日本を占領したGHQは、民主化政策の手段としてラジオを重視。テーマを決めて街頭で市民にインタビューし、国民の声を放送で広めました。


会場入口から

展覧会は3章構成、第1章は「終戦から高度経済成長へ」です。

敗戦と同時に日本を間接統治したGHQ。1947年には日本国憲法が施行され、民主国家としての一歩を踏み出しました。

出版の分野もGHQの検閲下ではあるものの大幅に自由化。「奇譚クラブ」などのカストリ雑誌(大衆娯楽誌)も人気を博しました。

朝鮮戦争の特需も受けて、高度経済成長に突入。生活面でも特に都市部ではさまがわりし、(白黒)テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫の「三種の神器」は、女性の家事労働負担を軽減させました。

民主化、自由、経済成長。いくつもの歯車がかみ合う事で、大事業に向けての環境は整っていったのです。


第1章「終戦から高度経済成長へ」

第2章は「高速鉄道、新幹線の歴史」。まずは新幹線開通前の東海道線を紹介します。

東京駅-神戸駅間が全線直流電化されたのは1956年。1958年には国鉄初の電車特急「こだま」が導入され、東京-大阪間の日帰り出張が可能となりました(ただし東京7:00発→大阪13:50着。帰りは大阪16:00発→東京22:50着)。

高度経済成長期に入り、東海道本線の輸送量がひっ迫。従来線を複々線化するという計画に対し、当時の国鉄総裁十河信二が「広軌高速鉄道を別線で敷設」と主張し、新幹線に向けて舵を切る事となります。

テスト走行用のモデル線区を小田原-綾瀬間に敷設。1962年からテスト走行が始まり、翌年には時速256kmと世界最高速度をマーク。1964年の開業にこぎつけました。

その後「ひかりは西へ」のキャッチフレーズのもと、山陽新幹線が建設。国鉄からJRに運営主体が変わった後も次々に新型車両が導入され、その活躍の場は海外にも広がっています。


第2章「高速鉄道、新幹線の歴史」

第3章は「1964年東京オリンピック・パラリンピック」です。

東京でのオリンピックは1940年に開催される事が決まっていましたが、時局が悪化。1938年に開催を返上した際の資料も展示されています。

そして、1964年の東京オリンピック。開催地に選出されたのは1959年です。敗戦から立ち上がり国際社会への復帰を目指す日本にとって、オリンピックの招致は悲願でもありました。

会場で目をひくのは、豪華なアタッシュケースに入った5つの模型です。CGもネットも無かった時代、海外に施設を紹介するため、持ち運びに便利なように作られました。蓋の裏側には英文の解説もついているこの模型、実は丹青社による製作です。

五輪閉幕後、11月8日から始まったのが「1964年パラリンピック国際身体障害者スポーツ大会」。もとは大戦で負傷した人々のリハビリとして行われたスポーツ大会がきっかけです。この大会が第2回ですが、パラリンピックという言葉はこの時に作られました。


第3章「1964年東京オリンピック・パラリンピック」

世紀のプロジェクトを支えた人々の熱い想いが響いてくるような企画展。巡回はせずに、江戸東京博物館だけでの開催です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月29日 ]

東京オリンピックと新幹線

江戸東京博物館 (著), 行吉 正一 (著), 米山 淳一 (著)

青幻舎
¥ 2,300

料金一般当日:1,340円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場江戸東京博物館
開催期間2014年9月30日(火)~11月16日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 東京オリンピックと新幹線 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社