インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  2015年NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」

2015年NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」

■十八畳の小屋から巣立った、幕末の英傑たち
【会期終了】 2015年の大河ドラマは、井上真央さん演じる杉文(すぎふみ)が主人公。吉田松陰の妹で久坂玄瑞と結婚し、後に群馬県令の楫取素彦と再婚しました。展覧会は大河ドラマと連動した恒例の企画、今回は杉文や吉田松陰ゆかりの品々を中心に、幕末維新期の長州藩にスポットをあてました。
毎年、ゆかりの地を中心に全国各地で行われている大河ドラマ連動展。最近は東京会場からのスタートが恒例でしたが、今年は2会場目(山口展からスタート)という事もあって、この時期からの開催となりました。

杉文はドラマの放映まで殆ど知られていない存在でしたが、その周辺には幕末維新期の巨星がずらり。本展にも歴史ファンにはこたえられない貴重な史料が出展されています。


序章は杉文が育った萩の紹介から

会場中ほどには、なんと松下村塾も出現(塾をモチーフにしたコーナーです)。吉田松陰は幽閉されていた生家の杉家で孟子の勉強会を始め、噂を聞いた近隣の武士が集まったのが塾のきっかけとなりました。建物は、杉家の小屋を改修。後に建て増しされたものの、わずか十八畳余りという小さな塾舎から、日本を変えた多くの英傑が巣立って行きました。

1859(安政6)年に江戸に護送され、29歳で斬首された松陰。旅立ちの前に自賛肖像を八幅作成し、杉家や吉田家、そして久坂玄瑞らに形見として与えました。今に伝わる自賛肖像は六幅、会場にはその全てが展示されています(一部複製・パネルも含む)。


「松下村塾」の表札は、明治後期に野村靖(内務大臣などを歴任した松下村塾塾生)が揮毫したものです

久坂玄瑞は杉文の夫で、松陰の義弟。松陰は久坂を「防長年少第一流人物」と高く評価していました。英国公使館を焼き討ちにし、下関では外国船を砲撃。その報復で長州藩は大きな打撃を受けますが、攘夷の意志は変わりませんでした。ちょうどドラマではこのあたりまで放映中です。

明治時代まで活躍したのが、維新の三傑として名高い木戸孝允。松下村塾の塾生ではありませんが、松陰に兵学の教えを受けていた事があります。会場には肖像や書簡のほか、愛用の硯箱なども展示されています。


久坂玄瑞と木戸孝允の史料

松陰以外で一番多くの史料が紹介されているのが、高杉晋作です。高杉は親の目を盗み、夜遊びのふりをして松下村塾に出入りしていましたが、塾では「識の高杉、才の久坂」と並び称された逸材でした。

封建的な枠組みを超えた画期的な武力集団・奇兵隊を作った高杉晋作。酒を愛し、詩を愛し、女を愛した高杉は人間味あふれる人物として描かれる事が多く、現代でも多くのファンに愛されています。


奇兵隊関連の史料のほか、高杉所要と伝わる三味線や瓢(ひさご)などもあります

会場で一番目をひくのは、巨大な大砲です。馬関戦争で長州が敗れた際、英・仏・米・蘭の四国連合艦隊に接収されたもの。当時においても旧式で小口径でしたが、大砲不足を補うために設置されていました。雲龍文が刻まれた砲身からは、なんとなく呑気な印象をうけます。


《馬関戦争図》と《萩野流壱貫目青銅砲》

プレス内覧会には主役を演じる井上真央さんも姿を見せ、笑顔でフォトセッションに応じていました。ドラマはこれから杉文の夫である久坂の死、明治維新、そして楫取素彦との再婚と進みますが、個人的には杉家にとってかなり大きな出来事である「萩の乱」の描かれ方が楽しみです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月3日 ]

花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)花燃ゆ 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK出版 (編集)

NHK出版
¥ 1,134

料金一般当日:1,350円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場江戸東京博物館
開催期間2015年6月4日(木)~7月20日(月・祝)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/special/
展覧会詳細へ 2015年NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社