ニュース
    小松美羽が岡本太郎に挑む ─ 川崎市立岡本太郎美術館「小松美羽展」
    (掲載日時:2022年6月24日)

    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」 ライブペインティングを終えた小松美羽
    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」 ライブペインティングを終えた小松美羽

    日本の神々の使いや神獣、人々の祈りなど「見えない何か」からインスピレーションを得た作品で注目を集める気鋭の美術家、小松美羽(1984-)の作品を紹介する展覧会が、川崎市で始まる。

    小松は長野県生まれ。豊かな自然の中で生き物の生と死を間近に見てきた経験から独自の死生観が育まれ、パフォーマンス性に秀でた力強い表現で次々に作品を発表している。

    展覧会は、小松の作品約100点を展示する大規模展。

    小松が真言宗立教開宗 1200 年を記念して制作し、展覧会の後に表装され東寺に奉納される大作《ネクストマンダラ―大調和》が展示されるほか、2014年に小松が出雲大社へ奉納した《新・風土記》も特別に公開。

    会場は岡本太郎《渾沌》(1962年)を中心に据え、5つのパートで構成。初期から最新作まで展示し、小松ならではの世界観を俯瞰する。

    開幕前日の6月24日(金)には、小松によるライブペインティングも実施。美術館横の母の塔前広場で、炎天下の中1時間にわたり大作をダイナミックに描き上げた。

    「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」は川崎市岡本太郎美術館 企画展示室で2022年6月25日(土)~8月28日(日)に開催。入館料は一般 1,000円など。



    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」会場
    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」会場

    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」会場
    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」会場

    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」会場
    川崎市岡本太郎美術館「小松美羽展 岡本太郎に挑む―霊性とマンダラ」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    公益財団法人帆船日本丸記念財団 契約職員(産休・育児休業代替)募集 [横浜市西区みなとみらい2-1-1(日本丸メモリアルパーク内)]
    神奈川県
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    独立行政法人国立美術館本部事務局情報企画室 特定研究員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部(東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    新規オープン施設!兵庫県立兵庫津ミュージアム 学芸員募集!(R4.11~非常勤職員) [兵庫県立兵庫津ミュージアム]
    兵庫県
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催まであと5日
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ボストン美術館展 芸術×力
    もうすぐ終了[あと6日]
    2022年7月23日(土)〜10月2日(日)
    4
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと55日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    企画展示「クマのプーさん」展
    もうすぐ終了[あと6日]
    2022年7月16日(土)〜10月2日(日)