ニュース
    佐伯祐三、東京で18年振りの回顧展 ― 東京ステーションギャラリー
    (掲載日時:2023年1月20日)

    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場
    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場

    レポートはこちら

    大正~昭和初期に活躍した洋画家、佐伯祐三(1898-1928)を紹介する展覧会が、東京ではじまる。

    大阪で生まれ育った佐伯は、東京美術学校を卒業後にパリへ留学。

    ユトリロやゴッホらからも影響を受け、大きく画風を変えながら作品を制作。1年半の一時帰国を経て再渡欧するが、結核により30歳の若さで死去した。

    展覧会は、佐伯が描いた「東京」「大阪」「パリ」の3つの街に注目し、画家が自らの表現を獲得する過程に迫る大規模展。

    大阪中之島美術館が所蔵する国内最大の佐伯祐三コレクションを核に、代表作100余点を一堂に展示。風景画だけでなく人物画や静物画も含め、佐伯芸術の造形性について再考する。

    「佐伯祐三 自画像としての風景」は、東京ステーションギャラリーで2023年1月21日(土)〜4月2日(日)に開催。料金は一般 1,400円など。

    東京で開催される大規模な佐伯祐三展は、2005年の「佐伯祐三−芸術家への道−」展(練馬区立美術館)以来、18年ぶりとなる。

    東京での開催後、大阪中之島美術館に巡回する。


    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場
    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場

    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場
    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場

    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場
    東京ステーションギャラリー「佐伯祐三 自画像としての風景」会場

    このニュースに関連する展覧会
    75
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    2023年1月21日(土)〜4月2日(日)
    開催中[あと54日]
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    横尾忠則現代美術館非常勤嘱託員(アーカイブ担当)募集 [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県
    静嘉堂文庫美術館 学芸補助員募集 [静嘉堂文庫美術館【勤務地 静嘉堂(東京都世田谷区岡本 2-23-1) 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1)】]
    東京都
    那珂川町馬頭広重美術館嘱託学芸員(会計年度任用職員)募集 [那珂川町馬頭広重美術館]
    栃木県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(宇宙分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(教育普及分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと110日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと61日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと5日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと129日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)