ニュース
    根津美術館で朝鮮陶磁と奥高麗茶碗を紹介する2つの展覧会
    (掲載日時:2024年2月9日)

    根津美術館
    根津美術館 企画展「魅惑の朝鮮陶磁」特別企画「謎解き奥高麗茶碗」会場

    日本人が愛好してきた朝鮮陶磁の魅力と、奥高麗茶碗の成立を謎解いていく展覧会が、東京ではじまる。

    深い灰青色が優美な12世紀の高麗青磁や、16〜17世紀の茶人たちの人気を集めた高麗茶碗、15~18世紀の粉青と白磁など、朝鮮陶磁は古くから日本人を魅了し、日本の陶磁器にも強い影響を与えてきた。

    一方、朝鮮陶磁の高麗茶碗を写した奥高麗茶碗は、九州肥前地方、現在の佐賀県唐津市周辺で焼かれたもの。戦後の古唐津ブームの中で世界でも高く評価されてきたが、その名前や窯の場所、何が「奥高麗」なのかなどの謎が残されている。

    会場では、展示室1で朝鮮陶磁を紹介し、朝鮮陶磁の歴史を概観しながらその魅力を検証。

    展示室2では「奥高麗」の手本となった高麗茶碗を展示し、「唐津焼の茶の湯の茶碗」として奥高麗茶碗の成立を解き明かしていく。

    企画展「魅惑の朝鮮陶磁」/ 特別企画「謎解き奥高麗茶碗」は、根津美術館で2024年2月10日(土)~3月26日(火)まで開催中。観覧料は 一般 1,300円など


    根津美術館
    根津美術館 企画展「魅惑の朝鮮陶磁」/ 特別企画「謎解き奥高麗茶碗」会場

    根津美術館
    根津美術館 企画展「魅惑の朝鮮陶磁」/ 特別企画「謎解き奥高麗茶碗」会場

    根津美術館
    根津美術館 企画展「魅惑の朝鮮陶磁」/ 特別企画「謎解き奥高麗茶碗」会場

    このニュースに関連する展覧会
    2024年2月10日(土)〜3月26日(火)
    開催中[あと27日]
    このニュースに関連するミュージアム
    114
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    佐賀県立宇宙科学館 科学コミュニケーター募集! [佐賀県立宇宙科学館]
    佐賀県
    岩国市科学センター任期付職員(学芸員)募集 [岩国市科学センター]
    山口県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと39日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと39日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)