ニュース
    京都国立博物館で「琳派 京(みやこ)を彩る」 ── 被災前の骨喰藤四郎も
    (掲載日時:2015年10月9日)
    京都国立博物館「琳派 京(みやこ)を彩る」

    2015年10月9日(金)、京都市東山区の京都国立博物館で「琳派 京(みやこ)を彩る」のプレス向け内覧会が開催された。

    各地で開催されている「琳派400年」展の決定版ともいえる大琳派展で、国宝6件、重要文化財36件を含む琳派の名品が出展。本阿弥光悦と俵屋宗達が起こし、百年後に尾形光琳・乾山が、さらに百年後に酒井抱一らと引き継がれていった琳派の流れを辿る。

    琳派は京都で生まれたが、意外にも京都で琳派をテーマにした大きな展覧会は一度も実施されてこなかった。

    宗達・光琳・抱一の三者が描き、琳派を象徴する作品として名高い「風神雷神図屏風」が全て出展(3点が揃うのは10月27日~11月8日のみ)。下絵を俵屋宗達、書を本阿弥光悦が手掛け、全長13メートル余に及ぶ重要文化財《鶴下絵三十六歌仙和歌巻》は、期間中通して全公開される。

    本阿弥家は刀剣の鑑定を行っていた事から、ゲームで人気の日本刀である重要文化財《薙刀直シ刀 無銘(名物 骨喰藤四郎)》も全期間出展。明暦の大火で骨喰藤四郎が被災し修復される前の刃文の状態を記した重要美術品《光徳刀絵図》(11月1日まで出展)も、並んで展示されている。

    「琳派 京(みやこ)を彩る」は京都国立博物館で、2015年10月10日(土)~11月23日(月・祝)に開催。観覧料は一般 1,500円、大学生 1,200円、高校生 900円(中学生以下は無料)。前売りはそれぞれ200円引きで2015年10月9日(金)23:59まで発売。

    「琳派 京(みやこ)を彩る」のチケットはこちらiconicon

     京都国立博物館「琳派 京(みやこ)を彩る」の取材レポートはこちら

    発信:インターネットミュージアム

    京都国立博物館 施設詳細ページ
    「琳派 京(みやこ)を彩る」情報ページ
    「琳派 京(みやこ)を彩る」公式ページ

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと23日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと2日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと23日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと51日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと65日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京都中央区 学芸員(歴史・民俗分野、近代建築)会計年度任用職員 募集中! [中央区立 郷土天文館]
    東京都
    佐賀県立宇宙科学館≪ゆめぎんが≫ 科学コミュニケーター募集 [佐賀県武雄市(佐賀県立宇宙科学館)]
    佐賀県
    京都国立近代美術館 情報研究補佐員公募 [京都国立近代美術館]
    京都府
    (公財)石川県埋蔵文化財センター 嘱託調査員募集中 [公益財団法人石川県埋蔵文化財センター]
    石川県
    兵庫県職員【学芸員 (近現代美術)、(近世・近代書) 】募集中! [兵庫県立美術館など]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード