ニュース
    年老いた美術商、最後の大勝負 ― 映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」
    (掲載日時:2020年2月6日)
    映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

    年老いた美術商が、近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品に出合った事で、すれ違う家族の物語が動き出す。生涯を美術品に捧げた男を描いたフィンランド映画が公開される。

    主人公は、家族に眼もくれず仕事を優先してきた美術商オラヴィ。長年音信不通だった娘に頼まれて、問題児の孫息子・オットーを数日間だけ預かる事になった矢先、オークションハウスで署名が無い肖像画を発見。ひと目でレーピンの作品と見抜いたオラヴィは、オットーとともに作品の証拠を掴み、オークションへ向け資金繰りに奔走。娘親子が大きな苦労をしていたことを知り…、というストーリー。事前の予定価格を大きく超えたオークションでの入札合戦は、大きな見どころとなる。

    監督は、過去監督作5作中4作がアカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表に選出され、“フィンランドを代表する監督”と称されるクラウス・ハロ監督。主演のヘイッキ・ノウシアイネンは、ハロ監督とは約10年ぶりのタッグ。撮影にはフィンランドの国立美術館であるアテネウム美術館や、現地ギャラリーが全面協力した。

    映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」は、2020年2月28日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開。

    監督:クラウス・ハロ 脚本:アナ・ヘイナマー
    出演:ヘイッキ・ノウシアイネン、ピルヨ・ロンカ、アモス・ブロテルス、ステファン・サウク
    後援:フィンランド大使館  配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス
    2018年/フィンランド/シネマスコープ/95分/DCP5.1ch/フィンランド語・スウェーデン語・英語/
    英題:ONE LAST DEAL

    © Mamocita 2018 HP:lastdeal-movie.com

     発信:インターネットミュージアム

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと81日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    京都国立博物館 | 京都府
    御即位記念 特別展「皇室の名宝」
    開催中[あと26日]
    2020年10月10日(土)〜11月23日(月)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催まであと146日
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    5
    横須賀美術館 | 神奈川県
    上田薫
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年9月12日(土)〜11月3日(火)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人静嘉堂 静嘉堂文庫美術館 広報担当職員の募集 [静嘉堂文庫美術館]
    東京都
    童謡・唱歌専門員募集(正規) [わらべ館]
    鳥取県
    独立行政法人国立美術館 国立新美術館 特定研究員(特定有期雇用職員)公募 [国立新美術館]
    東京都
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    【山梨県立科学館】 企画・解説スタッフ募集のご案内 [山梨県立科学館]
    山梨県

    ミュージアム キャラクター アワード