読者
    レポート
    横浜の仏像-しられざるみほとけたち
    横浜市歴史博物館 | 神奈川県


    展示風景


    横浜の仏像を紹介する初めての展覧会が開催されています。50年に渡る調査の結果、明らかとなった新発見や初公開される仏像の数々。知られざる仏像の姿に触れることができる貴重な機会です。


    展示は、飛鳥時代に始まり、奈良、平安、鎌倉、南北朝と時代を下り6章で構成。仏像は実に様々な表情や形をしています。

    バランスが崩れクスっと笑ってしまうもの、ため息が出るほど美しいものなど、個性豊かに展開していく様子が見てとれます。その中から、注目ポイントをご紹介します


    珍しい飛鳥時代の仏像



    展示風景 Ⅰ仏像史の曙光


    仏像の歴史が始まる飛鳥・奈良時代を曙光と題しました。飛鳥時代の仏像は、ほとんど残っていませんが、幸い横浜には存在します。ただ、最初から横浜にあったかは定かではありません。

    素材はこの時代に多い金剛仏、赤い敷物は、銅の仏像の隠れサインとなっています。


    横浜最古の風格ある菩薩像



    菩薩立像 平安時代 光明寺(横浜市南区) 横浜市指定有形文化財


    存在感のある形が目をひきます。横浜市に現存する仏像の最古の木彫像です。手や足が失われていますが、バランスの良さを感じさせます。立ち姿、足の角度などギリシアの古代彫刻が浮かびました。


    特殊なジャンルの仏像が横浜にも



    釈迦如来立像 鎌倉時代 真福寺(横浜市青葉区) 重要文化財


    清凉寺式の衣文が美しい仏像。離れていても存在感に圧倒されます。

    近づくと細やかな同心円の襞が規則正しく連なって見えます。水紋が広がり、滝に流れ落ちるようです。衣文線がゆらいで、吸い込まれそう。さらに近づくと、ノミの跡に見える模様は、木目でした。



    釈迦如来立像(部分)鎌倉時代 真福寺(横浜市青葉区) 重要文化財


    縄状の頭髪も清凉寺式の特徴です。また 瞳に銅板が張られていると考えられておりました。展示後、研究者の指摘により、本体の材から掘り出されていることが、判明しました。耳たぶの横皺など特別な仏像であることが示唆されます。

    メインビジュアルの仏像ですが、衣文はデザインとしても魅力的。会場内のサインや、図録の表紙、章扉に利用。カバーの拡大写真は、デザイン性だけでなく、仏師がノミを振るう手の動きや、息づかいまで伝えます。


    河津町から横浜へ?



    地蔵菩薩坐像 南北朝時代 林際寺(静岡県賀茂郡河津町)


    今回、横浜の仏像展ですが、伊豆河津町の林際寺からもおでましです。

    きっかけは、伊豆の上原美術館の調査により、体内から銘文が発見。そこには制作年、作者の朝栄、かつて横浜金沢の能仁寺(廃寺)の、ご本尊であったことなどが記されていました。寺外初公開で里帰りを果たすことができました。



    地蔵菩薩坐像(体内)林際寺



    地蔵菩薩坐像(像内墨書銘)林際寺


    足を組んだ右の脛あたりの衣のくぼみにも注目です。これは、右手に持っていた錫杖(柄の先に輪がついた杖)が衣にあたった状態を表現しています。

    また像の下部側面や正面に見られる割目は、以前、法衣垂下(衣の裾を台座にかけて長く垂らす)だった下部が作り変えられた跡です。


    足元を見つめ直そう


    仏像と言えば京都や奈良が主流ですが、地元で受け継がれてきた仏像に着目するという展覧会は昨年、神奈川県立歴史博物館でも行われました。またコロナ禍によって、美術館では所蔵作品に目を向け、足元から発信していく動きも見られます。

    地域からの発信が新たな価値を創造し、それが波及して繋がりあう。そんなネットワークが過去や、未来に見えてきそうです。


    [ 取材・撮影・文:コロコロ / 2021年1月22日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    横浜市歴史博物館
    会期
    2021年1月23日(土)〜3月21日(日)
    開催中[あと17日]
    開館時間
    9:00~16:30(券売は16:00まで)
    休館日
    月曜日
    住所
    〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-18-1
    電話 045-912-7777
    公式サイト https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/
    料金
    一般 1,000円、大学・高校生 700円、小・中・横浜市内在住65歳以上 500円
    展覧会詳細 横浜の仏像-しられざるみほとけたち 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催中[あと24日]
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    2
    三井記念美術館 | 東京都
    特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
    開催中[あと45日]
    2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
    3
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    もうすぐ終了[あと10日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    4
    三菱一号館美術館 | 東京都
    テート美術館所蔵 コンスタブル展
    開催中[あと87日]
    2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    没後70年 吉田博展
    開催中[あと24日]
    2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
    広島県
    江戸東京博物館 短時間契約職員(学芸業務)募集 [江戸東京博物館]
    東京都
    板橋区立教育科学館 科学指導員 募集! [板橋区立教育科学館]
    東京都
    川西市文化財資料館業務員を募集 [川西市文化財資料館]
    兵庫県
    2021年春採用 京都芸術センター プログラムディレクターの募集(公益財団法人京都市芸術文化協会) [京都芸術センター]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード