読者
    レポート
    特別展 DC展 スーパーヒーローの誕生
    名古屋市博物館 | 愛知県

    アメリカンコミック最大級の出版社、DC。スーパーマン、バットマンなどスーパーヒーローを擁するDCの世界巡回展が、いよいよ名古屋にやってきました。 コミック原画、衣装、小道具など400点以上を一気に見ることができる、ファンにはたまらない機会ではないでしょうか。



    会場看板


    わくわくしながら会場に入ると、目に飛び込んでくるのがずらりと並んだDCコミックの年表。スーパーマン、バットマン、フラッシュのコミック初登場シーンも見ることができます。80年以上の歴史があるんですね。



    展示風景


    会場はエリアごとにわかりやすく色分けされています。 最初はブルーの「スーパーマンエリア」。 歴代スーパーマンのコスチュームを一度に見ることができるようになっています。



    『スーパーマン』1978年 クリストファー・リーヴのコスチューム


    コミックからそのまま飛び出してきたような初期の1978年型と、よりリアルに・強そうにデザインされた2013年型。こうして比較すると色だけでなく素材や形の違いがよくわかります。スーパーマンも進化しているんですね。



    『マン・オブ・スティール』(2013年) ヘンリー・カヴィルのコスチューム


    お次は黒で統一された「バットマンエリア」。 『ダークナイト・ライジング』でゴッサムシティに建てられたバットマンの記念像がお出迎え。まさに「闇の騎士」の雰囲気です。



    『ダークナイト・ライジング』2012年 バットマンの像


    1989年版『バットマン』でジャック・ニコルソンが演じたジョーカーのコスチューム。鮮やかな色づかいは、ちょっとコミカルなニコルソンのジョーカーにぴったり。



    左『バットマン』1989年 ジャック・ニコルソンのジョーカーのコスチューム / 右『バットマン リターンズ』1992年 ダニー・デヴィートのペンギンのコスチューム


    『ダークナイト』でヒース・レジャーが演じたジョーカーは「狂気」が前面に押し出されたものでした。よく見ると、コートやベストの色はニコルソン版と同系色を使用しているんですね。しかし色あいの彩度を抑えることで、『ダークナイト』独特の世界観が表現されています。



    展示風景 左は『ダークナイト』2008年 ヒース・レジャーが着たジョーカーのコスチューム


    『ダークナイト』冒頭で銀行強盗たちが被っていたピエロのマスクも勢ぞろい。 下段中央の青髭のマスクをジョーカーが被っていました。マスクを外したジョーカーが恐ろしかった…。



    『ダークナイト』2008年 クラウンマスク


    コスチュームだけでなく、壁にはコミックの原画もたくさん展示されており、見どころいっぱい。コンピュータが無かった時代、コミック原画の吹き出しは切り貼りです。ところどころに修正ホワイトの跡も見えます。



    『バットマン リターンズ』1992年 ミシェル・ファイファーのキャットウーマンのコスチューム


    バットマンが闇を疾走するバットポッドも展示されています。 『ダークナイト』で初登場しますが、バットモービルからバットポッドが飛び出したときはびっくりしました。極太のタイヤの肩がすり減ってしまっているのが、アクションの激しさを物語ります。



    『ダークナイト』シリーズに登場したバットポッド


    さて、黒の次は赤のゾーンへ。『ワンダー・ウーマンエリア』です。 1941年にアメリカン・コミックスに初登場したスーパーヒロイン。 コミックからコンセプトアート、そして衣装へ、どのように映像化したのかを垣間見ることができる展示となっています。



    『ワンダー・ウーマン』のコンセプトアートとコスチューム


    DCコミックスの悪党が大集合の『スーサイド・スクワットエリア』。 ジョーカーやハーレイ・クインら魅力的なヴィラン(悪党)が特殊部隊「タスクフォースX」として活躍します。 映画の世界観がそのまま伝わってくるコンセプトアートが素晴らしい!



    『スーサイド・スクワット』のコンセプトアート


    原画から映画のコスチューム、アイテム、コンセプトアートまで総合的に見ることができる、大人から子供まで楽しめる展覧会となっています。

    展示されているコスチュームは実際に俳優が着ていたもの。「意外と小さいなあ」とか、アクションで衣装が破れてしまっていたりとか、いろんな発見があります。


    ここ名古屋が国内最終会場。DCファンも、バットマンしか知らない人も、ぜひ童心にかえってお楽しみください。



    アーマードバットマンに睨まれました…


    DC SUPER HEROES and all related characters and elements © & ™ DC WB SHIELD: © & ™ WBEI. (s22)

    [ 取材・撮影・文:ぴよまるこ / 2022年3月7日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    名古屋市博物館
    会期
    2022年3月8日(火)〜5月8日(日)
    会期終了
    開館時間
    AM9:30~PM5:00(但し展示室への入場はPM4:30まで)
    休館日
    月曜日(休日の場合は直後の平日)、第4火曜日(休日を除く)、12月29日~1月3日
    (館内点検休館:12月7日~12月14日)
    住所
    〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
    電話 052-853-2655
    公式サイト http://www.museum.city.nagoya.jp/
    展覧会詳細 特別展 DC展 スーパーヒーローの誕生 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと27日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと131日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと20日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと94日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)