IM
    レポート
    没後50年 鏑木清方展
    東京国立近代美術館 | 東京都
    没後50年。美人画だけではない、清方の画業を解き明かす日本画約110点
    注目は新発見の《築地明石町》。《新富町》《浜町河岸》の三部作を公開
    清方が自己採点した作品を、3段階の★マークで表示したキャプションも

    浮世絵をベースにしながら明るい色調で美人画を描いたことで人気を博した鏑木清方(1878-1972)。2022年、没後50年の節目となることを記念した大規模な回顧展がはじまりました。



    「没後50年 鏑木清方展」会場入口


    挿絵画家として身を立てた後、日本画家を目指した清方。本展では、挿絵の作品をのぞいた日本画作品を3章にわたり紹介します。

    第1章は「生活をえがく」。若い頃から“庶民の生活”をテーマに作品に取り組んでいた清方は“生活を伴わない風景には興味がない”と言ったほど人の生きざまを描いてきました。それは、美人画の中にも表れ、風景や季節の風物を添えながら人々の生活の喜びを表しています。



    (左から)《十一月の雨》 1955年 上原美術館 / 《金沢三題・大磯の風景 山かげ》 1919年 名都美術館 [展示期間:3/18~4/10]


    長崎での年中行事であった踏み絵を描いた《ためさるゝ日》。清方の作品には珍しく豪華で濃厚な色合いが特徴です。淡色の控えめな衣装をまとった2人の遊女を描いた右幅と左幅の左右が揃うのは40年ぶりとなりました。



    (手前)《ためさるゝ日》 1918年 鎌倉市鏑木清方記念美術館 [展示期間:(右幅)3/18~4/3、(左幅)3/18~4/17]


    1930年にローマで開催された日本美術展に出品されたのは、清方が51歳時に描いた《七夕》。画面には短冊が飾られた笹や琴が描かれ、裁縫や技芸の上達、恋愛成就を願う女性たちが登場します。横山大観の《夜桜》とともに日本の四季を欧州に紹介する役割も果たしました。



    《七夕》 1929年 大倉集古館 [展示期間:3/18~4/10]


    商屋の暮らしを軸に四季折々の移ろいを12幅にまとめた《明治風俗十二ヶ月》は、江戸時代の浮世絵師・勝川春章の作品から着想を得たもの。「四月」は隅田川の花見にはしゃぐ舞妓、「十二月」は夜の雪の中に流行のショールを羽織る女性の姿が描かれています。



    《明治風俗十二ヶ月》 1935年 東京国立近代美術館


    本展で最も見どころとなるのが、《築地明石町》《新富町》《浜町河岸》の三部作。

    中央の作品は、夜会巻に結い上げた髪と黒羽織のいで立ちで物思う女性が描かれた《築地明石町》。1975年にサントリー美術館で開催された「回想の清方 その三」の出品を最後に、所在が分からなくなっていましたが、2019年に発見。44年ぶりに三部作が公開され、話題にもなりました。

    生まれた街を描いた《新富町》は、《築地明石町》の3年後に制作されたもの。艶やか着物で橙色の傘を差した新富芸者の姿は《明治風俗十二ヶ月》の十一月“平土間”にも通じる粋な女性です。

    踊りの稽古帰りの町娘を描いた左手の作品《浜町河岸》は、清方が明治末に暮らした日本橋を主題にした作品です。年齢も属性も異なる明治の女性を三様にお楽しみいただけます。



    (左から)《浜町河岸》 1930年 / 《築地明石町》 1927年 / 《新富町》 1930年 東京国立近代美術館


    幼い頃、芝居好きの母の影響から文芸に親しんだ清方。演劇雑誌「歌舞伎」で連載のあった芝居のスケッチをきっかけに芝居は見るだけでなく描くものにもなりました。

    第2章「物語をえがく」では、文学や芝居など物語を主題とする作品を作者の肖像とともに紹介します。



    (左から)《本朝十二四孝 十種香の段 八重垣姫 勝頼 濡衣》 1934年 / 《桜姫》 1923年 新潟県立近代美術館・万代島美術館 [展示期間:3/18~4/10]


    清方は、女形舞踊の最高峰と言われる「京鹿子娘道成寺」を主題とした作品を数多く手掛けます。 蛇体と化した清姫が道成寺を焼き殺したという「安珍清姫伝説」をもとにしたもので、作品それぞれに表現の工夫と制作意図の違いを感じることができます。



    《京鹿子娘道成寺》 1928年 光ミュージアム


    第3章は「小さくえがく」。大正時代後半に清方が提唱したのは“卓上芸術”でした。これは清方の造語で、小画面の画巻や画帖、挿絵を机の上でひとりで味わう鑑賞スタイルを指します。庶民でも芸術に触れられる展覧会が開かれることや、安価でも良質な複製を庶民に届けることで、芸術が社会に開かれると考えていたためです。



    《朝夕安居》 1948年 鎌倉市鏑木清方記念美術館・道成寺鷺娘 [展示期間:3/18~4/3]


    画面が小さいからこそ即興性をそのまま表現できることに価値を見いだしていた清方。 安価でも良質な複製を庶民に届けることも芸術が社会に開かれると考えていました。“卓上芸術”には、そんな市井の人々の安らかな暮らしが映し出されています。



    (左から)《『苦楽』表紙原画 舞妓》 1947年 / 《『苦楽』表紙原画 ふた昔》 1948年 東京国立近代美術館


    市井の人々と共有することを喜びとしていた清方の新たな一面を知ることができる展覧会。★マークで3段階に自己採点された作品にも注目です。

    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 / 2022年3月17日 ]


    第2章「物語をえがく」
    《隅田河舟遊》 1914年 東京国立近代美術館
    《道成寺 鷺娘》 1929年 大谷コレクション
    第2章「物語をえがく」
    会場
    東京国立近代美術館
    会期
    2022年3月18日(金)〜5月8日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※金曜・土曜は20:00まで開館(入館は19:30まで)
    休館日
    月曜[ただし3月21日、28日、5月2日は開館]、3月22日(火)
    住所
    〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.momat.go.jp/
    展覧会詳細 没後50年 鏑木清方展 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    加賀市職員採用候補者試験を実施します! [加賀市役所]
    石川県
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R5.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    富山市職員募集 「学芸員(美術)」 [富山市ガラス美術館 ほか]
    富山県
    福井県陶芸館 学芸員募集中! [福井県陶芸館]
    福井県
    石川県立美術館 学芸員募集 [石川県立美術館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    開催中[あと39日]
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)
    2
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    開催中[あと54日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    3
    佐川美術館 | 滋賀県
    バンクシーと ストリートアーティスト
    開催中[あと18日]
    2022年3月12日(土)〜6月12日(日)
    4
    君も博士になれる展 empowered by 博士ちゃん
    開催中[あと32日]
    2021年10月2日(土)〜2022年6月26日(日)
    5
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Ü Manifeste de mode (仮称)
    開催まであと24日
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード