#日本美術・東洋美術: レポート一覧

全 44件
0
最も良く知られている日本美術のひとつ、全巻の全場面を会期中通して公開
有名な甲巻、動物図鑑のような乙巻、人物と動物の丙巻、人物中心の丁巻
断簡や摸本を展示してもとの姿を回想、高山寺と明恵上人に関わる作品も
会場
東京国立博物館 平成館
会期
2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
開催中[あと46日]
0
善光寺に隣接する好立地、ランドスケープ・ミュージアムがコンセプト
屋上広場[風テラス]は絶好の展望広場、道路から自由に入る事ができます
中谷芙二子の霧の彫刻は1日8回、白い霧に包まれる幻想的な作品が常設で
会場
長野県立美術館
会期
2021年4月10日(土)〜6月6日(日)
開催中[あと53日]
0
「生まれ戻った」改修工事、大展示室は大谷石と葛布で開館当時の雰囲気に
建物自体が民藝の象徴、この3月には本館と西館が東京都指定有形文化財に
改修記念の展覧会では、柳宗悦の想いを今に伝える古作の逸品を一気に公開
会場
日本民藝館
会期
2021年4月4日(日)〜6月27日(日)
開催中[あと74日]
0
戦時下において、それぞれの前衛画家たちが見つめた現実と描かれた作品
頂点を迎えていた前衛画壇はシュルレアリスムから脱却、新たな方向を模索
その関心はルネサンス絵画、日本の埴輪や仏像、庭園など対照的なものへ
会場
板橋区立美術館
会期
2021年3月27日(土)〜5月23日(日)
開催中[あと39日]
1
海外の名だたる美術館に作品が所蔵されている実力派、初めての大規模展
欧米で愛された花鳥画をはじめ、美人画や挿絵・木版など多彩な魅力を網羅
展示室3階には得意の花鳥画がずらり、個人蔵を中心に知られざる作品も
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2021年3月27日(土)〜5月23日(日)
開催中[あと39日]
0
「美しい」という枠におさまらない美術、「あやしい」魅力にあふれた作品
上村松園《焰》、鏑木清方《妖魚》、甲斐庄楠音《横櫛》など、強烈な印象
近代化にともなって表面化してきた、心の奥底に潜む欲望にも目を向けて
会場
東京国立近代美術館
会期
2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
開催中[あと32日]
0
豊臣秀吉とその時代の栄華を感じることができる“豊臣の美術”。秀吉の死後、豊国大明神として神格化されるところから紹介する新しい切り口。黄金の茶室や唐物瓢箪茶入、油滴天目茶碗など豪華絢爛!
会場
大阪市立美術館
会期
2021年4月3日(土)〜5月16日(日)
開催中[あと32日]
1
これまでほとんど公開されたことがなかったMIHO MUSEUM創立者・小山美秀子が収集品。バーナード・リーチや芹沢銈介、河井寛次郎ら、名だたる芸術の先駆者を紹介します。
会場
MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
会期
2021年3月13日(土)〜6月13日(日)
開催中[あと60日]
0
白鶴酒造の七代嘉納治兵衛(鶴翁)が設立した、知る人ぞ知るアートスポット。
中国と日本の古美術品や中東絨毯コレクションを紹介。新館とともに、建築も愉しめます。
会場
白鶴美術館
会期
2021年3月6日(土)〜6月6日(日)
開催中[あと53日]
0
江戸時代からつづく和紙専門店「はいばら」の色とりどりの千代紙がずらり
千代紙の用途は様々。手紙や封筒、ポチ袋だけでなく、額装して飾るもよし
河鍋暁斎や川端玉章、柴田是真らのデザイン。お気に入りを選んでみては?
会場
佐野美術館
会期
2021年2月20日(土)〜4月4日(日)
会期終了
1
接点が無さそうな「美」と「電線」のコラボ、電線を描いた絵画がずらり
日本最古の電線絵画から“ミスター電線風景”朝井閑右衛門、山口晃など
「富士山の脇に電柱」が流行の画題に、近代化の象徴としての電線・電柱
会場
練馬区立美術館
会期
2021年2月28日(日)〜4月18日(日)
もうすぐ終了[あと4日]
1
狩野正信から連なる狩野派と土佐光信が中興の祖の土佐派、二大画派の諸相
約400年間、日本画壇の頂点に君臨した狩野派。正信、元信、永徳らの活躍
当主の戦死で没落するも光起で再興した土佐派は、やまと絵の様式を確立
会場
根津美術館
会期
2021年2月25日(木)〜3月31日(水)
会期終了
1
玉堂と交流のあった山種美術館の創立者・山﨑種二が収蔵した名品の数々
叙情豊かな作品にはモティーフとして度々描かれた渡し舟や猿や兎ら動物も
横山大観、川端龍子、竹内栖鳳ら交流のあった同時代の画家も合わせて紹介
会場
山種美術館
会期
2021年2月6日(土)〜4月4日(日)
会期終了
0
キュビスムや抽象表現主義の女性画家たち、ジョゼフ・コーネルなど新収蔵品を一挙紹介。
アーティゾン美術館の所信表明のような展覧会です。
会場
アーティゾン美術館 6F・5F・4F 展示室
会期
2021年2月13日(土)〜9月5日(日)
開催中[あと144日]
3
大正~昭和初期にかけて書籍の装幀、挿絵、舞台美術など多彩な分野で活躍
モダンなデザインと繊細な表現で「昭和の春信」。挿絵が評判で発行部数増
展覧会は山下裕二先生が監修。雪岱に私淑した作品とのコラボもユニーク
会場
三井記念美術館
会期
2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
もうすぐ終了[あと4日]
1
控えめな花型と香りを楽しめる「梅」をテーマにした展覧会。禅寺と梅の相性も良く、春を待つ京都のイメージにぴったり。
常設展示している伊藤若冲の鹿苑寺大書院障壁画もゆっくり鑑賞できます。
会場
相国寺承天閣美術館
会期
2021年1月31日(日)〜4月18日(日)
もうすぐ終了[あと4日]
4
画業の後半で新境地を切り開いた吉田博の木版画、その全容が一堂に
早くから海外でも高い評価、故ダイアナ元英国皇太子妃も魅了した作品世界
同じ版木で摺色を替えることで時刻や大気、光の変化を表現した「別摺」も
会場
東京都美術館 企画展示室
会期
2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
会期終了
0
生涯に一度も個展などで作品を発表していない孤高の画家、田中一村
天才的な幼少期、落選を繰り返した苦闘の時代から奄美大島へ、歩みを通覧
取り上げられた展覧会やメディアを振り返り、その意味を問うコーナーも
会場
千葉市美術館
会期
2021年1月5日(火)〜2月28日(日)
会期終了
0
今年の干支は「丑(ウシ)」。
ことわざの「牛に引かれて善光寺参り」をもじり、「ウシにひかれてトーハクまいり」は、ふとした出来事からのご縁への想いが込めて、干支にちなんだ吉祥作品が展示されています。
会場
東京国立博物館
会期
2021年1月2日(土)〜1月31日(日)
会期終了
5
東洋と西洋、国や民族など、文化の境界を越えて結びついた新しい美を展観
古伊万里、鍋島、琉球の紅型、和ガラス、浮世絵、ガレ。6つの美の物語
展示内容によって異なる色温度を設定。展示空間の細かな配慮にも注目
会場
サントリー美術館
会期
2020年12月16日(水)〜2021年2月28日(日)
会期終了

干支 コレクション アワード

展覧会ランキング
1
東京国立近代美術館 | 東京都
あやしい絵展
開催中[あと32日]
2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
2
山王美術館 | 大阪府
生誕180年 ルノワール展
開催中[あと108日]
2021年3月4日(木)〜7月31日(土)
3
サンシャイン水族館 | 東京都
ざんねんないきもの展2
開催中[あと46日]
2020年10月30日(金)〜2021年5月30日(日)
4
佐川美術館 | 滋賀県
大恐竜展 よみがえる世界の恐竜たち
開催中[あと60日]
2021年4月1日(木)〜6月13日(日)
5
三菱一号館美術館 | 東京都
テート美術館所蔵 コンスタブル展
開催中[あと46日]
2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
体験没入型ミュージアム@六本木 運営&ショップマネージャー募集 [六本木ミュージアム]
東京都
【山梨県立科学館】GW期間 アルバイト募集! [山梨県立科学館]
山梨県
古田織部美術館 学芸員募集中 [古田織部美術館]
京都府
高岡市立博物館 契約職員(学芸補助)募集! []
富山県
国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
大阪府

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード