#日本美術・東洋美術: レポート一覧

全 67件
0
東京藝術大学コレクションの中から、"雅楽"をテーマにした作品を紹介
美術や芸能の上達の守護神《伎芸天》や色鮮やかな舞楽の装束や楽器
初披露の《舞楽屏風》や特別出品の《御飾時計》など修復作品も見どころ
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2021年7月22日(木)〜8月22日(日)
開催中[あと19日]
2
茶道具、屏風、超絶技巧で自然を美術にどう表現されているのか、9つのアプローチで紹介している展覧会。
本展覧会終了後にはリニューアルのための長期休館へ。休館前最後の機会です。
会場
三井記念美術館
会期
2021年7月10日(土)〜8月22日(日)
開催中[あと19日]
0
美術工芸品や近現代スポーツ資料で、日本のスポーツの歴史と文化を紹介
貴族の宮廷行事、武士の武芸、庶民の遊戯、神事や芸能などにルーツを見る
「スポーツ」が入ってきた明治以降、オリンピックで日本にスポーツが普及
会場
東京国立博物館 平成企画展示室
会期
2021年7月13日(火)〜9月20日(月・祝)
開催中[あと48日]
0
「あやしい絵」展が、大阪に巡回。大阪歴史博物館で開催中です。
「あやしさとは何か?」怪しい、妖しい、奇しい・・・「自分にとって、あやしいとは?」を考えながら、展覧会を楽しむことができます。
会場
大阪歴史博物館
会期
2021年7月3日(土)〜8月15日(日)
もうすぐ終了[あと12日]
0
「かわる かかわる ミュージアム」をコンセプトに滋賀県立美術館がリニューアルオープン。
高い天井と広々したロビーやファミリールーム。美術館と来館者の交流の場となることを目指したリビングルームのような美術館。
オープニング企画展は、「Soft Territory かかわりのあわい」、「ひらけ!温故知新」展。
会場
滋賀県立美術館
会期
2021年6月27日(日)〜8月22日(日)
開催中[あと19日]
1
メキシコの歴史・風土・人・芸術に衝撃を受けた8人のアーティストを紹介
アーティストたちが共振した<メヒコ>を、それぞれの感覚で表現した作品
会場の千葉県は江戸時代の救出劇で日本とメキシコの交流が始まった地です
会場
市原湖畔美術館
会期
2021年7月10日(土)〜9月26日(日)
開催中[あと54日]
0
豊かな個性と先進的な表現を行ってきた揚州八怪。「八怪」の「怪」は、「並外れて素晴らしい」というポジティブな意味。
躍動感あふれる、花卉・竹石・松柏を得意とした李鱓をはじめ、八怪の名品を補い、揚州八怪の全容に迫ります。
会場
大阪市立美術館
会期
2021年6月22日(火)〜8月15日(日)
もうすぐ終了[あと12日]
1
三菱一号館美術館、東洋文庫、三菱経済研究所、静嘉堂が協同した展覧会
日本の芸術文化の研究・発展のため、三菱創業の岩崎家四代が収集した逸品
《曜変天目(稲葉天目)》『古文尚書』など所蔵する国宝12点すべてが出展
会場
三菱一号館美術館
会期
2021年6月30日(水)〜9月12日(日)
開催中[あと40日]
1
真宗大谷派(東本願寺)御休息所に寄進された襖絵や掛軸を紹介する展覧会。
仏教への造詣が深い畠中光享ですが、インドやアジアへ訪問し画風に大きく影響も与えています。目にする機会が少ないと思われる襖絵を是非ご覧いただきたいと感じます。
会場
大谷大学博物館
会期
2021年6月8日(火)〜7月31日(土)
会期終了
1
由緒ある茶道具を列記した大正時代の名物記、刊行百年を記念した展覧会
150箇所以上も所蔵先を訪れて編纂した高橋箒庵、根津嘉一郎所蔵品も収録
厚い友情で結ばれていた箒庵と嘉一郎。人間味あふれるエピソードも魅力的
会場
根津美術館
会期
2021年5月29日(土)〜7月11日(日)
会期終了
0
多くのファンをもつ日本画の画家一家の上村家三代。
上村淳之は幼少の頃から生物の観察を好み、現在でもアトリエで鳥の飼育をしながら早朝の禽舎巡回を日課とするほどな鳥好きとのこと。
優しい眼差しと愛情を注がれていることが感じられます。
会場
松伯美術館
会期
2021年5月15日(土)〜7月25日(日)
会期終了
0
黒田清輝や岸田劉生、安井曾太郎をはじめ、明治、大正、昭和の日本洋画を蒐集ひろしま美術館の名品展。
日本の感性を守り、変化を遂げるパワフルさを感じる近代日本洋画は、閉塞しがちな今、力を与えてくれるように感じました。
会場
そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店 6階)
会期
2021年5月15日(土)〜7月4日(日)
会期終了
0
大正から昭和にかけて詩情あふれる風景版画で人気を博した「昭和の広重」
代表的な版画作品をはじめ、あまり紹介されなかった本や雑誌の仕事も紹介
展覧会は新型コロナのため約1年延期、ようやく開催される待望の大規模展
会場
平塚市美術館
会期
2021年4月24日(土)〜6月13日(日)
会期終了
1
江戸の人々の“ハレ”舞台を通して、明日への活力を感じさせる展覧会
武士の調度品や町人たちの年中行事、武家女性の華やかな一面を紹介
エピローグにはミネアポリス美術館から里帰りした“金”の具足も展示
会場
東京都江戸東京博物館
会期
2021年7月10日(土)〜9月20日(月)
開催中[あと48日]
2
有名・無名にとらわれず自らの審美眼でコレクションを築いたキャバレー王
良く知られる日本画の婦人像をはじめ洋画や戦争画など多彩な作品群を網羅
展覧会の監修は生前の福富と親しく交流した山下裕二氏、東京から全国巡回
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2021年4月24日(土)〜6月27日(日)
会期終了
1
年に一度のお楽しみの季節、今年は国宝《燕子花図屏風》を彩る三色に着目
紺紙金泥経、中世の仏教絵画、金碧(きんぺき)山水、金屏風、陶芸など
テーマ展示では滅多に公開されない染織品、庭のカキツバタも見ごろです
会場
根津美術館
会期
2021年4月17日(土)〜5月16日(日)
会期終了
0
休館が続いていた出光美術館が再スタート、茶の湯にまつわる美術品を展観
大名茶人として名高い松平不昧、茶道具を記録した『雲州蔵帳』の名宝も
携帯用の点前道具は愛らしい組み合わせ、新しい道具として板谷波山の名品
会場
出光美術館
会期
2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
会期終了
2
聖徳太子の遠忌1400年となる2021年。それを記念して、法隆寺の寺宝を中心に国宝36件、重要文化財75件を含む計174件が出陳。
27年ぶりの寺外公開の聖徳太子坐像を間近に見ることができます。
会場
奈良国立博物館
会期
2021年4月27日(火)〜6月20日(日)
会期終了
4
日本人の心を魅了した名だたる画家による花の絵画を紹介。
画家の個性が表れる、多彩でエネルギーに溢れた美しい花の数々をご覧下さい。
会場
山種美術館
会期
2021年4月10日(土)〜6月27日(日)
会期終了
4
約9万点を超える美術品を所蔵するミネアポリス館から数々の名品が里帰り
江戸絵画を中心に日本絵画史の主要ジャンルをほぼ網羅するラインナップ
時空を超えて集った人気絵師たちの華やかな競演、あなたの推し絵師は誰?
会場
サントリー美術館
会期
2021年4月14日(水)〜6月27日(日)
会期終了

展覧会ランキング
1
大手町三井ホール | 東京都
『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
開催中[あと37日]
2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
2
東京国立博物館 | 東京都
イスラーム王朝とムスリムの世界 
開催中[あと201日]
2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
3
PLAY! MUSEUM | 東京都
「ぐりとぐら しあわせの本」展
開催中[あと236日]
2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
4
大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館) | 大阪府
掌(てのひら)の建築展
開催中[あと26日]
2021年7月10日(土)〜8月29日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
サーリネンとフィンランドの美しい建築展
開催中[あと48日]
2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
おすすめレポート
学芸員募集
[延長]パナソニック汐留美術館 学芸員募集 [パナソニック汐留美術館]
東京都
長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
長崎県
たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
東京都
歴史学芸員(正規職員)募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [静岡市文化振興財団事務局及び静岡市役所歴史文化課 ※ただし、期中に(仮称)静岡市歴史文化施設への変更あり。 ※採用後の人事異動により配置先が変更される場合がある。]
静岡県
音楽専門員(正規職員)募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [静岡音楽館]
静岡県

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード