#日本美術・東洋美術: レポート一覧

全 210件
3
「生き物」をテーマに集めた皇室ゆかりの美術品。バラエティ豊かな作品群
伊藤若冲による国宝《動植綵絵》は前期に芦鵞図、後期は池辺群虫図が登場
皇室外交の流れで贈られた世界各国の品々も。金曜土曜は20時まで夜間開館
会場
皇居三の丸尚蔵館
会期
2024年7月9日(火)〜9月1日(日)
開催中[あと45日]
1
徳川美術館がコレクションする、尾張徳川家に受け継がれてきた重宝の数々
ゆかりの品々から分かる、尾張徳川家の歴史と華やかで格調の高い大名文化
国宝「源氏物語絵巻」、徳川家光の長女・千代姫の国宝「初音の調度」を公開
会場
サントリー美術館
会期
2024年7月3日(水)〜9月1日(日)
開催中[あと45日]
6
日本や東洋の古美術を親しみやすく見せる展覧会、今回は「五感」がテーマ
味を想像する、温度を感じる、音を聞く…。五感で体験する楽しい美術鑑賞
平安時代から伝来する香木「蘭奢待」など重要な美術品も。全点が撮影OK!
会場
三井記念美術館
会期
2024年7月2日(火)〜9月1日(日)
開催中[あと45日]
0
孔雀画のトップアーティスト・岡本秋暉。花鳥画約100点でその画業を通覧
江戸時代後期に活躍。小田原藩士として御殿の杉戸絵や二宮尊徳の肖像画も
作品は精緻かつ端麗ながら、猫背で出っ歯、酒好きという意外な一面も紹介
会場
千葉市美術館
会期
2024年6月28日(金)〜8月25日(日)
開催中[あと38日]
1
日本・東洋の古美術のなかから、作品名に数字が入ったものを集めた企画展
形をあらわす数字、技法をあらわす数字、組み合わせをあらわす数字、など
作品名の数字をかぞえうたのようにたどりながら気軽に楽しく鑑賞できます
会場
根津美術館
会期
2024年6月1日(土)〜7月15日(月)
会期終了
1
和歌を描いた「歌絵」と、物語を絵画化した「物語絵」の優品が一堂に集結
やまと絵の様式を継承した多様な作品は、精細な描写と豊かな色彩が魅力的
日本近代洋画の功労者・黒田清輝と住友春翠との交流を示す企画も同時開催
会場
泉屋博古館東京
会期
2024年6月1日(土)〜7月21日(日)
もうすぐ終了[あと3日]
4
西洋化が進んだ明治時代に流行ったバッスルスタイルの豪華ドレスがずらり
薩摩焼や七宝など、緻密な装飾を施した明治初期の陶磁器は、修復後初公開
一般公開は約95年ぶり。近年発見された松方コレクションの油彩画2点も展示
会場
明治神宮ミュージアム
会期
2024年4月6日(土)〜6月30日(日)
会期終了
5
「皇室のみやび」第4期展、桃山時代のシンボルといえる国宝がついに登場
《唐獅子図屏風》の右隻は、岩間を闊歩する堂々たる獅子を狩野永徳が描写
伊藤若冲の代表作といえる国宝《動植綵絵》も、第1期展とは別の4幅を展示
会場
皇居三の丸尚蔵館
会期
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
会期終了
3
帝劇ビル9階にオープンして58年、出光美術館で休館前最後の1年がスタート
幕開けの展覧会は、開館記念展の出品作品と展示構成を意識した構成で展開
古唐津、仙厓、中国陶磁、オリエント、青銅器の館蔵名品がずらりと一堂に
会場
出光美術館
会期
2024年4月23日(火)〜5月19日(日)
会期終了
7
鎌倉仏教の一大宗派、浄土宗の美術と歴史を鎌倉時代から江戸時代まで通覧
「南無阿弥陀仏」を声に出し極楽往生へ。支持を集めた「専修念仏」の教え
今年で開宗850年。メモリアルイヤーに浄土宗の各派が協力して至宝が集結
会場
東京国立博物館 平成館
会期
2024年4月16日(火)〜6月9日(日)
会期終了
2
平山郁夫シルクロード美術館が開館20周年、記念展覧会で数々の名品を紹介
肉体的にも精神的にも追い詰められていた平山。画業の起点が《仏教伝来》
夫妻で何度もシルクロードを訪問。常設展ではシルクロードの数々の至宝も
会場
平山郁夫シルクロード美術館
会期
2024年3月23日(土)〜9月9日(月)
開催中[あと53日]
2
日本美術を代表する画家・雪舟。なぜ、これほど高く評価されているか考察
雪舟を慕って画風を学んだ桃山時代の雲谷派や長谷川派、江戸時代の狩野派
「雪舟展」ではありませんが、雪舟作品も。全期間で国宝6件すべてを展示
会場
京都国立博物館
会期
2024年4月13日(土)〜5月26日(日)
会期終了
4
弘法大師・空海の生誕1250年を記念し、空海がもたらした密教の全貌を解明
空海も強調した「目で見て分かる」密教。マンダラ世界を体感する展示空間
空海自ら制作を指揮した現存最古の両界曼荼羅「高雄曼荼羅」がついに公開
会場
奈良国立博物館
会期
2024年4月13日(土)〜6月9日(日)
会期終了
3
毎年恒例企画。尾形光琳による国宝《燕子花図屏風》を根津美術館にて展示
近世の作品をとりあげ、デザインの観点から日本の美術を見つめなおす企画
鑑賞後は庭園を彩る燕子花も必見。例年、見頃の時期はゴールデンウイーク
会場
根津美術館
会期
2024年4月13日(土)〜5月12日(日)
会期終了
3
深い学識に裏付けられた豊かな画業。「最後の文人画家」没後100年記念展
「万巻の書を読み、万里の路を行く」。先人の教えを文字通り実践した巨人
生前から国内外で高く評価された代表作をはじめ、コレクションなども展示
会場
京都国立近代美術館
会期
2024年4月2日(火)〜5月26日(日)
会期終了
2
広大な敷地で約250年に渡って続いた幕府公認の遊廓・吉原を多面的に考察
モデルが泣いて抗議した高橋由一による重要文化財《花魁》は修復後初公開
通りの両側に引手茶屋が並んでいた吉原をイメージしたユニークな会場構成
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2024年3月26日(火)〜5月19日(日)
会期終了
2
「旧派」の日本画家とされた、池上秀畝の人生と代表作にスポットをあてる
ホテル雅叙園東京「百段階段」の「静水の間」豪華な格天井も手がけた秀畝
徹底した写生に基づいて描かれた作品群や、伝統に固執しない空気感の表現
会場
練馬区立美術館
会期
2024年3月16日(土)〜4月21日(日)
会期終了
3
筆跡を油彩画の様に立体的にみえる筆触に挑戦し、“技巧派”と称された櫻谷
住友家本邸を飾るために描かれた、木島櫻谷の「四季連作屏風」を全点公開
京都で生まれた円山四条派の代表的な画家たちによる、花鳥画表現もならぶ
会場
泉屋博古館東京
会期
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
会期終了
3
“皇室のみやび”をテーマに約8か月にわたり、皇居三の丸尚蔵館の品々を紹介
第3期では、近世までに御所や宮家に飾られた、書画や工芸、楽器などの品々
国宝・藤原定家《更級日記》や旧桂宮家伝来の伝狩野永徳《源氏物語図屏風》
会場
皇居三の丸尚蔵館
会期
2024年3月12日(火)〜5月12日(日)
会期終了
2
MOA美術館が誇る国宝《紅白梅図屏風》をはじめ、《色絵藤花文茶壺》《翰墨城》と、館蔵の国宝3件が同時に鑑賞できる嬉しい展覧会が開催中です。
会場
MOA美術館
会期
2024年2月2日(金)〜2月27日(火)
会期終了
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
国立科学博物館 事務補佐員(短時間勤務外部資金有期雇用職員) [独立行政法人国立科学博物館 上野本館]
東京都
岩手県教育委員会職員(岩手県立博物館学芸職員)の募集 [岩手県立博物館(盛岡市)]
岩手県
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと79日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと67日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと67日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
日本科学未来館 | 東京都
刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
開催中[あと88日]
2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
5
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと10日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)