読者
    レポート
    寺山修司記念館
    三沢市寺山修司記念館 | 青森県

    詩人、歌人、小説家、劇作家、演出家、劇団主催者、写真家、競馬評論家など様々な顔を持つ寺山修司。出身地の青森県三沢市に彼の記念館があります。

    今年、25周年記念特別企画「寺山修司のラジオドラマ」展が開催されました。今でもコアなファンがいるという寺山のラジオドラマを聴きに行ってきました。記念館の様子と共にご紹介します




    展示室入り口に寺山修司がいろんな質問に答えている動画があります。

    「自分を数えるときどんな単位が良いですか?」「行く道と帰り道どちらが好きですか?」「世界中の人が同じ名前を持つとしたら、なんという名前を付けますか?」秀逸すぎる質問にも、動揺せずにユーモアを交えて答えています。(特に名前に関する回答が印象的でした。。。なるほど、と思いました。)




    寺山修司にとって「机」は特別な言葉。自伝的映画『田園に死す』や歌集『テーブルの上の荒野』でも「机」から物語が始まっています。薄暗い展示室の中入ると、たくさんの「机」が目の前に広がります。その一つ一つの机の引き出しに、寺山の詩や短歌、俳句、演劇、スポーツなどの軌跡を見ることができます。




    引き出しの中。1967年演劇実験室「天井桟敷」『青森県のせむし男』を履歴書を使って紹介しています。家族構成欄の父に寺山修司、職名「作」、母に東由多加、横尾忠則、美術と面白い紹介の仕方だなと思いました。




    薄暗い「机」の展示室を進み、後ろを振り向くと、大きな「死」「私」の文字、「一年一組空気女」と名乗る女、釘が刺さった犬、不気味だけど何故か見たくなってしまう世界が広がっています。




    横尾忠則がデザインしたブックカバーの展示。




    寺山が監督した映画のポスター。『草迷宮』で主演した俳優の三上博史氏は、寺山を慕い今なお記念館にきて寺山の歌謡曲や朗読劇を公演しています。




    寺山は20代の時、谷川俊太郎の勧めでラジオドラマの脚本の仕事をしていました。企画展示室では、夜の薄暗い部屋の中でラジオ聞いていた当時の雰囲気を味わうことができます。

    『元フットボール選手の男が、自分が気が狂っている(ボールが日に日に膨らんでいるように見えたり)思いながら身の上を語る話と、男女が車を盗みデートをしている最中、車が故障し、トランクを見てみると中に死体があった話、同時進行で進む2つの話にジャズを加え、絶妙に絡み合っていく展開に寺山の才能を感じます。挿入歌の独特なリズムや野蛮な歌詞に不安を掻き立てられたり、異世界の空間に入り込んだような奇妙な感覚を味わうことができます。




    寺山が最も賞を獲得した分野はラジオドラマでした。国内だけでなく、国際的な放送賞でもグランプリを獲得しています。館内では、寺山自身が持っていたラジオドラマを多数聞くことができます。寺山が描きたかった世界が凝縮され、初めての方も、寺山を知る良い機会です。




    お土産売り場も充実していて、天井桟敷のポストカードを買ってしまいました(^^)




    [ 取材・撮影・文:convallaria majalis / 2022年8月21日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    三沢市寺山修司記念館
    会期
    2022年6月7日(火)〜2023年4月9日(日)
    開催中[あと183日]
    開館時間
    9:00〜17:00(16:30最終入館)
    休館日
    月曜日(祝日の場合翌日休館)8月1日〜21日は毎日開館、12月29日〜1月3日年末年始休館
    住所
    〒033-0022 青森県三沢市三沢淋代平116-2955
    電話 0176-59-3434
    公式サイト https://www.terayamaworld.com/museumnews/
    料金
    一般550円
    高大110円
    小中60円
    毎週土曜は中学生以下 無料
    展覧会詳細 寺山修司記念館 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)