IM
    レポート
    兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~
    上野の森美術館 | 東京都
    始皇帝陵墓付近で発見された等身大の像「兵馬俑」を中心に約200点を紹介
    兵馬俑約8000体のうち、11体しか見つかっていない「将軍俑」1体が初来日
    中国・陝西省文物局が全面協力。国宝級の一級文物など、約200点がずらり

    1974年、西安郊外の秦始皇帝陵墓付近で発見された、等身大の人間や馬の像「兵馬俑」。一体一体違う顔をしたおびただしい数の像は、大きな驚きをもって世界中に報じられました。

    現在に至る中国の礎を確立した、秦・漢両帝国の中心地域・関中(現在の陝西省)。中国の陝西省文物局が全面的に協力し、兵馬俑36点を含む約200点の貴重な文物で古代中国の謎に迫る展覧会が、上野の森美術館に巡回してきました。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」
    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」


    展覧会は時代順の3章構成ですが、東京展では1章→3章→2章と進みます。

    第1章は「統一前夜の秦~西戎から中華へ」。紀元前770年、周王朝は洛陽に遷都。権威が失われるなか、斉、楚、魏、燕、韓、趙、秦が割拠する、春秋戦国時代に入ります。

    小さな騎馬像は、秦王朝における兵馬俑の、最古の作例のひとつです。始皇帝の兵馬俑と比べると、とても小さく、写実性にも欠けています。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」会場より 《騎馬俑》戦国秦 咸陽市文物考古研究所(一級文物)
    《騎馬俑》戦国秦 咸陽市文物考古研究所(一級文物)


    ユニークな形の壺は、蟠螭紋(龍が絡み合う紋様)が施された、青銅の方壺。手が生えるかのように、鳥形の「耳」が飛び出しています。

    隴県邊家莊村で発見されたもので、この地では春秋時代の秦の墓地も見つかっていることから、墓の副葬品であったと考えられています。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」会場より (左から)《蟠螭紋青銅壺》春秋秦 隴県博物館 / 《窃曲環帯紋青銅甗》春秋秦 隴県博物館 / 《蟠螭紋青銅甗》戦国秦 宝鶏市鳳翔区博物館
    (左から)《蟠螭紋青銅壺》春秋秦 隴県博物館 / 《窃曲環帯紋青銅甗》春秋秦 隴県博物館 / 《蟠螭紋青銅甗》戦国秦 宝鶏市鳳翔区博物館


    順路としては、次に出てくるのが第3章「漢王朝の繁栄~劉邦から武帝まで」。秦王朝はわずか十数年で滅亡。紀元前202年、漢の劉邦が西楚の項羽を破り、再び中華を統一しました。漢は秦の旧都・咸陽の廃墟の上に長安城を立て、行政においても秦の制度を引き継ぎました。

    漢王国を打ち立てた皇帝・劉邦の家臣の墓の近くからは、約1,900体の兵馬俑が見つかっていますが、高さは50cmほど。始皇帝陵の等身大の武士俑に比べると、明らかに小さくなっています。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」会場より 《彩色歩兵俑》前漢 咸陽博物院
    《彩色歩兵俑》前漢 咸陽博物院


    金の馬は、前漢の武帝が、姉である陽信長公主に授けたとされる金メッキの像。モデルは「一日千里を走る」と謳われた西の大宛の名馬“汗血馬”です。

    像は、汗血馬への憧れをかたちにしたものですが、後に武帝は大宛へ使者を送り、本物の汗血馬を獲得しています。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」会場より 《鎏金青銅馬》前漢 茂陵博物館(一級文物)
    《鎏金青銅馬》前漢 茂陵博物館(一級文物)


    最後が第2章の「統一王朝の誕生~始皇帝の時代」。紀元前221年、秦の嬴政は史上初めて中国大陸を統一。新たに「皇帝」を名乗り、ここに“始皇帝”が誕生しました。

    目を引く大きな武器は、青銅製の「戟(げき)」。長い柄の横に突き出た「戈(か)」に、槍のような「矛(ぼう)」を付けた武器です。

    展示されている品には「三年相邦呂不韋造」と刻まれており、当時、絶大な権勢を振るった秦の政治家、呂不韋が、この武器の製造責任者であったことが分かります。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」会場より (中央)《青銅戟》秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)
    (中央)《青銅戟》秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)


    等身大の馬の俑は、長さ188cm、高さ165cmという堂々とした体躯。表情もいきいきとしています。頭部、頸部、腹部、臀部がそれぞれパーツごとにつくられ、接合されています。

    そもそも秦は、周王朝で馬を繁殖させるため土地を与えられたことから始まっており、秦と馬は切り離せない関係にあります。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」会場より 《戦車馬》統一秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)
    《戦車馬》統一秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)


    本展の目玉は順路の最後に登場、日本初公開の《戦服将軍俑》です。将軍俑は、戦車に乗り歩兵や騎兵の小部隊を統率した高位の武官の俑です。

    秦始皇帝陵に埋蔵されている約8,000体の兵馬俑群の中で、将軍俑は現在まで11体しか確認されていません。


    上野の森美術館「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」会場より 《戦服将軍俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)
    《戦服将軍俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)


    会場では、人気マンガ『キングダム』とのコラボ展示も。『キングダム』ファンの方もお楽しみいただけます。

    目玉の《戦服将軍俑》を含め、等身大の兵馬俑が並ぶ1階展示室は写真撮影も可能。展覧会は京都からスタートし、静岡、名古屋と巡回して東京が最終会場です。お見逃しなく。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年11月21日 ]

    《鳳鳥銜環青銅薫形器》戦国秦 宝鶏市鳳翔区博物館(一級文物)
    《金銀象嵌蟠璃紋青銅提梁壺》戦国秦 宝鶏市陳倉区博物館(一級文物)
    《着衣式武士俑》前漢 漢景帝陽陵博物院
    《画像石》後漢 綏徳県博物館(一級文物)
    《彩色陶羊尊》漢 楡林市公共文化服務中心
    《2号銅車馬》【複製品】統一秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)
    (左手前から)《青銅鍑》秦 綏徳県博物館 / 《穿鈕青銅椑》秦 綏徳県博物館 / 《双耳青銅鏨》秦 綏徳県博物館
    《跪射武士俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院(一級文物)
    会場
    上野の森美術館
    会期
    2022年11月22日(火)〜2023年2月5日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30〜18:00
    入館は閉館30分前まで
    休館日
    2022年12月31日(土)〜2023年1月1日(日)
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
    電話 03-3833-4191
    公式サイト https://heibayou2022-23.jp
    料金
    一般 2,100円
    高校・専門・大学生 1,300円
    小・中学生 900円
    展覧会詳細 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~ 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    静嘉堂文庫美術館 学芸員募集 [静嘉堂@丸の内(美術館)東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 / 静嘉堂(展示会準備など)東京都世田谷区岡本2-23-1]
    東京都
    やなせたかし記念館の学芸員を募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    菊池寛実記念 智美術館 学芸員募集 [菊池寛実記念 智美術館]
    東京都
    新潟県職員(学芸専門員)を募集します(考古・民俗) [新潟県立歴史博物館]
    新潟県
    ★楽しく わかりやすく 伝える仕事★ 大阪市下水道科学館 広報担当者 募集! [【大阪市下水道科学館】大阪市此花区高見1丁目2-53]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    上野の森美術館 | 東京都
    モネ 連作の情景
    開催中[あと56日]
    2023年10月20日(金)〜2024年1月28日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックから ドローネー、シャガールへ
    開催中[あと56日]
    2023年10月3日(火)〜2024年1月28日(日)
    3
    SOMPO美術館 | 東京都
    ゴッホと静物画―伝統から革新へ
    開催中[あと49日]
    2023年10月17日(火)〜2024年1月21日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」
    開催中[あと84日]
    2023年10月28日(土)〜2024年2月25日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    永遠の都ローマ展
    もうすぐ終了[あと7日]
    2023年9月16日(土)〜12月10日(日)