IM
    レポート
    YUMING MUSEUM
    東京シティビュー | 東京都
    1972年にデビューしたユーミン、50年の活動を振り返る過去最大の大規模展
    貴重な資料や映像、ステージ衣装、直筆のメモなど。ユーミンの魅力が全開
    無料でユーミン自身の解説+著名人メッセージ、スマホとイヤホン持参必須

    1972年にシングル「返事はいらない」でデビューした、ユーミンこと松任谷由実(デビュー時は荒井由実)。50年の活動で39枚のオリジナルアルバムを発表し、公演数は2,000回を突破。雑誌やラジオなどのメディアを通して伝えられる等身大の姿は、多くの人たちの共感を集めています。

    これまでほとんど公開されることのなかったユーミン自身のコレクションや、貴重な資料や映像、ステージ衣装、直筆のメモなどを展示する過去最大規模の展覧会が、東京シティビューで開催中です。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」 展覧会のキービジュアルは、ユーミンとも親交が深いアートディレクターの森本千絵(goen°)によるもの
    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」 展覧会のキービジュアルは、ユーミンとも親交が深いアートディレクターの森本千絵(goen°)によるもの


    会場に入ると、ピアノから舞い上がる楽曲をイメージした展示。ユーミンがこれまでにつくってきた曲の譜面やメモの複製がちりばめられています。

    東京をテーマにした楽曲も多いユーミン。海抜250メートルの高さから眺める、東京の絶景とともにお楽しみください。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「Welcome to YUMING MUSEUM」
    「Welcome to YUMING MUSEUM」

    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「Welcome to YUMING MUSEUM」
    「Welcome to YUMING MUSEUM」


    ユーミンのデビューアルバムは、1973年の「ひこうき雲」。バック・バンドには、後に夫となる松任谷正隆がキーボードで参加しています。

    会場を進むと、2020年にリリースされた最新のアルバム「深海の街」までの39枚と、子ども時代から「荒井由実」時代にかけての写真で、ユーミンの歩みを感じることができます。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「50 years」
    「50 years」


    東京・八王子で生まれ育ったユーミン。ピアノは幼少期から始めていましたが、学校は立教女学院高校から多摩美術大学に進学。日本画専攻でした。

    美大時代の絵や、10代の頃に米軍基地で買い集めていた洋楽のレコード、そして作曲に荒井由実時代から作曲に使っていたグランドピアノなどが並びます。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「はじまりの部屋」
    「はじまりの部屋」


    奥に進むと、ユーミンが手書きで書いた歌詞や譜面などがずらり。

    ファーストアルバム「ひこうき雲」につながる楽曲を構想していた高校時代のクロッキー帳など、貴重な資料は必見です。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「詩・曲」
    「詩・曲」


    デビューシングルこそヒットには至りませんでしたが、時代を掴んだ楽曲でたちまちスターダムに躍り出たユーミン。数々の雑誌で特集記事が組まれ、最先端を走り続けました。

    事務所に保管されていた膨大なスクラップの中から、印象深い記事が紹介されています。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「時代とカルチャー」
    「時代とカルチャー」


    展覧会のメインといえるのがこちら。コンサートの衣装29点やポスター、当時の貴重な映像が上映されています。

    2000回を超える公演で、ファンを魅了してきたユーミン。コンサートを追体験できる、特別な空間です。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「Concert」「Costumes」「THE MACHINE」「SHANGRILA」
    「Concert」「Costumes」「THE MACHINE」「SHANGRILA」

    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「Concert」「Costumes」「THE MACHINE」「SHANGRILA」
    「Concert」「Costumes」「THE MACHINE」「SHANGRILA」


    最新のオリジナルアルバムは「深海の街」。コロナ禍の最中に、ユーミンの自宅スタジオで制作されました。

    ここでは「深海の街」ツアーのセットの一部をそのまま展示。ユーミンも踏んだステージの床の実物が、そのまま敷かれています。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「2020→」
    「2020→」


    今年の10月には、シンガーソングライターとして初めて文化功労者に選ばれたユーミン。長い活動にも関わらず、いまでも変わらずに創作を続けています。

    最後のコーナーでは、ユーミンの机のまわりにあって、インスピレーションを刺激する品々などが紹介されています。


    東京シティビュー「YUMING MUSEUM」会場より 「On going」
    「On going」


    会場の音声ガイドは、ユーミン自身による展示解説に加え、展望台側では各界の著名人がユーミンに宛てたメッセージとリクエスト曲を楽しむ事ができます。

    ご自身のスマートフォンで無料でお楽しみいただけますので、スマホとイヤホンは必須。最大70分ほどありますので、時間には余裕を持ってお越しください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年12月7日 ]

    会場
    東京シティビュー
    会期
    2022年12月8日(木)〜2023年2月26日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~22:00(最終入館21:00)
    休館日
    会期中無休
    住所
    〒106-5552 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 03-6406-6652(東京シティビュー)
    公式サイト https://yumingmuseum.jp/
    料金
    通常券
    一般 2,500円
    高校・大学生 1,700円
    4歳~中学生 1,200円
    シニア(65歳以上)2,200円
    展覧会詳細 YUMING MUSEUM 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【東京国立博物館】列品管理課貸与特別観覧室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    【東京国立博物館内】国立文化財機構総務課企画課(共済担当) 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと134日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと23日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと16日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと16日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)