読者
    レポート
    横尾龍彦 瞑想の彼方
    神奈川県立近代美術館 葉山 | 神奈川県

    真っ青な空に白い雲が一つ。その下に得体の知れない物体がうごめいている。西欧の祭壇画を模して3連画に仕立てた「VisionⅡ」。オランダの画家ヒエロニムス・ボスの幻想絵画を彷彿とさせるともいわれる横尾龍彦の絵だ。今、横尾の日本の美術館で初めての回顧展が神奈川県立近代美術館葉山で開かれている。



    美術館外観



    《VisionⅡ》 1981年


    横尾龍彦は1928年、福岡県福岡市生まれ。戦後間もなくの苦しい生活の中、東京美術学校で日本画を学んだ。この頃キリスト教に出会い、1965年に渡欧、以後ヨーロッパで個展を多数開催した。その後日本とヨーロッパを何回か行き来し、東西文化の影響を受け独自の画風を開いた。今回の展覧会は横尾の1960年から亡くなる直前の2014年までの作品およそ90点を5章の章立てで紹介、その全貌に迫っている。

    中でも初めてヨーロッパへ渡った直後の1965年から70年代に残した聖書や神話に根差した作品は、人物の顔や姿、野獣などが異様な光景として薄暗い背景をバックに緻密に描かれたシュールリアリズム的な絵画だ。「地獄絵の画家」などとも評されたともいわれ、日本人離れした画風に多くの人が驚かされたという。



    《エゼキエルの幻視》 1966年



    《香煙》 1960年代後半



    《幽谷》 1971年代 北九州市立美術館



    《愚者の旅》 1975年 北九州市立美術館


    1976年、日本に戻った横尾は神奈川県逗子市にアトリエを構え4年間を過ごす。この時期に始まった「青の時代」シリーズの代表作が、冒頭に紹介した3連祭壇画「VisionⅡ」である。それまでの異形の姿で描かれていた人物などは消え、明るい青空と混とんとした地上の対比を印象的に描いている。

    実はこの時、横尾に大きな影響を与えたのが禅の思想だったという。1985年に再び渡欧しドイツを拠点に活動する横尾の画風は現代美術の影響も受け大きく変化。書をおもわせる筆の使い方や色数の少ない絵の具で独自の抽象絵画を多く描く。たっぷりとした絵の具を使い一気に円を描いた「円相図」や「華」などは禅の悟りの境地を描いたともいわれる代表的な作品だ。



    《円相》 1992年



    《華》 1995年


    1990年代末「自分が描くのではない。水が描く、風が描く、土が描く」と自ら語っていたというが、偶然性を取り入れた描き方がより強調されていく。今回の展覧会では2001年ベルリンの街角で撮影された公開制作の様子がビデオで紹介されている。

    制作に入る前、瞑想し無心になり自らの内に創造性を蓄えてから筆を動かしたという横尾の姿。こうして描かれた絵画からは、それまで大きな影響を与えていたというキリスト教や禅の思想はもはや感じることができない。代表作の一つ一辺が2メートルを超えるような大きな絵画「風」。眺めていると何か大きな物に包まれ、瞑想の世界に誘われているかのようだ。



    《風》 2001年 北九州市立美術館


    「青の時代」に描かれた祭壇画風の作品「VisionⅡ」。この作品に並んで「黙示録」と題された2点が展示されている。澄んだ青空の下、黒い塊の中に人間の顔や手足がかろうじて見いだされる。横尾は晩年この絵について「透明な明るい空と地上の殺戮の記憶(戦争の悲惨)」と語っている。若い頃、戦争の時代を生き、ヨーロッパと日本を行き来して様々な思想と出会い創作活動をした横尾龍彦。

    パンデミックと戦争、そして大災害・・・この不安な時代にこそ向き合ってみたい絵ではないかとも思った。



    《黙示録より》 1976年



    《黙示録 ゴグとマゴグ》 1977年 北九州市立美術館



    展示風景

    ※北九州市立美術館と記したもの以外はすべて個人蔵

    [ 取材・撮影・文:小平信行 / 2023年2月13日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    神奈川県立近代美術館 葉山
    会期
    2023年2月4日(土)〜4月9日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
    休館日
    月曜
    住所
    〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
    電話 046-875-2800
    公式サイト http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
    料金
    一般1,200円
    20歳未満・学生1,050円
    65歳以上600円
    高校生100円
    *中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。
    展覧会詳細 横尾龍彦 瞑想の彼方 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    高知県立坂本龍馬記念館 学芸員募集中! [高知県立坂本龍馬記念館]
    高知県
    展覧会ランキング
    1
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと29日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと57日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと64日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと57日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「中尊寺金色堂」
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年1月23日(火)〜4月14日(日)