読者
    レポート
    レトロ・モダン・おしゃれ 杉浦非水の世界
    ヤマザキマザック美術館 | 愛知県

    ヤマザキマザック美術館にて、「レトロ・モダン・おしゃれ 杉浦非水の世界」展が開催されています。期間は2024年2月25日まで。

    本展は、彼が手掛けた約240点の作品を通して、グラフィックデザイナーの先駆者である、杉浦非水の魅力に迫る展覧会です。



    ヤマザキマザック美術館 会場入口


    杉浦非水を知っていますか。現在の多摩美術大学の初代校長としても知られ、明治後期から昭和初期にかけて「図案家」として活躍したデザイナーです。ポスター、雑誌、パッケージ、装丁など多岐にわたるデザインを手掛けました。



    「レトロ・モダン・おしゃれ 杉浦非水の世界」 会場風景


    東京美術学校(現東京藝術大学)で日本画を学んだ非水。師・黒田清輝がパリ万国博覧会から持ち帰ったアール・ヌーヴォーの資料に刺激を受け、「図案家」としての第一歩を踏み出します。留学での経験、西洋の様式など、様々に受けた影響を作風に落とし込みながら、デザイナーとしての地位を確立していきます。

    有名企業からの信頼も厚く、「ヤマサ醤油」や「カルピス」をはじめ、数多くの広告デザインを担当しました。図形的でデフォルメされた要素から、モダンな印象を受けます。 ダイナミックで目を引く構図、懐かしさを感じさせるあたたかい色使いが、見る人の視線を惹きつけます。



    《品質日本一 ヤマサ醤油》


    数多くの企業の広告デザインを手掛けた中でも、深い関わりがあったのは、三越呉服店です。ポスターや、『みつこしタイムス』『三越』などの広報誌の表紙など、専属の図案化として、27年にわたってデザインを手掛けます。

    「非水の三越か、三越の非水か」と囁かれるほど、そのブランドイメージに貢献しました。洗練されたデザインの中に、巧みに取り入れられた季節感が目を楽しませてくれます。



    「レトロ・モダン・おしゃれ 杉浦非水の世界」 会場風景


    中でも、印象に残ったのは、蝶々柄にオレンジ地の着物が鮮やかなこちらの作品です。 椅子に腰掛ける女性が身に着ける着物、背後の椅子やテーブルなど、ふんだんにアール・ヌーヴォー風の動植物の模様が散りばめられています。約100年前に作られたレトロ感漂う作品でありながら、現代においても古さを感じさせない魅力があります。



    《三越呉服店 春の新柄陳列会 みつこしタイムス》


    こちらは、三越銀座店の開店を宣伝するポスターです。入り口からは行列の人々で賑わう店内の様子が、店外には車の往来が見て取れます。手前には、最先端のファッションに身を包んだ、モダンガールな装いの女性と子供、和服を着た女性が立っています。和洋折衷な社会の様子が伝わってきます。当時の人々の羨望の的だったことでしょう。



    《銀座三越 四月十日開店》


    作品だけでなく、非水が活躍した時代と同時期のファッションや、家具も展示されており、非水の生きた時代を感じることができます。

    アール・ヌーヴォー時代に流行したS字ラインのドレスです(画像左)。作品内のドレスと、展示されたドレスを比較して、当時のおしゃれを楽しむことができます。



    《銀座三越 四月十日開店》


    デザインの基礎として、写生を大切にしていた非水。そんな彼が自然界に咲く花を題材とし、原画担当した木版画集です。優れたデザインの根底には、写生で培われたデッサン力と観察力がありました。非水は、花は勿論、鳥も愛し、自宅ではモモイロインコを飼っていたそうです。繊細で柔らかい印象の作品からは、自然に目を向ける心の温かさが伝わってきます。



    《非水百科譜》


    この『非水百科譜』と絡めて、ヤマザキマザック美術館所蔵品である、エミール・ガレなどのアール・ヌーヴォー時代に作られた工芸品が併せて展示されています。

    非水の描く精密で美しい花の姿を、花があしらわれたガラス作品と共に作品を堪能できるのは、ヤマザキマザック美術館ならでは。



    会場風景


    当時の時代を感じる資料とともに、多才な杉浦非水の世界に浸れる展示でした。 展覧会期間中に、前期・後期で作品が入れ替わるそうです。ぜひ、杉浦非水のレトロでモダン、そしておしゃれな世界を楽しんでみてください。

    [ 取材・撮影・文:Kaho / 2023年11月8日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    ヤマザキマザック美術館
    会期
    2023年10月27日(金)〜2024年2月25日(日)
    会期終了
    開館時間
    平日 10時から17時30分(最終入館17時)
    土日祝 10時から17時(最終入館16時30分)
    休館日
    月曜日※1月8日、2月12日は開館、年末年始(12月29日~1月4日)、1月9日(火)、2月13日(火)
    住所
    〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵一丁目19番30号
    電話 052-937-3737
    料金
    一般:1,300円(10名様以上1,100円)
    小・中・高生:500円
    小学生未満:無料
    *各種障害者手帳(ミライロID可)をご提示の方とその同伴者1名は1,100円
    *音声ガイド無料サービス
    展覧会詳細 レトロ・モダン・おしゃれ 杉浦非水の世界 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
    長野県
    石川県教育委員会事務局職員(近世史料編さん専門職員)募集(R7.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所など]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと75日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと63日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと63日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと102日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)