読者
    レポート
    小林正和とその時代―ファイバーアート、その向こうへ
    京都国立近代美術館 | 京都府

    展示風景
    展示風景


    2023年度は京都国立近代美術館60周年記念として「Re:スタートライン 1963-1970/2023」、「走泥社再考 前衛陶芸がうまれた時代」、「京都画壇の青春―栖鳳、松園につづく新世代たち」と、京都国立近代美術館ならではの展覧会が開催されてきました。そして締めくくりとなるのが「小林正和とその時代―ファイバーアート、その向こうへ」です。

    2024年に生誕80年、没後20年となる回顧展では小林の代表作や関連資料、親交のあった17名の作家作品に加え約100点が紹介され、初期から晩年まで小林正和の足跡をたどることができます。


    展示風景
    展示風景


    《KAZAOTO-87》(一部)1987年
    《KAZAOTO-87》(一部)1987年


    1960年代以降、アメリカやヨーロッパにおいて従来のテキスタイルの概念を越えるような作品が多く発表されました。金属や鉱物などの素材の取り込み、平面から立体、空間へと展開、用途を前提としていない作品群はファイバーアートと呼ばれ、そしてスイスのローザンヌで1962年から開催された国際タペストリー・ビエンナーレによって世界へと広がっていったのでした。


    展示風景 小林と同時期に活躍した作家作品とともに
    展示風景 小林と同時期に活躍した作家作品とともに


    小林正和は京都市立美術大学で漆工を学んでいましたが、色彩表現をやりたいと川島織物で考案(デザイン)部に就職します。帯やインテリアのデザインをしていましたが、糸に面白味を感じ、独自で織りの勉強を始めます。

    第6回国際タペストリー・ビエンナーレへの入選を皮切りに、国際テキスタイル・トリエンナーレ(ウッヂ、ポーランド)や国際テキスタイルコンペティション(京都)などの活躍を通して国際的に高く評価されるようになったのでした。


    《吹けよ風》1972年
    《吹けよ風》1972年


    展示会場には小林の名世界に広く知られるきっかけとなった《吹けよ風》が展示されています。風が吹き波のたつ様子が感じられます。たゆみの部分が2重になっているのですが、それ以上の深い奥行を思わせます。


    《W³》1976年
    《W³》1976年


    2019年同館で開催された「京都の染織 1960年代から今日まで」展ではじめてみた《W³》。その時受けた印象が今も残っていたほど。改めて目の前にしても美しさに溜息がでます。たゆんだ部分は風、波、時間……「流れ」を感じますが、糸という自在でもありながらコントロールするのが難しい素材をまとめあげている技術が「強さ」となって加算されています。


    作品のためのドローイングなど
    作品のためのドローイングなど


    《Spirit of the Tree(一本の気)》1987年
    《Spirit of the Tree(一本の気)》1987年


    《Spirit of the Tree(一本の気)》は、丸太の左右に切れ込みをいれ、1本の絹糸を張りつけた作品です。切れ込みを細い木が弓のように反っています。近づくと糸が切れてしまいそう、そう思うぐらいに緊張感が漂い、体に響くような鑑賞感覚です。


    展示風景
    展示風景


    小林の魅力は作品だけでなく、マルチタレントで自由な活動をしていたこともあげられます。大学での勤務のほか、京都に「ギャラリーギャラリー」を1981年に開設します。壁も天井も真っ白に塗られ、自然光のみの照明。画廊主も常駐せず、ガラス越しに作品をみることができる、小林にとっても実験的な場所をつくったのでした。(1988年川嶋啓子さんに引き継がれ2022年閉廊)ギャラリーのDMや展示風景なども紹介されています。


    《MIZUOTO-99(水音-99)》1999年頃
    《MIZUOTO-99(水音-99)》1999年頃


    小林尚美《WORK 98 #106》1999年
    小林尚美《WORK 98 #106》1999年


    現代アートでもファイバーを素材としたものはありますが、それらは表現の手段として糸などを使用した作品です。一方、小林正和、ファイバーアート作家は素材、技法をもとに表現する、作品へのアプローチが全く異なります。その違いも本展を鑑賞する際のポイントかと思います。2000年以降、ファイバーアートの展覧会は激減しているそうです。ファイバーアートとはどのようなものなのか、じっくりと向き合ってみてはいかがでしょうか。


    島田清徳《遠との共鳴 記憶の波音-k-2024》2023年
    島田清徳《遠との共鳴 記憶の波音-k-2024》2023年


    [ 取材・撮影・文:カワタユカリ / 2024年1月5日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    京都国立近代美術館
    会期
    2024年1月6日(土)〜3月10日(日)
    もうすぐ終了[あと11日]
    開館時間
    午前10時~午後6時
    金曜日は午後8時まで開館
    *入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日(ただし、2月12日(月・祝)は開館)、2月13日(火)
    住所
    〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
    電話 075-761-4111
    公式サイト https://www.momak.go.jp/
    料金
    一般:1,200円(1,000円)
    大学生:500円(400円)
    ※()内は20名以上の団体および夜間割引(金曜午後6時以降)
    ※高校生以下・18歳未満は無料*。
    ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料*。
    ※母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料*。
    *入館の際に証明できるものをご提示ください。
    ※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
    展覧会詳細 小林正和とその時代―ファイバーアート、その向こうへ 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    佐賀県立宇宙科学館 科学コミュニケーター募集! [佐賀県立宇宙科学館]
    佐賀県
    岩国市科学センター任期付職員(学芸員)募集 [岩国市科学センター]
    山口県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと39日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと39日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)