IM
    レポート
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    SOMPO美術館 | 東京都
    ノルウェー、スウェーデン、フィンランド。北欧3カ国に着目した初展覧会
    北欧の特徴的な自然のほか、古来から伝わる神話や民間伝承も絵画の題材に
    3カ国の国立美術館が展覧会に全面協力。北欧の知られざる魅力が明らかに

    ノルウェー、スウェーデン、フィンランド。これらの北欧3カ国は、ヨーロッパ大陸と地続きでありながらも、北方の気候風土のもとで独特の文化を育み、美術においてもさまざまな特徴があらわれています。

    北欧3カ国の絵画にフォーカスした日本で初めての本格的な展覧会が、SOMPO美術館で開催中です。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場入口
    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場入口


    展覧会は序章「神秘の源泉 北欧美術の形成」から。それまで北欧の画家たちは大陸諸国の芸術動向に追従していましたが、19世紀に入るとナショナリズムの高まりを受け、北欧の自然や神話、民間伝承などがテーマに組み込まれていきました。

    霧のように妖精が舞う《踊る妖精たち》は、スウェーデンのアウグスト・マルムストゥルムの代表作です。スウェーデン国王が購入し、ストックホルムで開かれた美術・産業展覧会にも出品されました。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より アウグスト・マルムストゥルム《踊る妖精たち》1866年 スウェーデン国立美術館
    アウグスト・マルムストゥルム《踊る妖精たち》1866年 スウェーデン国立美術館


    フィンランドの文化に詳しい人は『カレワラ』のことをご存じかもしれません。フィンランドの医師、エリアス・ロンルートが自ら採集した民間伝承を編集した叙事詩です。1835年に初版が刊行され、多くの芸術家が『カレワラ』から着想を得た作品を残しています。

    その『カレワラ』に登場する大気の乙女が、イルマタル。原初の海に降りたイルマタルが波風と交わったことで、世界の創造がはじまったとされています。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より (右手前)ロベルト・ヴィルヘルム・エークマン《イルマタル》1860年 フィンランド国立アテネウム美術館
    (右手前)ロベルト・ヴィルヘルム・エークマン《イルマタル》1860年 フィンランド国立アテネウム美術館


    1章は「自然の力」。工業化と都市化に反発するように19世紀末にヨーロッパで象徴主義が台頭すると、北欧の芸術家たちも同調。自然を題材にした作品を生み出していきます。

    スウェーデンのブルーノ・リリエフォッシュは王立美術アカデミーで学び、イタリアやパリでも研鑽。鋭い観察眼で自然環境と野生動物を捉えた作品で知られます。

    《密猟者》は、キツツキの鳴き声に耳を澄ます猟師を描いた作品です。リリエフォッシュは、当時浸透していた写真も、制作の補助に使っています。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より (左から)ハルフダン・エゲーディウス《夏、テーレマルクのボー》1896年 ノルウェー国立美術館 / ブルーノ・リリエフォッシュ《密猟者》1894年 スウェーデン国立美術館 / ブルーノ・リリエフォッシュ《ワシミミズク》1905年 スウェーデン国立美術館
    (左から)ハルフダン・エゲーディウス《夏、テーレマルクのボー》1896年 ノルウェー国立美術館 / ブルーノ・リリエフォッシュ《密猟者》1894年 スウェーデン国立美術館 / ブルーノ・リリエフォッシュ《ワシミミズク》1905年 スウェーデン国立美術館


    フィンランドは「千の湖の国」と呼ばれるように、国の歴史や民俗伝承に水が深く関わっています。

    ペッカ・ハロネンは21歳で美術の道へ。パリやフィレンツェで学び、後年は主に自国の自然をモチーフに、柔らかな光に包まれた風景画を数多く制作しました。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より ペッカ・ハロネン《河岸》1897年 フィンランド国立アテネウム美術館
    ペッカ・ハロネン《河岸》1897年 フィンランド国立アテネウム美術館


    北欧3カ国の中で最も知名度が高いのは、やはりノルウェーのエドヴァルド・ムンクでしょう。本展には2点のムンク作品が出展されています。

    医師の息子に生まれたムンクは、王立美術デザイン学校で学び、パリではファン=ゴッホやロートレックらの作品から刺激を受けました。

    《フィヨルドの夜》は、屋外で主題を前にして制作することが多かったムンクの代表的な作例です。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より エドヴァルド・ムンク《フィヨルドの夜》1915年 ノルウェー美術館
    エドヴァルド・ムンク《フィヨルドの夜》1915年 ノルウェー美術館


    2章は「魔力の宿る森 北欧美術における英雄と妖精」。19世紀末になると、北欧の芸術家たちは自らの文化遺産を作品に取り入れていきます。特に森はイマジネーションをかき立てる場所で、神話やおとぎ話の舞台として描かれてきました。

    1841年にノルウェーの動物学者ペーテル・クリステン・アスビョーンセンは『ノルウェー民話集』を刊行。少年アスケラッドや山に住むトロルがたびたび登場し、テオドール・キッテルセンほか、多くの芸術家の着想源になりました。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より (左から)テオドール・キッテルセン《アスケラッドと黄金の鳥》1900年 ノルウェー国立美術館 / テオドール・キッテルセン《トロルのシラミ取りをする姫》1900年 ノルウェー国立美術館
    (左から)テオドール・キッテルセン《アスケラッドと黄金の鳥》1900年 ノルウェー国立美術館 / テオドール・キッテルセン《トロルのシラミ取りをする姫》1900年 ノルウェー国立美術館


    ノルウェーのガーラル・ムンテは装飾美術で知られ、同国では第一人者とされています。神話や民話を題材に水彩画を描き、そのデザインをタピストリーに応用することもありました。

    展示されている連作は、美術コレクターから依頼を受けて10点の絵画として描いたもの。10点すべてをつなげると、帯状の壁画のようになります。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より (上段左から)ガーラル・ムンテ《山の門の前に立つオースムン》1902-1904年 ノルウェー国立美術館 / ガーラル・ムンテ《一の間》1902-1904年 ノルウェー国立美術館 / (下段左から)ガーラル・ムンテ《五の間》1902-1904年 ノルウェー国立美術館 / ガーラル・ムンテ《帰還するオースムンと姫》1902-1904年 ノルウェー国立美術館
    (上段左から)ガーラル・ムンテ《山の門の前に立つオースムン》1902-1904年 ノルウェー国立美術館 / ガーラル・ムンテ《一の間》1902-1904年 ノルウェー国立美術館 / (下段左から)ガーラル・ムンテ《五の間》1902-1904年 ノルウェー国立美術館 / ガーラル・ムンテ《帰還するオースムンと姫》1902-1904年 ノルウェー国立美術館


    3章は「都市 現実世界を描く」。19世紀の北欧で都市開発が進むと、レアリスムや印象主義の流れは、北欧美術にも影響を与えました。これらの美術動向に感化された画家たちにとって、都市の人々や風景は格好の絵画主題になりました。

    エウシェン王子は、スウェーデン王オスカル2世の末子。21歳で画家になる決意を固め、パリに遊学。スウェーデン中部の田舎を題材にロマン主義的な風景画を制作したほか、同時代の芸術家を経済的にも支援しました。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より (左から)エウシェン王子《工場、ヴァルデマッシュウッデからサルトシュークヴァーン製粉工場の眺め》スウェーデン国立美術館 / エウシェン王子《初冬の朝》1906あるいは1907年 スウェーデン国立美術館
    (左から)エウシェン王子《工場、ヴァルデマッシュウッデからサルトシュークヴァーン製粉工場の眺め》スウェーデン国立美術館 / エウシェン王子《初冬の朝》1906あるいは1907年 スウェーデン国立美術館


    アウグスト・ストリンドバリは、本職は小説家、劇作家です。当時のスウェーデン文学界では中心的な存在で、正式な美術教育は受けていませんが、独自のスタイルの見事な作品を残しています。

    ストリンドバリは海の風景を好んで描き、《街》もそのひとつ。雲で覆われた空と、漆黒の海の間に、遠方に街並みが描かれています。抽象画のような表現と、縦画面での構成力が光ります。


    SOMPO美術館「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」会場より アウグスト・ストリンドバリ《街》1903年 スウェーデン国立美術館
    アウグスト・ストリンドバリ《街》1903年 スウェーデン国立美術館


    展覧会にはノルウェー国立美術館、スウェーデン国立美術館、フィンランド国立アテネウム美術館が全面的に協力。各館の貴重なコレクションから選ばれた約70点の作品は、日本ではほとんど知られていない作家も多いので、新鮮な発見がありそうです。一部の作品は撮影も可能です。

    展覧会はSOMPO美術館から始まる全国巡回展。東京展の後の会場と会期は、こちらをご覧ください

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2024年3月22日 ]

    (右手前)マルクス・ラーション《滝のある岩場の景観》1859年 スウェーデン国立美術館
    ヨーハン・フレドリク・エッケシュバルグ《雪原》1851年 ノルウェー国立美術館
    (左から)ハルマン・ノッルマン《雲の影》1899-1902年 スウェーデン国立美術館 / ニルス・クレーゲル《ヴァールバリのホステン丘II》1896年 スウェーデン国立美術館
    (左から)ニコライ・アストルプ《ジギタリス》1909年 ノルウェー国立美術館 / ニコライ・アストルプ《ユルステルの春の夜》1926年 ノルウェー国立美術館
    フーゴ・シンベリ《素晴らしい花》スウェーデン国立美術館
    ヨセフ・アラネン《レンミンカイネンと羊飼い》1919-1920年 フィンランド国立アテネウム美術館
    (左手前)エドヴァルド・ムンク《ベランダにて》1902年 ノルウェー美術館
    アクセリ・ガッレン=カッテラ《画家の母》1896年 スウェーデン国立美術館
    会場
    SOMPO美術館
    会期
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    開催中[あと16日]
    開館時間
    10:00 - 18:00(金曜日は20:00まで)
    (入館は閉館30分前まで)
    休館日
    10:00 - 18:00(金曜日は20:00まで) (入館は閉館30分前まで)
    住所
    〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.sompo-museum.org/
    料金
    一般 1,600円
    大学生 1,100円
    小中高校生 無料
    展覧会詳細 北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    東京都
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日) SOMPO美術館
    開催中[あと16日]
    展覧会の詳細はこちら
    長野県
    2024年7月13日(土)〜9月23日(月) 松本市美術館
    開催まであと50日
    展覧会の詳細はこちら
    滋賀県
    2024年10月5日(土)〜12月8日(日) 佐川美術館
    開催まであと134日
    展覧会の詳細はこちら
    静岡県
    2025年2月1日(土)〜3月26日(水) 静岡市美術館
    開催まであと253日
    展覧会の詳細はこちら
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【東京国立博物館】列品管理課貸与特別観覧室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    【東京国立博物館内】国立文化財機構総務課企画課(共済担当) 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと134日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと23日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと16日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと16日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)