IM
    レポート
    特別展「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    スター5人が夢の競演
    ‘江戸時代の美’といえば、誰もが浮世絵を挙げるでしょう。歌麿・写楽・北斎・広重・国芳という五人の人気浮世絵師をピックアップし、国内はもちろん、欧米の美術館、博物館、個人コレクションなどから「誰もが見たい」名品を集めた展覧会が、東京都江戸東京博物館で開催中です。
    第2章「東洲斎写楽」
    第1章「喜多川歌麿」
    第2章「東洲斎写楽」
    第3章「葛飾北斎」
    第3章「葛飾北斎」
    第4章「歌川広重」
    第4章「歌川広重」
    第5章「歌川国芳」
    第5章「歌川国芳」
    2014年にも開館20周年記念の特別展として「大浮世絵展」を開催した東京都江戸東京博物館。本展はその第二弾という位置付けの展覧会です。

    前回は時代順の構成でしたが、今回は絵師別。作品についても、歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎・広重は風景画、国芳は武者絵と戯画と、得意のジャンルに絞ったのが特徴で「誰もが知っており、そして誰もが見たい」浮世絵展になりました。

    では早速、第1章の喜多川歌麿(1753年頃~1806年)から。美人画といえば歌麿、という評価に異論を挟む人はいないでしょう。女性の理想美を追求し、1793年(寛政5)頃に手がけた大首絵の美人画は大人気になり、絵師として確固たる地位を築きました。

    第2章は東洲斎写楽(生没年不詳)。鮮烈な作品で、後の時代にも多大な影響を与えました。1794年(寛政6)5月に役者の大首絵でデビューするも、特徴を極端にデフォルメした描写は、当時としては前代未聞。活動期間は短く、作品数も多くありません。本展では代表的な大首絵を集めていますが、これだけのボリュームと良質なコンディションの写楽は、二度とお目にかかれません。



    第3章は葛飾北斎(1760年~1849年)。「世界で最も有名な日本アーティスト」としてはもちろん、「最も有名な日本人」まで枠を広げても名前が挙がる事があるほど、世界中で高い知名度を誇ります。本展では冨嶽三十六景シリーズをはじめ、錦絵の揃物を展示。「Great Wave」こと神奈川沖浪裏は、あまりにも有名です。

    第4章は歌川広重(1797年~1858年)。「東海道五拾三次」は遠近法を巧みに用いた大胆な構図で人気を博し、浮世絵史上最大のヒット作品になりました。後の時代でも‘広重’は風景画家の代名詞となり、小林清親は「明治の広重」、川瀬巴水は「昭和の広重」と称されています。今回は風景画のほか、花鳥画も紹介されています。

    最後の第5章は歌川国芳(1797年~1861年)。メジャーな浮世絵師としてしばしば挙げられる「六大浮世絵師」(春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重)に国芳は入っていませんが、近年は人気沸騰。3枚続きの大画面を巧みに扱う構成力も、国芳ならではといえます。武者絵で世に出た国芳ですが、ユーモラスな戯画も得意でした。

    それぞれの絵師のコーナーに、1~3枚の「みどころ」パネルも設置。初心者でも浮世絵のポイントが分かるよう、平易な文章で解説されています。

    国際浮世絵学会監修の元、ボストン美術館、メトロポリタン美術館、シカゴ美術館、ミネアポリス美術館、大英博物館、ギメ東洋美術館、ベルギー王立美術歴史博物館などなど、世界中の名だたる美術館から名作が里帰りした本展。まさに「ザ・浮世絵展」といえる構成です。展覧会はすでに会期の半ばを過ぎました。お見逃しないように。

    東京展の後は、福岡市美術館(2020年 1/28~3/22)、愛知県美術館(2020年 4/3~5/31)に巡回します。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年12月19日 ]

    浮世絵大事典浮世絵大事典

    国際浮世絵学会

    東京堂出版
    ¥ 19,799

     
    会場
    東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
    会期
    2019年11月19日(火)~2020年1月19日(日)
    開館時間
    9:30~17:30
    ※入館は閉館の30分前まで。
    毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合はその翌日)、年末年始(年始臨時開館あり)
    住所 東京都墨田区横網1-4-1
    電話 03-3626-9974(代表)
    公式サイト https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
    料金
    特別展専用券
    一般 1,400(1,120)円 / 大学・専門学校生 1,120(890)円 / 小・中学生・高校生・65歳以上 700(560)円

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※未就学児童。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)は無料
    ※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証、運転免許証など)のご提示をお願いいたします。
    ※シルバーデー(11月20日、12月18日、1月15日)は、65歳以上の方は特別展観覧料が無料(要証明)
    展示会詳細 特別展「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと12日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと63日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと131日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと158日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと90日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    飯能市職員採用試験(学芸員(民俗))のお知らせ [飯能市立博物館]
    埼玉県
    任期付き学芸員募集 [秋田県立美術館]
    秋田県
    兵庫県立美術館西宮分館会計年度任用職員(県政推進員) [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    子供向け体験型施設のマネージャー・ディレクター募集(株式会社 丹青社) [横浜市みなとみらい地区]
    神奈川県