IM
    レポート
    古典×現代2020 ― 時空を超える日本のアート
    国立新美術館 | 東京都
    江戸時代以前の絵画や仏像などと、現代の作品をペアで紹介する展覧会
    「仙厓×管木志雄」「刀剣×鴻池朋子」「円空×棚田康司」など8組
    国立新美術館で日本の古美術が展示されるのは初めて

    古典、現代ペアの8つの組み合わせで、日本美術の豊かさを紹介する展覧会。順路に沿ってご紹介しましょう。

    「仙厓×管木志雄」。仙厓義梵(1750-1837) は、美濃出身の画僧。その禅画は生前から人気でした。菅木志雄(1944-) は「もの派」を代表する存在のひとりです。インド哲学の〈空〉の思想に共鳴し、ものと人との在りようを問い直してきました。仙厓の《円相図》に応答して《支空》を再制作しました。



    「仙厓×管木志雄」


    「花鳥画×川内倫子」。花鳥画は、東洋の伝統的な画題のひとつ。江戸時代には、沈南蘋の影響を受けた絵師や、伊藤若冲らが活躍しました。川内倫子(1972- )は、世界を舞台に活躍している写真家です。〈AILA〉と〈Halo〉シリーズに見る作風からは、自然への興味と深い情感が感じられます。



    「花鳥画×川内倫子」


    「円空×棚田康司」。円空(1632-1695) も、美濃出身の僧。全国を巡り、約12万体といわれる膨大な数の仏像を彫りました。棚田康司(1968-) は現代を代表する木彫作家の一人です。円空と同様に日本古来の「一木造」で像を制作。展覧会の設営は、円空と対話しているようで楽しかった、と語っていました。



    「円空×棚田康司」


    「刀剣×鴻池朋子」。海外にもファンが多い日本刀。もとは武器ですが、権力の証、鑑賞の対象へと変化しました。鴻池朋子(1960-) は、アニメーション、絵画、彫刻、手芸など様々な手法を用いる美術家。動物の皮を縫い合わせた巨大な《皮緞帳》は、広い空間を活かしています。



    「刀剣×鴻池朋子」


    「仏像×田根剛」。国際的に注目を集める建築家の田根剛(1979-)が、天台宗の古刹・西明寺(滋賀県甲良町)に伝わる二体の仏像を展示する空間をつくりました。光で闇を消す日光菩薩と、慈しみの心で煩悩を滅する月光菩薩。田根は祈りにふさわしい場を、光で表現しています。



    「仏像×田根剛」


    「北斎×しりあがり寿」。ご存知、葛飾北斎(1760 -1849) は浮世絵界のスーパースター。印象派など西欧の画家にも大きな影響を与えました。漫画家のしりあがり寿(1958-) は、現代美術家としても活躍中。北斎へのオマージュとして〈ちょっと可笑しなほぼ三十六景〉を制作。映像作品も出展しています。



    「北斎×しりあがり寿」


    「乾山×皆川明」。尾形乾山(1663-1743) は絵師・尾形光琳の実弟。琳派の意匠を用い、数々の華やかな陶器を生み出しました。ブランド「ミナ ペルホネン」を率いる皆川明(1967-)。温かいデザインは、陶器を芸術に高めた乾山焼の世界を彷彿とさせます。



    「乾山×皆川明」


    最後が「蕭白×横尾忠則」。曾我蕭白(1730-81)は「奇想の系譜」の絵師。醜悪に思えるモチーフを、大胆な筆さばきで描きました。横尾忠則(1936-) は60年代からグラフィックデザイナーとして活躍し、1981年に「画家宣言」。先達の作品から引用や借用し、新たな表現に昇華させたことでも、両者は共通します。



    「蕭白×横尾忠則」


    展覧会の古典側を総監修した小林忠氏(國華主幹)が「図録を見れば概要がイメージできる展覧会が多い中、本展は会場で見なければ良さが分からない」と力説していたのも納得です。個性のぶつかり合いもあり、調和もありと、賑やかな会場をお楽しみ下さい。



    (左から)皆川明、田根剛、棚田康司、しりあがり寿、川内倫子の各氏


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月24日 ]

    ※当初予定会期:2020年3月11日(水)~6月1日(月)

    会場
    国立新美術館
    会期
    2020年6月24日(水)〜8月24日(月)
    会期終了
    開館時間
    <企画展>
    10:00~18:00
    ※当面の間、夜間開館は行いません。
    ※入場は閉館の30分前まで
    <公募展>
    10:00~18:00
    ※美術団体によって、異なる場合があります。
    ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週火曜日(5月5日は開館)、5月7日
    住所
    〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://kotengendai.exhibit.jp
    料金
    一般 1,700(1,500)円 / 大学生 1,100(900)円 / 高校生 700(500)円

    ※()内は20名以上の団体料金、若しくは前売り料金
    展覧会詳細 古典×現代2020 ― 時空を超える日本のアート 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    枚方市立生涯学習市民センターサポートスタッフ募集(学芸員) [南部生涯学習市民センターまたは文化生涯学習課]
    大阪府
    府中市郷土の森博物館プラネタリウムアルバイト募集 [府中市郷土の森博物館]
    東京都
    【学校法人武蔵野美術大学】嘱託職員募集(美術館業務) [武蔵野美術大学 美術館・図書館]
    東京都
    徳島県立あすたむらんど子ども科学館契約社員募集 [徳島県立あすたむらんど子ども科学館]
    徳島県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと81日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと9日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    バンクシーって誰?展 ― WHO IS BANKSY?
    開催中[あと49日]
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    4
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    コジコジ万博
    もうすぐ終了[あと4日]
    2022年4月23日(土)〜7月10日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード