IM
    レポート
    美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年
    東京国立近代美術館 | 東京都
    還暦の東近美、重文を一気に公開
    東近美(トウキンビ)こと東京国立近代美術館は、2012年12月1日に満60歳を迎えます。60周年記念のメインイベントは、1万2000点の所蔵作品から選りすぐりをピックアップ。重要文化財13点が一挙に公開されました。
    重要文化財 鏑木清方《三遊亭円朝像》(右)
    重要文化財 上村松園《母子》(左)
    重要文化財 横山大観《生々流転》(部分)
    重要文化財 岸田劉生《道路と土手と塀(切通之写生)》(左)
    藤田嗣治《五人の裸婦》(左)
    宮本三郎《山下、パーシバル両司令官会見図》(右)
    藤田嗣治《サイパン島同胞臣節を完うす》(左)
    「眺めのよい部屋」と命名された休憩コーナー。名前どおりです
    第2部は「実験場 1950s」

    特徴的なタイトルは、その名も「美術にぶるっ!」。美術を体感する。深く感動する。知的に考える。すべての出発点である衝撃を「ぶるっ!」という言葉で表しました。


    所蔵品ギャラリーが10年ぶりにリニューアル。4階にはハイライト・コーナーが誕生しました。



    4階のハイライト・コーナー


    3階には日本画のコーナーも新設。広々としています。



    3階の日本画コーナー


    展覧会では、東近美の特徴でもある戦争記録画もずらり。戦意高揚のプロパガンダとして戦時中に制作され、当時の有名画家が数多く手がけました。米国に接収され、現在は「無期限貸与」という形で返還されています。



    戦争記録画


    戦争記録画は会期途中で展示替えされますが、藤田嗣治の《サイパン島同胞臣節を完うす》は全会期で展示。


    乳白色の裸婦でパリの寵児となった藤田の別の一面。息を呑むような迫力です。



    藤田嗣治《サイパン島同胞臣節を完うす》


    一転して、こちらは横山大観の《生々流転》。水の生涯を40メートルの画巻に描いた超大作で、1967年に近代絵画として初めて重要文化財に指定されました。


    長い展示ケースを使っても、全部の展示は不可。会期途中で巻き変えられます。



    重要文化財 横山大観《生々流転》


    第1部の「MOMAT コレクションスペシャル」ばかりを紹介しましたが、実は展覧会は2部構成です。


    第2部は「実験場 1950s」。東近美が開館した50年代にスポットをあてて、当時の活力であるジャンル横断的な「場」を「実験場」として紹介しています。



    第2部「実験場 1950s」


    総点数540点にも及ぶ大規模展。正直、ウェブ1ページでは紹介しきれません。60年間のコレクションの精髄+現代の原点としての50年代、じっくりお時間を取ってお楽しみください。(取材:2012年10月15日)


    会場
    会期
    2012年10月16日(火)~2013年1月14日(月)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※金曜・土曜は20:00まで開館(入館は19:30まで)
    休館日
    毎週月曜日(祝日又は振替休日にあたる場合は開館し、翌日休館)年末年始(12月28日~1月1日)。ただし、12月25日(火)は開館。
    住所
    東京都千代田区北の丸公園3-1
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.momat.go.jp/
    料金
    【当日】 一般 1,300円 / 大学生 900円 / 高校生 400円
    【前売り】 一般 1,100円 / 大学生 800円 / 高校生300円
    【団体】一般 900円 / 大学生 600円 / 高校生 200円
    *団体料金は20名以上。
    *中学生以下、障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
    *来館当日が誕生日の方は無料(要証明書)。
    *12月1日(土)の開館記念日は無料。
    *料金はすべて税込価格。
    *早割りペア券(一般2枚セット・1,800円)は6月1日(金)~7月31日(火)まで、前売券は8月1日(水)~10月15日(月)まで
    ※詳細はホームページをご覧下さい。
    展覧会詳細 美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)