IM
    レポート
    戦後70年「大相撲と戦争」
    相撲博物館 | 東京都
    双葉も羽黒も、国民服
    国をあげた総力戦となった日中戦争・太平洋戦争。国民的な娯楽だった大相撲も、その流れから逃れる事はできませんでした。戦地への動員、銃後の活動、そして空襲で亡くなった力士まで、大相撲と戦争をテーマにした初めての展覧会です。
    寄せ書き日章旗 「祈武運長久」などは名寄岩が書き、双葉山が化粧廻しにはさんで土俵入りしたという
    (左から)復帰した吉葉山(向かって左)、帰還から1年経った1947年6月の撮影 / 吉葉山の優勝パレード 1954年1月場所
    (左から)海軍時代の栃錦 / 栃錦の優勝パレード 1957年9月場所 / 栃錦の横綱土俵入り
    (左から)番付 1939(昭和14)年1月場所 / 番付 1940(昭和15)年5月場所
    出征した力士たち (左から)四海波好一郎 / 玉乃海代太郎 / 那智ノ山公晴 / 佐渡ケ嶋林蔵 / 豊錦喜一郎
    標語が書かれた取組表 (上から)「国民精神総動員」「國を守った傷兵守れ」(1939年1月場所) / 「仰げ忠霊・捧げよ誠」(1942年1月場所) / 「サア二年目も勝ち抜くぞ」「一億一心火の玉だ」(1943年1月場所)
    (左から)稽古廻し姿の軍事教練 1939(昭和14)年8月 / 査閲での名寄岩(向かって左)と双葉山 1942(昭和17)年1月
    東京大空襲で亡くなった現役力士 (左から)豊嶋雅男 / 松浦潟達也
    雑誌名の変遷 「野球界」→「相撲と野球」→「相撲界」→「國民體育」と変わっていった
    力自慢の力士。軍隊でも大きな戦力になりそうですが、実は逆です。身体が大きすぎて合う軍服や軍靴も無い事から、徴兵検査では丙種合格(合格の中では最低ランク)も数多くいました。

    入隊まで至るのは若い力士が多かったようですが、中には後に横綱まで上り詰めた力士もいます。43代横綱の吉葉山はその一人で、十両昇進直前に召集。中国を転戦し、105kgだった体重は65kgまで落ちてしまいました。展示されている復帰後の写真は、軍隊生活の名残りか短髪姿です。

    「栃若時代」を築いた栃錦(44代横綱)も十両時代に応召を受け、海軍に入隊しています。静岡に配属されて、戦闘機を迎撃する機銃員に。吉葉山と違って国内に留まったのが幸いし、戦後初の本場所(1945年11月)に復帰し、勝ち越しています。


    召集を経て横綱になった、吉葉山と栃錦

    戦争末期には多くの力士が召集され、中には2度の応召を経験した力士もいます。展覧会では戦地での経歴が分かる力士を中心に紹介されていますが、召集さえなければもっと上位で活躍したであろうと思われる人もいます。

    なお、召集された力士は番付上の地位は守られました。1939(昭和14)年1月場所の番付では、しこ名の上に「応召」「入営」と表記。翌年5月場所になると入営力士が増え、番付の欄外に記載されるようになりますが、1942(昭和17)年になると入営そのものが機密事項となり、番付には記載されなくなりました。


    「應召」の文字が見える番付

    戦争への協力が全てに優先していた時代、召集されなかった力士も、銃後で戦争に関わっていました。慰問はもちろん、まわし姿での軍事教練、花相撲で資金を集めて軍に献金、力士が所持する銀杯や楯を集めた金属供出、戦闘機「相撲号」の献納、等々…。これは相撲界に限りませんが、積極的に戦争に加担せざるを得ない時代でした。

    変わったところでは、松の根を掘る勤労奉仕にも力士が参加しています。松の切り株から得る「松根油」をガソリンの代替にする計画でしたが、力士の奮闘もむなしく計画そのものが実用化に至りませんでした。


    力士たちの軍事教練を報じる写真ニュース、など

    プロ野球も競馬も戦時中は中止された事がありますが、大相撲の本場所は続いています。旧両国国技館が風船爆弾の工場として陸軍に接収された時も、代替地として後楽園球場で行われ、日曜日には6万3000人も動員した記録が残っています。

    その旧両国国技館は、1945年3月10日の東京大空襲で被災。建物は炎上し大鉄傘には大きな穴が開きましたが、賜杯を収めている金庫は力士のバケツリレーによって守られました。

    東京大空襲では、現役力士も死亡しています。長身の美男力士で人気が高かった松浦潟(まつらがた)は29歳、双葉山にも勝った事がある豊嶋(とよしま)はまだ25歳でした。

    会場のパネルは、陸軍による戦意高揚スローガン「撃ちてし止まむ」の化粧廻しをつけた豊嶋。隅田川の中で、杭につかまったまま亡くなりました。


    東京大空襲で亡くなった現役力士、松浦潟と豊嶋

    船が撃沈されて屋久島沖で戦死した沢村栄治(巨人)、手榴弾の投擲で肩を痛めた景浦將(阪神)など、戦争と野球の関連はしばしば目にしますが、相撲と戦争をテーマにした展覧会は初めての開催。決して派手ではありませんが、知られざる一面にスポットを当てた意欲展です。相撲道を極めた三人の横綱(双葉山、羽黒山、男女ノ川)が、他の力士と同じように国民服に身を固め、軍事教練で整列する姿が強く印象に残りました。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年10月22日 ]

    ※次回展の関係で、急遽会期が変更になりました。

    相撲観戦入門 2015 相撲観戦の楽しさ倍増!相撲観戦入門 2015 相撲観戦の楽しさ倍増!

     

    ベースボール・マガジン社
    ¥ 1,300


    ■相撲博物館 大相撲と戦争 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2015年10月20日(火)~12月18日(金)
    会期終了
    開館時間
    10:00~16:30
    休館日
    12月5日(土)・6日(日)を除く土曜・日曜・祝日
    住所
    東京都墨田区横網1-3-28(国技館1階)
    電話 03-3622-0366
    公式サイト http://www.sumo.or.jp/sumo_museum/
    料金
    入館無料 ※12月6日(日)は全日本相撲選手権大会の観覧券が必要です。
    展覧会詳細 戦後70年「大相撲と戦争」 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    日本博物館協会 学芸員募集中! [日本博物館協会]
    東京都
    外務省外交史料館 非常勤職員募集(史料補修員) [外務省外交史料館]
    東京都
    奈良文化財研究所 展示企画室アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所]
    奈良県
    国立民族学博物館技術補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    WHO IS BANKSY? バンクシーってだれ?展
    開催まであと158日
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 ポンペイ
    開催中[あと71日]
    2022年1月14日(金)〜4月3日(日)
    3
    京都市京セラ美術館 | 京都府
    特別展 ポンペイ
    開催まであと89日
    2022年4月21日(木)〜7月3日(日)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    【開幕日延期】ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
    開催中[あと71日]
    2022年1月22日(土)〜4月3日(日)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
    開催中[あと22日]
    2021年10月26日(火)〜2022年2月13日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード