IM
    レポート
    ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    神のごとき芸術家の、建築家としての一面
    ルネサンスを代表する芸術家、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)。その業績は絵画、彫刻、そして建築の幅広い分野に及び、「神のごときミケランジェロ」と評されます。幅広いその仕事から、建築に焦点を当てた展覧会がパナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
    会場入口
    左)ミケランジェロ・ブオナローティ《システィーナ礼拝堂天井画〈クマエの巫女〉のための頭部習作》1508-1510年
    ジョルジョ・キージ《最後の審判(ミケランジェロにもとづく)》連作 1540年代中頃版刻、1823-1870年印刷
    左から)ミケランジェロ・ブオナローティ《サン・ロレンツォ聖堂ファサード計画における壁龕ととその両脇の円柱の立面図》1517年、ミケランジェロ・ブオナローティ《サン・ロレンツォ聖堂ファサードに使用する大理石のスケッチ》2点
    左から)《ラウレンツィアーナ図書館全体模型1/100》、《ラウレンツィアーナ図書館玄関室模型1/20》、ミケランジェロ・ブオナローティ《ラウレンツィアーナ図書館、閲覧室から玄関室への扉口案》1526年頃
    左から)ミケランジェロ・ブオナローティ《長い側溝を備えたプラート門の要塞化のための計画案》1528年頃、ミケランジェロ・ブオナローティ《プラート門と思しき市門の要塞化計画》1528年頃
    左から)16世紀の版画家《カンピドーリオ広場の景観》1560年頃、コルネリス・ボス《ミケランジェロ設計の台座に置かれたマルクス・アウレリウス帝、騎馬像》1548-1556年、16世紀の版画家《マルクス・アウレリウス帝騎馬像とともに描かれた都市の舞台背景図》
    ミケランジェロ・ブオナローティ《サン・ジョヴァンニ・デイ・フィオレンティーニ聖堂計画案》1559年頃
    バニスター・フレッチャー著、古宇田実、斎藤茂三郎 共訳《『フレッチャア建築史』1919年出版 原書第5版》岩波書店、1919(大正8)年 工学院大学図書館蔵
    展覧会ではカーサ・ブオナローティ所蔵の作品を中心に、ミケランジェロ真筆の素描や建築図面35点を含む75点が紹介されます。

    ミケランジェロの偉大な業績の中で、特に名高いシスティーナ礼拝堂の天井画。彫刻家としてキャリアを積んできたミケランジェロにとって、精神的にも肉体的にも困難を伴う仕事でした。1508年頃から4年の歳月をかけた大プロジェクトで、作業にあたって天井を見上げて描くという不自然な姿勢での苦労を訴える手紙や、人物習作が残されています。

    力強い老婆の姿で現さているのは、クマエの巫女の習作。天井画の原寸大下絵にいたる前の、直接的な雛形の1つと推測されます


    会場入口から、会場風景。《クマエの巫女》の頭部習作

    システィーナ礼拝堂にあるもう一つのミケランジェロ作品「最後の審判」。天井画を描いてから30年近く経ち、61歳になったミケランジェロは、足場から落下する事故を乗り越え、5年かけてこれを完成させます。

    展覧会では、忠実な模写素描に基づくジョルジョ・キージの版画を展示。この版画は16世紀から19世紀まで版を重ねた人気作で、ミケランジェロの大作が長きにわたり人々の心をつかんでいることがわかります。


    ジョルジョ・キージによる《最後の審判》の版画

    ミケランジェロは長い生涯において、メディチ家出身の教皇からの設計の依頼を受けています。ダヴィデ像を完成させた翌年に、ユリウス二世から霊廟の設計を、レオ10世からサン・ロレンツォ聖堂ファサードと聖堂神聖具室の設計を、クレメンス7世からはラウレンツィアーナ図書館設計を…次々に舞い込む依頼にミケランジェロは応えていきました。

    立面図やスケッチ、計画案のメモには、細かな指示の書きこみも。、建築家としてのミケランジェロの姿を垣間見ることができます。

    ラウレンツィアーナ図書館は建築家ミケランジェロの代表作のひとつ。マニエリスム建築の先駆けとも言える様式で、モニュメントのような美しい階段が特徴的です。


    第3章 建築家ミケランジェロ

    ミケランジェロの建築の中で最も著名なのはバチカンのサン・ピエトロ大聖堂。このカトリックの総本山では長い間改築計画が進められ、何人もの芸術家の設計プランを検討した結果、ミケランジェロ案を採用。ミケランジェロの死後に完成しました。


    第3章 建築家ミケランジェロ Ⅻサン・ピエトロ大聖堂

    後世まで手本とされる作品を数多く残したミケランジェロ。日本の建築家たちも例外ではありません。本展は巡回展ですが、パナソニック 汐留ミュージアムのみ、日本の建築家たちがミケランジェロに受けた影響を紹介する特別展示コーナーを設けています。

    [ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2016年6月24日 ]

    神のごときミケランジェロ神のごときミケランジェロ

    池上 英洋 (著)

    新潮社
    ¥ 1,728


    ■ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2016年6月25日(土)~8月28日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    休館日
    毎週水曜日 夏期休館:8月12日~8月18日
    住所
    東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://panasonic.co.jp/es/museum/
    料金
    一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 中・高校生:500円 小学生以下:無料
    20名以上の団体:各100円割引
    展覧会詳細 ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    山口県美術館専門職員の募集 [山口県立美術館又は山口県立萩美術館・浦上記念館]
    山口県
    星と森の詩美術館 学芸員(補)募集中です [星と森の詩美術館]
    新潟県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと72日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと60日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと60日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと3日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    麻布台ヒルズ ギャラリー | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと99日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)