没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―


千葉市美術館

〒 260-0013
千葉県 千葉市中央区 中央3-10-8

公式サイト

期間

2019年07月02日~2019年08月25日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻の分野で活動し、30代終わりの1922(大正11)年に生来の食に対する関心から「料理の着物」としての作陶に向かいます。それは単なる食器づくりを超え、中世以来日本文化の核となっていた茶道を基軸とするわが国の伝統に触れることで、魯山人は一挙に陶芸の古典復興を代表する存在となりました。

本展覧会では、魯山人を中心に川喜田半泥子、石黒宗麿、荒川豊蔵から八木一夫にいたる同時代の陶芸家たちの作品に加え、彼らが学んだ中国、朝鮮、日本の古陶磁もあわせて展示し、現代陶芸の礎となった昭和陶芸の豊穣な成果とその源流から未来を展望します。

料金

一般 1,200(960)円 / 大学生 700(560)円 / 小・中学生・高校生 無料

※( )内は前売券および20名以上の団体料金
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(6月23日まで)、ローソンチケット(Lコード:33202)、セブンイレブン(セブンチケット)などで販売

休館日

8月5日(月)

アクセス

【JR「千葉駅」東口より】
●徒歩約15分
●千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川公園」下車徒歩5分
●京成バス(のりば7番)で2つ目「中央三丁目」下車、徒歩3分
【京成「千葉中央駅」東口より】
●徒歩約10分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる