清方、新春を寿ぐ


鎌倉市鏑木清方記念美術館

〒 248-0005
神奈川県 鎌倉市 雪ノ下1-5-25

公式サイト

期間

2019年12月06日~2020年01月13日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

昭和の初め、清方は正月を迎えると、氏神への初詣や恵方詣、七福神詣をし、劇場へ新春芝居を見に行くなどして楽しみました。さらに、弟子たちと新年会を開き、宝珠のかき初めをしたり、清方が描いた羽子板や彼らが持ち寄った色紙などを景品に福引きをしたりしました。

本展覧会では、羽子板遊びをする女性や、家々を廻って長寿や繁栄を祈願する萬歳など、新春を寿ぐ人々や街の様子に取材した作品や口絵を、名押絵師・永井周山が清方作品を意匠化した押絵羽子板《明治風俗十二ヶ月》とともにご紹介します。

料金

一般 200円(140円)、小・中学生 100円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金です。

休館日

毎週月曜日(1月13日(月・祝)は開館)、年末年始の12月29日(日)~2020年1月3日(金)

アクセス

JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折。
※駐車場・駐輪場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる