《唐犬図》

この作品の応援メッセージを見る

唐犬図橋本関雪 1941(昭和16)年頃

足立美術館

右の白と黒の斑がボルゾイ、左の二匹がグレーハウンド。「唐犬」とは舶来の犬という意味である。関雪は動物をたくさん飼っており、洋犬は30頭もいたという。画中の犬の首輪から推察すると、飼い犬をモデルに描いたのかもしれない。関雪の制作は犬を飼っているうちに画心を醗酵していくというやり方で、作品にする時はもう犬を見なくても、すでに頭の中で形が出来上がっていたという。時間をかけて動物を観察し続ける関雪の姿が目に浮かぶようである。

担当者からのコメント:関雪は昭和に入ると動物画を描くようになります。関雪の動物画は、まるで人間のように何か考えているような表情や、繊細に描かれた毛の表現が特徴です。「毛描きの関雪」と呼ばれるように、思わず触れたくなるような、柔らかな犬の毛並みにご注目下さい。本作は、現在開催中の冬季特別展にて展示中です(2/28まで)。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
長野県
石川県教育委員会事務局職員(近世史料編さん専門職員)募集(R7.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所など]
石川県
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと75日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと63日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと63日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと6日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
5
東京都 | 東京都
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催まであと102日
2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)