《染付子犬に雪図花瓶》

この作品の応援メッセージを見る

染付子犬に雪図花瓶川本枡吉 瀬戸 明治時代(19世紀)

愛知県陶磁美術館

愛らしい子犬が描かれた花瓶です。
川本桝吉は、瀬戸で初めて輸出用の洋食器を制作したとされる窯屋で、三代にわたって染付を中心に陶磁器生産を行いました。
本作品は、雪景色を描いた一対の花瓶です。雪が積もってたわんだ竹から冬の寒さがうかがえる中で、雪を気にすることなく戯れる三頭の犬の姿が見る人を微笑ませます。柔らかい雪は吹絵(吹墨)技法で、鋭い竹の葉は濃淡をつけて力強く、子犬の毛並みは繊細な描線で表現することで、画面全体にリズムを生んでいます。
また、竹之下に子犬を描くモチーフは、「竹かんむり」に「犬」で「笑」字になることから、「一笑図」という吉祥図として、江戸時代の画家たちによく用いられたものです。

担当者からのコメント:2018年1月14日まで、本館2階で展示中です。ぜひご来館ください。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
東京都
丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
東京都
展覧会ランキング
1
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
開催中[あと27日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと131日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと20日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
4
森アーツセンターギャラリー | 東京都
MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
もうすぐ終了[あと6日]
2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
デ・キリコ展
開催中[あと94日]
2024年4月27日(土)〜8月29日(木)