《青花四牛文皿》

この作品の応援メッセージを見る


青花四牛文皿(せいかしぎゅうもんさら)

山口県立萩美術館・浦上記念館


中国・明時代末期の天啓年間頃(17世紀)に景徳鎮民窯(中国・江西省)で作られた染付磁器で、日本では「古染付」と呼ばれる。王朝へ貢納するために作られた景徳鎮官窯の作品と異なり、民間向けに作られたためか牛や草花の絵柄は簡略であり、薄手の器の口縁部は「口禿」と呼ばれる釉薬の剥がれがみられる。

一見するとやや粗雑ともとれる作品だが、その素朴さが日本では愛玩され、日本からの注文で角形や動物・富士山など様々な形状の作品(「茶器古染付」と総称される)も作られた。


担当者からのコメント

四匹の牛が伸び伸びと草原にたたずむ様子が描かれ、官窯の精緻な絵付けとは異なった奔放な絵付けが生み出す景色は、ずっと眺めていても飽きさせない。素朴さに美を見出す日本人の感性に馴染む優品である。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
東京都
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
大阪中之島美術館 | 大阪府
没後50年 福田平八郎展
もうすぐ終了[あと12日]
2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
2
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと53日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
3
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと18日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
4
佐川美術館 | 滋賀県
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催中[あと46日]
2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
5
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと46日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)