《兎と土筆》

この作品の応援メッセージを見る

《兎と土筆》 柳々居辰斎 文化4年(1807) 摺物 10.1×13.0cm
柳々居辰斎「兎と土筆」すみだ北斎美術館蔵

すみだ北斎美術館


本図は、北斎の弟子で洋風風景版画を描いていたことで知られる柳々居辰斎【りゅうりゅうきょしんさい】が描いた摺物です。森羅亭万象【しんらていまんぞう】(蘭学者の森島中良【ちゅうりょう】)による狂歌「磨出【みがきだ】すはつ日や玉の卯の春に野辺のつくしも木賊【とくさ】かとみる」に合わせて、赤目の茶毛と白毛の兎と土筆が描かれています。

摺物とは「冨嶽三十六景」のような錦絵と異なり、販売目的で制作されたものではなく、画中に記された狂歌の作者による私的な注文で制作されたプライベートな版画です。本図は摺物の中でも絵暦【えごよみ】と呼ばれるもので、現在の太陽暦と違って江戸時代の陰暦では毎年変わる大の月(1か月が30日の月)、小の月(1か月が29日の月)が何月であったかを絵の中にひそませています。つまり、12本ある土筆の長さが異なっていますが、右から長いものが1、2、3、5、8、11、12番目、短いものが4、6、7、9、10番目と描き分けられており、長いものが大の月、短いものが小の月を表わします。この組み合わせは文化4年にあたるので、この年に制作されたことがわかります。摺物は新年の配り物として使用されており、当時の人々は謎解きをするかのように楽しんでいたと思われます。

文化4年は丁卯【ひのとう】のうさぎ年のため兎の絵が描かれ、狂歌にも「卯の春」と詠み込まれています。


担当者からのコメント

今から216年前、18回前のうさぎ年の作品です。今と変わらず、新年に干支を意識しているのは江戸時代の人も変わらなかった様子が伝わります。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
国立歴史民俗博物館の”技術補佐員”募集中 [国立歴史民俗博物館]
千葉県
米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
鳥取県
【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
東京都
展覧会ランキング
1
紅ミュージアム | 東京都
企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
開催中[あと36日]
2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと36日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
3
東京国立博物館 | 東京都
特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
もうすぐ終了[あと8日]
2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと8日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと8日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)