《月宮図鏡》

このキャラの応援メッセージを見る

《月宮図鏡》(げっきゅうずきょう) 中国 唐時代(8世紀) 直径15.6cm・重さ889g

古代鏡展示館(兵庫県立考古博物館加西分館)


円形の鏡を満月に見立て、鏡背には「不死」・「再生」にまつわる古代中国の月の伝説が表されています。
鏡の右下では、後足で立ちあがった兎が前足に竪杵を持って壺中を搗(つ)き、不老不死を司る西王母(せいおうぼ)のために「仙薬(=不死の薬)」を作っています。
兎の上にいる冠を着けた女性が西王母とみられ、兎を指示するように両手を掲げています。
左側の羽衣を纏う女性は姮娥(こうが)とみられ、夫の羿(げい)が西王母より貰った不死の薬を盗んで月へと逃げたため、左下の蟾蜍(せんじょ)=ヒキガエルとなった様子を描いています。
中央には、月に生えているという桂の木「月桂(げっけい)」(切っても切口が再生するといわれる)が描かれています。


担当者からのコメント

古代鏡展示館(兵庫県立考古博物館加西分館)では、例年1月から3月、その年の十二支が描かれた古代中国鏡1面を展示しています。
今回の「干支 卯(う/ボウ)」展では、この月宮図鏡1面を展示し、鏡と干支・十二支を特集してご紹介します。展覧会の会期は令和5年1月2日(月)~3月12日(日)です。
詳しくは、古代鏡展示館ホームページをご覧ください。また、当館のブログでは学芸員が展示品や収蔵品等に関連して少し掘り下げた記事を更新しています。こちらも合わせてご覧下さい。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)