《月宮図鏡》

この作品の応援メッセージを見る

《月宮図鏡》(げっきゅうずきょう) 中国 唐時代(8世紀) 直径15.6cm・重さ889g

古代鏡展示館(兵庫県立考古博物館加西分館)


円形の鏡を満月に見立て、鏡背には「不死」・「再生」にまつわる古代中国の月の伝説が表されています。
鏡の右下では、後足で立ちあがった兎が前足に竪杵を持って壺中を搗(つ)き、不老不死を司る西王母(せいおうぼ)のために「仙薬(=不死の薬)」を作っています。
兎の上にいる冠を着けた女性が西王母とみられ、兎を指示するように両手を掲げています。
左側の羽衣を纏う女性は姮娥(こうが)とみられ、夫の羿(げい)が西王母より貰った不死の薬を盗んで月へと逃げたため、左下の蟾蜍(せんじょ)=ヒキガエルとなった様子を描いています。
中央には、月に生えているという桂の木「月桂(げっけい)」(切っても切口が再生するといわれる)が描かれています。


担当者からのコメント

古代鏡展示館(兵庫県立考古博物館加西分館)では、例年1月から3月、その年の十二支が描かれた古代中国鏡1面を展示しています。
今回の「干支 卯(う/ボウ)」展では、この月宮図鏡1面を展示し、鏡と干支・十二支を特集してご紹介します。展覧会の会期は令和5年1月2日(月)~3月12日(日)です。
詳しくは、古代鏡展示館ホームページをご覧ください。また、当館のブログでは学芸員が展示品や収蔵品等に関連して少し掘り下げた記事を更新しています。こちらも合わせてご覧下さい。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
東京都
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
大阪中之島美術館 | 大阪府
没後50年 福田平八郎展
もうすぐ終了[あと12日]
2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
2
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと53日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
3
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと18日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
4
佐川美術館 | 滋賀県
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催中[あと46日]
2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
5
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと46日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)