《珉平焼 龍紋小判形小皿》

この作品の応援メッセージを見る

《珉平焼 龍紋小判形小皿》 

兵庫県立考古博物館


濃厚な緑色の釉薬で彩られた珉平焼の小皿で、南あわじ市の窯跡から出土しました。
珉平焼は江戸時代後期の文政年間(1818~30)に賀集(かしゅう)珉平(みんぺい)が創始したやきもので、その技術は淡陶(だんとう)社(明治16年創立、後の淡陶株式会社)に受け継がれ、明治から大正にかけて陶器生産を拡大し、国内だけでなく海外向けの作品も製作、輸出していました。
窯跡の発掘調査では、粘土を押し当てて製品を作るための「型」も数多く出土しており、龍が描かれたものは約1,000点、なかでも写真のような小判形の小皿の型は約350点を数えます。さらに、この「型」を作るための「元(もと)型」も見つかっており、需要の高さと大量生産のための工夫がうかがえます。
海外を意識したような釉薬の発色と、東アジアを思わせる龍のデザインがおもしろい作品で、開国後の日本の商品経済を考える上でも貴重です。


担当者からのコメント

本作品は、兵庫県立考古博物館のメインホールの小ケースで、1月2日(火)から3月3日(日)まで展示しています。淡路を代表する珉平焼の生産と流通の一端を、今年の干支である龍とともにご覧いただけます。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
鳥取県
【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
東京都
東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
東京都
【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
紅ミュージアム | 東京都
企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
開催中[あと37日]
2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと37日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
3
東京国立博物館 | 東京都
特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと9日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)