河鍋暁斎の底力

    東京ステーションギャラリー | 東京都

    暁斎の本画(下絵をもとに彩色を施した完成作)を一切展示しない展覧会! 展示するのは厳選した素描、下絵、画稿、席画など、暁斎の生の筆づかいが感じられる作品ばかりです。 本画は完成度が高い一方で、筆の勢いが抑制されたお行儀のいい作品であり、彩色などには弟子の手が入ることもありました。これに対して下絵や画稿、席画は100%暁斎の手によるもので、その卓越した筆力をまざまざと感じさせてくれます。あえて本画を展示せず、暁斎の描写と表現の力量のみを味わっていただける展覧会です。
    会期
    2020年11月28日(土)〜2021年2月7日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00 - 18:00
    ※金曜日は20:00まで開館
    ※入館は閉館の30分前まで
    料金
    一般 1,200円 高校・大学生 1,000円
    中学生以下無料
    障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
    ※原則として入館券はローソンチケットで販売
    休館日 月曜日(1/11、2/1は開館)、年末年始(12/28~1/1)、1/12(火)
    チケットを買う https://l-tike.com/event/mevent/?mid=545122
    公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
    会場
    東京ステーションギャラリー
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
    03-3212-2485
    河鍋暁斎の底力のレポート
    1
    人気絵師の大規模展も、出展作の中に本画や版画が無いという異例の構成
    作者自身の筆跡が残る写生や下絵から、「画鬼」暁斎の力量を改めて実感
    圧倒的な画力は必見。準備期間は半年という異例の短さも、SNSで大評判

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと88日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと84日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと53日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと158日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと123日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    日本銀行金融研究所 貨幣博物館職員(事務職員)の募集 [日本銀行金融研究所貨幣博物館]
    東京都
    川崎市岡本太郎美術館 職員(学芸員)募集 [川崎市岡本太郎美術館]
    神奈川県
    知床博物館 [斜里町立知床博物館]
    北海道
    大阪歴史博物館 受付・案内員募集(お仕事No 210907bf) [大阪歴史博物館]
    大阪府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード