平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019

    京都市京セラ美術館 | 京都府

    キーワードは「うたかた」と「瓦礫(デブリ)」 美術評論家の椹木野衣を企画・監修。アーティストたちの集合的活動にフォーカスし、平成年間(1989–2019年)の美術を振り返る。 【見どころ】 ・平成年間の日本の現代美術を大胆に総括する初めての大規模展!Chim↑Pom、東北画は可能か?ほか14のグループが勢揃い。 ・関西のアートシーンからも厳選して紹介!Complesso Plastico やDIVINA COMMEDIA、IDEAL COPY、國府理「水中エンジン」再制作プロジェクト等を紹介。 ・平成のオルタナティブな表現を再考!多様な「作品」のあり方を、映像やインスタレーションで見つめ直す。 ・登れる!渡れる!展示室の中央に巨大な橋が出現!「突然、目の前がひらけて」が二つの大学の間の壁に架けた橋を再現。 ・松本弦人デザイン、15メートルにおよぶ圧巻の「平成の大年表」が登場!
    会期
    2021年1月23日(土)〜4月11日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00-18:00(最終入館は閉館の30分前まで)
    料金
    一般2,000円(1,800円) 大学・専門学校生1,500円(1,300円)
    高校生1,000円(800円)小・中学生500円(300円)未就学児無料
    *( )内は20名以上の団体料金
    *京都市内に在住(通学)の小・中学生は無料
    *障害者手帳等をご提示の方は本人及び介護者1名無料
    *その他、割引あり
    休館日 月曜日(祝日の場合は開館)
    公式サイト https://kyotocity-kyocera.museum/
    会場
    京都市京セラ美術館
    住所
    〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
    075-771-4334
    平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019のレポート
    0
    美術批評家の椹木野衣を監修に迎え、独自の視点で選定した14の作家グループから「平成」の30年を美術を振り返る展覧会。
    濃度のあるアーティストのメッセージが平成に起きた災害、テロなどを思い出させます。
    平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019に関連する特集
    「平成美術:うたかたと瓦礫 1989–2019」は、美術評論家の椹木野衣が企画・監修。「3.11 とアーティスト:10 年目の想像」では「想像力の喚起」という芸術の本質に改めて着目します。青森市生まれの画家、阿部合成(あべごうせい)の過去最大の回顧展も。

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと25日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと188日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと24日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと83日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと153日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    【横浜】シルク博物館学芸員補助(アルバイト)募集 [シルク博物館]
    神奈川県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード