平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019

    京都市京セラ美術館 | 京都府

    キーワードは「うたかた」と「瓦礫(デブリ)」 美術評論家の椹木野衣を企画・監修。アーティストたちの集合的活動にフォーカスし、平成年間(1989–2019年)の美術を振り返る。 【見どころ】 ・平成年間の日本の現代美術を大胆に総括する初めての大規模展!Chim↑Pom、東北画は可能か?ほか14のグループが勢揃い。 ・関西のアートシーンからも厳選して紹介!Complesso Plastico やDIVINA COMMEDIA、IDEAL COPY、國府理「水中エンジン」再制作プロジェクト等を紹介。 ・平成のオルタナティブな表現を再考!多様な「作品」のあり方を、映像やインスタレーションで見つめ直す。 ・登れる!渡れる!展示室の中央に巨大な橋が出現!「突然、目の前がひらけて」が二つの大学の間の壁に架けた橋を再現。 ・松本弦人デザイン、15メートルにおよぶ圧巻の「平成の大年表」が登場!
    会期
    2021年1月23日(土)〜4月11日(日)
    開催中[あと40日]
    開館時間
    10:00-18:00(最終入館は閉館の30分前まで)
    料金
    一般2,000円(1,800円) 大学・専門学校生1,500円(1,300円)
    高校生1,000円(800円)小・中学生500円(300円)未就学児無料
    *( )内は20名以上の団体料金
    *京都市内に在住(通学)の小・中学生は無料
    *障害者手帳等をご提示の方は本人及び介護者1名無料
    *その他、割引あり
    休館日 月曜日(祝日の場合は開館)
    公式サイト https://kyotocity-kyocera.museum/
    会場
    京都市京セラ美術館
    住所
    〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
    075-771-4334
    平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019のレポート
    0
    美術批評家の椹木野衣を監修に迎え、独自の視点で選定した14の作家グループから「平成」の30年を美術を振り返る展覧会。
    濃度のあるアーティストのメッセージが平成に起きた災害、テロなどを思い出させます。

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催中[あと26日]
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    2
    三井記念美術館 | 東京都
    特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
    開催中[あと47日]
    2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
    3
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    4
    三菱一号館美術館 | 東京都
    テート美術館所蔵 コンスタブル展
    開催中[あと89日]
    2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    没後70年 吉田博展
    開催中[あと26日]
    2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
    広島県
    小金井市立はけの森美術館学芸員(会計年度任用職員)募集 [小金井市立はけの森美術館]
    東京都
    高岡市立博物館 契約職員(学芸補助)募集 [高岡市立博物館]
    富山県
    高知県立牧野植物園 展示担当職員の募集 [高知県立牧野植物園]
    高知県
    京都産業大学神山天文台 嘱託事務職員募集 [京都産業大学 神山天文台]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード