二人の曼陀羅

    須田剋太×白髪一雄

    本展は、尼崎市出身の画家・白髪一雄(1924-2008)と令和2年に没後30年を迎えて再び注目される須田剋太(1906-1990)を紹介するものです。 須田は埼玉県に生まれ、独学で油画を学び、戦前から戦後にかけて官展で活躍しました。戦後は関西に移り住み、長谷川三郎との出会いにより力強く、造形性豊かな抽象画を描き、世界の現代美術の動向の中で高い評価を得ました。また、「街道をゆく」(司馬遼太郎著・朝日新聞出版)シリーズの挿絵を担当するとともに、再び具象画を描きはじめ、書においても独創的な作品を残しました。 白髪は京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)に進学して日本画を学びました。フット・ペインティングという独自の描画法による抽象画を生み出し、国際的に高い評価を得ました。また、具体美術協会のメンバーとして活躍していた1960年代後半に仏教に関心を抱きはじめ、比叡山延暦寺で得度し(法名:白髪素道)、1974年に修行を行いました。その頃から密教をテーマとした作品も多数描いています。 本展では、「抽象と具象」「仏教」「書」の3つのテーマを軸に約80点の作品を紹介します。
    会期
    2021年11月27日(土)〜2022年1月10日(月)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    料金
    一般800円/シニア・大学生700円/高校生以下無料
    ※障がい者手帳等をお持ちの方は半額、その介助者の方は1名無料
    休館日 ※火曜休館。12/27(月)~1/4(火)は年末年始休館。
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト https://www.archaic.or.jp/event/gallery/detail.php?id=438
    会場
    尼崎総合文化センター
    住所
    兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16

    おすすめレポート
    学芸員募集
    日本博物館協会 学芸員募集中! [日本博物館協会]
    東京都
    外務省外交史料館 非常勤職員募集(史料補修員) [外務省外交史料館]
    東京都
    奈良文化財研究所 展示企画室アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所]
    奈良県
    国立民族学博物館技術補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    WHO IS BANKSY? バンクシーってだれ?展
    開催まであと158日
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 ポンペイ
    開催中[あと71日]
    2022年1月14日(金)〜4月3日(日)
    3
    京都市京セラ美術館 | 京都府
    特別展 ポンペイ
    開催まであと89日
    2022年4月21日(木)〜7月3日(日)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    【開幕日延期】ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
    開催中[あと71日]
    2022年1月22日(土)〜4月3日(日)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
    開催中[あと22日]
    2021年10月26日(火)〜2022年2月13日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード