春の特別列品「土御門家がみた宇宙-江戸時代の天文観測」

    國學院大學博物館 | 東京都

     土御門家は、平安中期の陰陽師・安倍晴明を受け継ぐ支流の一つで、代々、陰陽家として主に天文道をもって朝廷に仕えた公家です。徳川家康の将軍就任に際して、土御門久脩が室町幕府の先例にならい、陰陽道の祭祀である「天曹地府祭」を挙行したことを契機に、同家は朝廷・幕府における祭祀主催者としての地位を築き始めました。天和3年(1683)、徳川綱吉の朱印状と霊元院(霊元上皇)の綸旨をもって陰陽道本所となってからは、職札の発行や触頭の設置をもって諸国の陰陽師を統括しました。  土御門家の家職の一つに「天文密奏」があります。古代から日蝕・月蝕・彗星などは天皇の身体や社会に害を及ぼす兆候と考えられ、祭祀や祈祷が行われてきました。國學院大學図書館には、こうした「天文密奏」やその根拠となる天文観測の実態を伝える史料が所蔵されています。「土御門家記録」は60点を超える史料群で、特に嘉永6年(1853)と安政5年(1858)の彗星の観測記録は、観測から勘文の作成にいたる過程を詳細に知ることのできる貴重なものです。  本展は、春の特別列品としてそれらを初公開し、特に近世における天文学を古典籍や古文書を通して概観しようと思います。
    会期
    2023年4月1日(土)〜5月14日(日)
    会期終了
    開館時間
    10時~18時(最終入館17時30分)
    料金
    入館料:無料
    休館日 毎週月曜日、4月29日~5月2日
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト http://museum.kokugakuin.ac.jp/special_exhibition/detail/2023_tsuchimikado.html
    会場
    國學院大學博物館
    住所
    〒150-8440 東京都渋谷区東4丁目10番28号 〔國學院大學渋谷キャンパス内〕
    03-5466-0359
    評価
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【登録有形文化財】東山旧岸邸 企画運営スタッフ募集 [東山旧岸邸]
    静岡県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    読売新聞社イベント企画部署での運営サポート [読売新聞東京本社 事業局事業戦略センター]
    東京都
    大阪市公文書館調査員会計年度任用職員募集中! [大阪市公文書館]
    大阪府
    【川口市】サイエンスコミュニケーター募集 [川口市立科学館]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと46日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと46日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと136日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    開催中[あと18日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    5
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    開催中[あと18日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)