巡回展

    ルート・ブリュック 蝶の軌跡
    東京都
    2019年4月27日(土)〜6月16日(日) 東京ステーションギャラリー
    兵庫県
    2019年9月7日(土)〜10月20日(日) 伊丹市立美術館【長期休館中】
    岐阜県
    2020年6月6日(土)〜8月16日(日) 岐阜県現代陶芸美術館
    新潟県
    2020年10月10日(土)〜12月6日(日) 新潟県立万代島美術館

    北欧フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュック。名窯・アラビア製陶所に長く在籍し、愛らしい図柄の陶板から膨大なピースを組み合わせた迫力あるモザイク壁画まで、陶芸の既成概念にとらわれない作品を世に送り出しました。

    本展は、初期から晩年に至る陶作品を中心に、テキスタイルや版画を含めた約 200 点の作品を通じて、その創作の軌跡をたどる日本で初めての回顧展です。艶やかでニュアンスに富んだ色彩、ユーモラスでありながらどこか憂いを含んだ生きものたちの姿、ダイナミックな作品の細部に施された繊細な文様。ブリュック作品の様々な魅力を是非会場でご覧下さい。

    また、ブリュックの長女であり、新潟県妻有地区で開催される「大地の芸術祭」にも参加した現代アーティスト、マーリア・ヴィルカラがブリュックをテーマに構成した作品を展示するほか、新潟会場では日本を代表するグラフィックデザイナー・亀倉雄策(1915-1997)旧蔵のブリュック作品や北欧の工芸品も特別展示いたします。



    フィンランドを代表する芸術家、ルート・ブリュック(1916~1999)。

    名窯アラビアの専属アーティストとして長年にわたり活動し、20世紀半ばに世界を魅了した、北欧デザイン・工芸ブームの一翼を担いました。

    本展は陶器、テキスタイル、版画などおよそ200点の作品を通じて、ブリュックの創作の軌跡をたどる、日本で初めての回顧展です。

    ダイナミックな作風の変遷をお楽しみください。





    公式サイトhttps://rutbryk.jp/


    取材レポートを読む ※以下は東京展の会場風景です

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと29日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと8日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと29日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    4
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催まであと34日
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと71日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 学芸員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    藤沢市学芸員募集(浮世絵) [藤沢市藤澤浮世絵館]
    神奈川県
    神戸海洋博物館 副責任者募集(広報・事業責任者)株式会社 丹青社 [神戸海洋博物館]
    兵庫県
    埼玉県立歴史と民俗の博物館の学芸員(臨時的任用)を募集中 [埼玉県立歴史と民俗の博物館]
    埼玉県
    横浜人形の家 事業企画スタッフ(展示企画・製作/教育普及プログラム実施等)募集 [横浜人形の家]
    神奈川県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード