インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  インターメディアテク
pickup museum

JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク

白が基調のホワイエ。奥は世界最大級のワニといわれるマチカネワニの骨格標本
昭和モダニズムの名建築である東京中央郵便局の姿を残しながら、東京駅丸の内口に誕生したJPタワー。施設の2・3階には、東京大学と日本郵便が連携した新しい文化施設、JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク(以下 IMT)がオープンしました。
一直線の展示室は、郵便物の仕分けが行われていた場所
戦前に東京大学で使われていた什器を再利用した展示ケース
ギメ・ルーム開設記念展『驚異の小部屋』。仏リヨン市より寄贈された、エミール・ギメ(1836-1918)由来の什器で構成されている。
ケ・ブランリ・トウキョウ『純粋形態――アフリカ諸部族の貨幣』(2014年2月25日-2015年2月15日)展示風景。フランスのケ・ブランリ美術館から選りすぐりのアイテムが展示されている。
今後、レクチャー、セミナーなどIMTカレッジで活用される予定のACADEMIA
左から、インターメディアテクの西野嘉章館長と、構想段階から関わってプロジェクトを進めた東大総合研究博物館特任教授・株式会社丹青社の洪恒夫氏
レトロモダンの展示空間

真っ白なホワイエから展示室に進むと、一転して広がるのは重厚な空間。クラシックな展示ケースには浮かび上がるように標本が並び、奥には巨大なクジラやキリンの骨格。螺旋状の数理模型や、流体力学の模型など、多彩な展示物は芸術品のような趣です。

「サイエンスをどうやって興味深く見せるか、に知恵を絞りました」と言う、IMTの西野嘉章館長。展示空間のコンセプトは“レトロモダン”です。

「学術標本の展示は、美術品を並べる名品主義とは対極です。そこにデザインという付加価値をつけることで、ミュージアム本来の“驚きと感動に溢れた場所”をつくりたかったのです」

細長い空間に柱が林立する展示室は、もとは郵便物が仕分けされていた場所。むき出しのモルタルはそのまま見せ、床に貼られたテープの跡も残すなど、あえて補修は最小限にとどめています。

クラシカルな展示ケースは、東京大学で戦前から使われてきた什器を再利用。資源を有効活用すると同時に、東京大学が130余年にわたって蓄積してきた“知の財産”を公開するに相応しい、どっしりとした佇まいになりました。

社会的な意義としての“無料”

2層にわたるIMTの展示はかなり見ごたえがありますが、入館料は無料です。ミュージアムに慣れた人ほど、意外に思えるかもしれません。

「そもそも公立博物館は無料であるべきにも関わらず、例外が多いだけです。逆に “これほどの施設を無料で使えることの社会的な意義” が、IMTの大きな武器です。これで社会の支援を得たいと思っています。入館料収益に汲々とするのは、ミュージアム本来の姿ではありません。100円の入場料を1万人から集めるよりも、100万円の寄付を募る方法で進めたいのです」(西野館長)

東京駅に近接しているというIMTの立地。「交通の要衝であるため、この地には全国から多くの人が訪れることは、構想の段階からポイントとして考えられていました」(洪恒夫特任教授)

西野館長が特に期待しているのは、修学旅行の学生です。「電車を待っている修学旅行生を駅で座らせているのをよく見ますが、30分あったらIMTに来て欲しいと思っています。“本物の知”に触れた体験を故郷で話してもらい、IMTの存在が大きく広まっていく。それが理想的です」

施設の完成は、出発点

2013年3月に開館して、約1カ月。来館者の出足は好調すぎるほどといいますが「その慢心は逆に危険です」と西野館長は話します。「文化施設は、施設の完成がゴールではなく、そこが出発点。今からが本当のスタートなのです」

展示室をユニット単位で更新する、IMTカレッジではイベントや教育プログラムを行う・・・いくつもの構想が企画されています。現状に満足せず、恐れずに次のステップへと進みたいという西野館長。「常に創造的な活動の場として、“進化するミュージアム”を続けていきたい」と結びました。

(取材:2013年4月11日 写真・文:インターネットミュージアム)

Museography ©UMUT works 2013


IMTの館内
西野嘉章館長からのメッセージ

 
館名JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー2・3階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.intermediatheque.jp/
開館時間11:00~18:00(金・土は20:00まで)入館は閉館時間の30分前まで
入館料無料
休館日月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)、年末年始、その他館が定める日
関連情報
モバイルミュージアム
行動する博物館
21世紀の文化経済論

西野 嘉章 (著)
平凡社
¥ 798
浮遊的前衛
西野 嘉章 (著)
東京大学出版会
¥ 6,825
新版 装釘考
西野 嘉章 (著)
平凡社
¥ 1,680

取材レポート
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート MIHO MUSEUM「紫香楽宮と甲賀の神仏―紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形」
[エリアレポート]
紫香楽宮と甲賀神仏
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社