インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  顔真卿による激情の書「祭姪文稿」が初来日 ── 東京国立博物館で来年開催

ニュース

顔真卿による激情の書「祭姪文稿」が初来日 ── 東京国立博物館で来年開催
(掲載日時:2018年07月26日)
唐時代の書を紹介する展覧会 ── 東京国立博物館で来年開催

中国・唐時代(618~907)の書に焦点を当てた展覧会が東京国立博物館で開催される事となり、2018年7月26日(木)、都内で記者発表が行われた。

中国で書法が最高潮に到達したのは、東晋時代(317~420)と唐時代。書聖と称される王羲之(おうぎし)が活躍した東晋時代に続き、唐時代には「初唐の三大家」こと虞世南(ぐせいなん)・欧陽詢(おうようじゅん)・褚遂良(ちょすいりょう)らが楷書の典型を完成。顔真卿(がんしんけい)はその伝統を継承しながら「顔法」と称される特異な筆法を生み出した。

顔真卿による「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」は、王羲之の「蘭亭序」と並ぶ歴史上の劇跡と称えられ、顔真卿の書は後世にも大きな影響を与えている。

展覧会では、台北の国立故宮博物院が所蔵する「祭姪文稿」が初来日するなど、貴重な作品が出陳。顔真卿の人物像や書の本質を紹介しながら、王羲之神話が崩壊する過程をたどり、唐時代の書が後世や日本に与えた役割を検証する。

構成は以下の6章。

 第1章「書体の変遷 書体進化の秘密」
 第2章「唐時代の書 安史の乱まで 王羲之書法の継承と楷書の完成」
 第3章「唐時代の書 顔真卿の活躍 王羲之書法の形骸化と情感の発露」
 第4章「日本における唐時代の書の受容 三筆と三跡」
 第5章「宋時代における顔真卿の評価 人間性の尊重と理念の探求」
 第6章「後世への影響 王羲之神話の崩壊」

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」は、東京国立博物館・平成館で2019年1月16日(水)~2月24日(日)に開催。観覧料は当日券が一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 900円、中学生以下は無料。各200円引きの前売り券は10月17日(水)から、2枚で2,400円のペアチケットは9月19日(水)から発売。
 



取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社