インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  モローの描いた女性たちを紹介 ── パナソニック汐留美術館で「ギュスターヴ・モロー展」が開催中

ニュース

モローの描いた女性たちを紹介 ── パナソニック汐留美術館で「ギュスターヴ・モロー展」が開催中
(掲載日時:2019年04月05日)
モローが描いた女性たちを紹介 ── パナソニック汐留美術館で「ギュスターヴ・モロー展」が開催中

2019年4月5日(金)、東京・港区のパナソニック汐留美術館で「ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ―」のプレス向け内覧会が開催された。

ギュスターヴ・モロー美術館(フランス・パリ)が所蔵する、《出現》や《一角獣》など、女性をテーマにモロー芸術を紹介する展覧会。

ギュスターヴ・モロー(1826-1898)は、聖書やギリシャ神話を主な題材とし、幻想的な作風で知られる象徴主義の画家。19世紀末の画家や文学者に多大な影響を与え、象徴主義の先駆者ともされている。

4章で構成される本展では、男性を死へと導くファム・ファタル(宿命の女)としての女性や、また誘惑され破滅へと導かれる女性、母・ポリーヌと恋人のアレクサンドリーヌ・デュルーとの交流を伝える素描や手紙など、初来日作品も含む約70点が展示される。

会場のパナソニック汐留美術館は、4月1日に館名を変更したばかり(旧館名:パナソニック汐留ミュージアム)。館名変更を記念し、モローと同じ誕生日「4月6日」生まれの人は観覧料が無料(要証明)。また、4月16日、4月26日、5月16日、6月6日の会期中6のつく平日に、同館オリジナルブックマークが、各日先着250名にプレゼントされる。

「ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ―」はパナソニック汐留美術館で、2019年4月6日(土)~6月23日(日)に開催。観覧料は一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下は無料。
 



インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日本画「青・蒼・碧」展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ゴッホ展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社