IM
    レポート
    ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ―
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    ファム・ファタルの原点は
    フランスを代表する象徴主義の画家、ギュスターヴ・モロー(1826-1898)。その画業において、繰り返し描かれたファム・ファタル(宿命の女)に焦点を当てた展覧会が、パナソニック汐留美術館(旧・パナソニック 汐留ミュージアム)で開催中です。
    (左から)《出現》1876年頃 / 《サロメ》1875年頃 いずれも、ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    (手前)《24歳の自画像》1850年 ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    いずれも、《アレクサンドリーヌ・デュルー》 いずれも、ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    《パルクと死の天使》1890年 ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    左から)《トロイアの城壁に立つヘレネ》 / 《ヘレネ》 いずれも、ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    (左から)《メデイアとイアソン》 / 《死せるオルフェウス》 いずれも、ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    (左から)《セイレーンと詩人》 / 《レダ》 いずれも、ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    《ヘラクレスとオンファレ》1856-57年 ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    (手前)《妖精とグリフォン》 / (奥)いずれも、《一角獣》1885年頃 いずれも、ギュスターヴ・モロー美術館蔵
    同時代の象徴主義画家の中でも際立った存在で、19世紀末の芸術や文学に大きな影響を与えた画家、ギュスターヴ・モロー。1826年にパリで生まれました。

    建築家の父ルイ・モローと、音楽が好きだった母ポーリーヌのもと、芸術に恵まれた環境で育ったモロー。特に母に対しては特別な思いがあり、「この世で最も大切な存在」と表現するほど。母子の絆は、妹、カミーユ(1827-1840)が13歳で早世したことを機に、ますます強いものとなりました。

    本展では、代表作《出現》や《エウロペの誘惑》を含む油彩画や水彩画などのほか、日本初公開となるポーリーヌに宛てた手紙など、約70点を紹介。生涯独身を貫き、アトリエにもめったに人を寄せ付けなかった謎多き画家、モローの素顔に迫ります。

    ポーリーヌともう一人、モローにとってかけがえのない女性がいました。恋人、アレクサンドリーヌ・デュルー(1836-1890)です。二人は結婚をしませんでしたが、近くのアパルトマンに住み、30年近くもモローはデュルーに惜しみない愛情を注ぎました。



    しかし、1884年に最愛の母が他界。1890年には病気のためアレクサンドリーヌも死去と、最愛の女性を次々と喪います。モローは「修復不可能な大惨事後のような落胆に打ちひしがれ」と、深い悲しみに襲われました。《パルクと死の天使》は、アレクサンドリーヌの死後に描かれたものです。

    ポーリーヌやアレクサンドリーヌなど、穏やかで優しい女性を愛したモロー。しかし、描かれた作品は、男性を誘惑する女性たちでした。代表作《出現》に描かれたサロメは、モローが描いた数々のファム・ファタルの中でも、突出した存在でした。

    展覧会には、最高神ゼウスの欲望の対象となった女性、エウロペやレダなど、男性からの誘惑により数奇な運命をたどった女性たちを題材とした作品も、展示されています。

    モローが描いた、数々のファム・ファタル。その源泉は、モローが生涯をかけて愛した二人の女性、母ポーリーヌとアレクサンドリーヌ・デュルーの姿があるように思えます。

    本展終了後、大阪と福岡に巡回します。会場と会期はこちらです。

    [ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年4月5日 ]

    ギュスターヴ・モローの世界ギュスターヴ・モローの世界

    新人物往来社(編集)

    新人物往来社
    ¥ 2,376

     
    会場
    パナソニック汐留美術館
    会期
    2019年4月6日(土)~6月23日(日)
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    水曜日(祝・祭日は開館)、展示替期間、年末年始、夏季休業期間
    展覧会によって、水曜日が開館になる場合がございます。
    住所 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://panasonic.co.jp/ls/museum/
    料金
    一般 1,000円 / 65歳以上 900円 / 大学生 700円 / 中・高校生 500円 / 小学生以下 無料

    ※20名以上の団体は100円割引
    ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料
    ※5月18日(土)国際博物館の日はすべての方が入館無料で
    展示会詳細 ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ― 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと13日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと64日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと132日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと159日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと91日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    飯能市職員採用試験(学芸員(民俗))のお知らせ [飯能市立博物館]
    埼玉県
    任期付き学芸員募集 [秋田県立美術館]
    秋田県
    兵庫県立美術館西宮分館会計年度任用職員(県政推進員) [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    子供向け体験型施設のマネージャー・ディレクター募集(株式会社 丹青社) [横浜市みなとみらい地区]
    神奈川県