インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男

ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男

■優れた絵本、だけではないです
【会期終了】 20世紀イタリアを代表する美術家、デザイナーのブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。絵画、彫刻、グラフィック・デザイン、インダストリアル・デザイン、絵本、著述、教育と幅広く活動しました。あまり知られていない初期の作品を含め、全体像を俯瞰する展覧会が、世田谷美術館で開催中です。
日本国内の所蔵品とイタリア国内の作品、あわせて300点超を揃えた日本最大級のムナーリ回顧展。ムナーリはWikipediaでも「多くの顔があるため、その全体像が掴みにくい」と記されていますが、その活動全般を紹介していきます。

ムナーリはミラノ生まれ。10代後半で未来派の一員として活動をはじめます。

未来派は、伝統的な美を否定、工業化社会を賛美し、それを新たな美として芸術に取り入れようとしました。絵画に「運動」を取り入れる事も未来派の特徴で、モビール状の《役に立たない機械》は、さながら‘動く抽象絵画’といえます。

1948年に自身が創設に関わった「具体芸術運動」の展覧会や機関誌は、ムナーリ作品の発表の拠点になりました。《陰と陽》シリーズは、画面を数色のみで色分けしたもの。《読めない本》は、ページをめくるごとに色面と線の組み合わせが変わります。

子どものための絵本シリーズは、5歳になった息子に与えたいと思える絵本が無かった事から生まれました。ページのサイズに変化をつけたり、紙だけでなくフェルトや木を用いたりと、子どもがさまざまな経験を積むことで、理解につなげようとしています。



《直接の映写》は、スライド・プロジェクターを用いた作品です。35mmスライドに、カラーセロファンのほか、ガーゼ、昆虫の羽、植物の一部などを装着し、スクリーンに投影するもの。油絵のように時間をかける事なく、自分だけの作品を作る事ができます。

金網を折り曲げて留めただけの《凹凸》。極めてシンプルですが、天井から下げて光を当てると、作品とともに影が動き、複雑な形状が現れます。他の人が見過ごしてしまう現象から美を見出すのは、ムナーリならではといえます。

切れ込みが入った金属板を差し込んで行く事により、立体造形ができる《くりかえしの構成》は、制作する人によって最終形が異なります。美術は、特別な能力をもった制作者と、見るだけの鑑賞者ではなく、多くの人が参加する事が重要と説きました。

言葉を用いないコミュニケーションの可能性を探っていたムナーリ。ありふれたフォークの歯や柄を軽く曲げた《ムナーリのフォーク》は、まるでフォークが語りかけて来たように見えます。

日本にもファンが多いブルーノ・ムナーリですが、多くは「優れた絵本作家」としての評価。美術家としての活動や、誰でも楽しみながら美術やデザインに触れるための試みには、あまり光が当たっていなかったようにも思われます。改めて、その幅広い視野と、知的なアプローチに驚かされます。

神奈川、福岡、岩手とまわった全国巡回展。世田谷美術館が最終会場です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月16日 ]

ムナーリの機械ムナーリの機械

ブルーノ・ムナーリ (著), 中山エツコ (翻訳)

河出書房新社
¥ 3,132

 
会場世田谷美術館
開催期間2018年11月17日(土)~2019年1月27日(日)
所在地 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL : 03-5777-8600
HP : https://www.setagayaartmuseum.or.jp/
展覧会詳細へ ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社