インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

■今ではメインストリーム
【会期終了】 美術史家の辻惟雄さんが1970年に著した『奇想の系譜』。それまで書籍や展覧会で紹介されず、傍流に属していた画家たちの個性的な作品に光をあてた同著は、現在の日本美術ブームの源流となりました。傍流どころかメインストリームになった8名を紹介する展覧会が、東京都美術館で開催中です。
『奇想の系譜』で取り上げられたのは岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳の6名。展覧会では白隠慧鶴、鈴木其一を加えた計8名の作品を、画家別で紹介しています。

会場冒頭は伊藤若冲。この種の展覧会では、知名度が高い画家は後半(多くの場合は一番最後)に出る事が多いので、ちょっと意外です。8人の中でも、最も大きなスペースで紹介されています。2016年の「若冲展」は45万人を動員、もう「わかおき」と読む方はいないでしょう。

花鳥画を得意とし、特に鶏は抜群。初期作と思われる《梔子雄鶏図》は初公開、逆に最晩年の《鶏図押絵貼屏風》も新出作品です。



続いて曽我蕭白。円山応挙、池大雅、与謝蕪村、そして若冲らと同じく18世紀の京都で活躍しましたが、最も個性的な作品を残した画家が蕭白です。豪快すぎる筆さばきも、繊細な描写も自由自在、人物の表情も独特です。辻さんが『奇想の系譜』を執筆するきっかけとなった《群仙図屏風》は、後期の出品です。

長沢芦雪は応挙の弟子ですが、師とは異なる大胆な構図と、機知に富んだ画風で「奇想」に相応しい画家です。《猿猴弄柿図》は大正4年の売立目録にありましたが、その後所在不明に。本展のための調査で発見されました。

辻さんの修士論文のテーマとなった《山中常盤物語絵巻》を描いたのが、岩佐又兵衛。戦国武将・荒木村重の子で、あまりにも残酷な描写は、信長に反逆を企てた一族が惨殺されたという出自が関係しているとも言われます。今回は前期で第4巻、後期で第5巻が公開されます。

狩野山雪は京狩野の狩野山楽の弟子。京都の大寺院に数多く作品を残しています。『奇想の系譜』以前は、狩野永徳 ─ 山楽 ─ 山雪と時代が下るに連れて評価も下がっていましたが、辻さんは理知的な構図に着目。その評価を一変させました。

白隠慧鶴は禅僧。禅宗では「不立文字(言葉に頼るな)」とされ、白隠も数多くの禅画を制作。蕭白、芦雪、若冲らに影響を与えた可能性も指摘されています。大分・萬壽寺の《達磨図》(通称:朱達磨)は、なんと80歳を超えて描いたものです。

鈴木其一は江戸琳派・酒井抱一の弟子。俵屋宗達 ─ 尾形光琳 ─ 抱一と連なる琳派は日本美術の王道ですが、其一は師が没した後は、次第に個性的な作風へ。伝統と独創の間を行き来しながら、多くの作品を残しました。

最後は歌川国芳。浮世絵も『奇想の系譜』以前は、鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽らが活躍した天明・寛政年間が浮世絵最盛期で、以後は、北斎と広重の風景画以外は「その他」という扱いでした。国芳の展覧会は各地で大人気、弟子の月岡芳年も評価が上がっています。

展覧会は辻さんが特別顧問を務め、辻さんの教え子でもある山下裕二さん(明治学院大教授)が全体を監修。師弟タッグによる渾身の日本美術展となりました。巡回は無し、東京都美術館だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月8日 ]

奇想の系譜奇想の系譜

辻 惟雄 (著)

筑摩書房
¥ 1,404

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京都美術館
開催期間2019年2月9日(土)~4月7日(日)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://kisou2019.jp/
展覧会詳細へ 奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社