インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マリー・ローランサンとその時代展 巴里に魅せられた画家たち

マリー・ローランサンとその時代展 巴里に魅せられた画家たち

■5館の連携企画、パリの画壇を展観
【会期終了】 華やかな女性をパステルカラーで描き、20世紀前半のパリで一時代を築いたマリー・ローランサン。当時のパリには日本も含めて各国から画家が集まり、個性あふれる作品が次々に生まれていました。ローランサンとパリに焦点を当てた展覧会が、ニューオータニ美術館で開催中です。
2011年夏からマリー・ローランサン美術館(長野:閉館)、高梁市成羽美術館(岡山)、一宮市三岸節子記念美術館(愛知)、神戸市立小磯記念美術館(兵庫)と巡回し、最後の開催地としてニューオータニ美術館にやってきた本展。展覧会は3章による構成です。

 第1章 パリの画家、マリー・ローランサンの展開
 第2章 パリの華やぎ
 第3章 日本人画家の活躍


会場

マリー・ローランサンは1883年、パリ生まれ。画家を志した当初は象徴主義、表現主義、フォーヴィスムなどパリで次々に誕生する新しい芸術様式を模索し、浮世絵の模写を試みたこともあります。

やがてピカソやブラックらとともにキュビスムの一員として活躍。離婚してパリに戻った1921年からは良く知られる幻想的で華やかな絵画に転換し、大きな人気を得るようになりました。上流社会ではローランサンに肖像画を描いてもらうことがステイタスとなり、自らも社交界でエレガンスなパリジェンヌとして過ごしました。


マリー・ローランサン《扇を持つ若い女》

各国から多くの画家が集まっていた1910年代から30年代のパリ。自分の才能を信じて、日本からも多くの若い芸術家がこの街を目指しています。

本展で紹介されているのは児島虎次郎、徳永仁臣、里見勝蔵、佐伯祐三、岡鹿之助、萩須高穂、佐分眞、小磯良平、古家新、三岸節子。彼らはフランスで大成功していた藤田嗣治やヴラマンク、ユトリロ、ドラン、ルオーなどと交流しながら腕を磨いていきました。


会場

日本人作家の作品が並ぶ展示室では、魅力的な2枚の裸婦図が並んで紹介されています。

児島虎次郎は本展の日本人作家の中では最も早く渡仏(1908年)。草むらに横たわる裸婦《裸婦と椿》は、児島が学んだ黒田清輝の師であるラファエル・コランの作品を彷彿させます。児島は印象派のイメージが強い画家ですが、初期のこの作品からは確かなデッサン力を見ることができます。

徳永仁臣(とくながひとおみ)は1911年渡仏。児島と同じ岡山の出身で、フランス留学中には交遊していました。白いベッドに横たわる女性を描いた《瞑想》は、ゴヤの《裸のマハ》を連想させます。


児島虎次郎《裸婦と椿》と徳永仁臣《瞑想》が並びます

本展は美術館の全国組織「全国美術館会議」内の小規模館研究部会の共同企画展として企画されました。小さな美術館も個性的なコレクションを連携させることで、魅力的な企画展を作り出せることを示した好例といえるでしょう。

前期の展示は8月19日(日)まで。8月21日(火)からの後期展示は一部の作品が入れ替わります。(取材:2012年7月18日)


会場ニューオータニ美術館
開催期間2012年7月14日(土)~9月30日(日)
所在地 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート6F(ロビィ階)
TEL : 03-3221-4111
HP : http://www.newotani.co.jp/museum
展覧会詳細へ マリー・ローランサンとその時代展 巴里に魅せられた画家たち 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社