インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  巨匠たちの英国水彩画展

巨匠たちの英国水彩画展

■この透明感、水彩ならでは
【会期終了】 4,500点以上の英国の水彩画と素描のコレクションを持つ、英国マンチェスター大学ウィットワース美術館。18世紀から19世紀の英国の巨匠が描いた水彩画を中心とした展覧会が東京に巡回してきました。会場はBunkamura ザ・ミュージアムです。
「水彩画といえば英国」というイメージがありますが、実はドイツやオランダの方が先。16世紀頃に油絵の習作や素描の色づけとして描かれており、英国に入ってきたのは17世紀頃です。

風景画の需要拡大にともなって普及が進み、国民的美術として発展。18世紀後半から19世紀前半に全盛期を迎えました。


第3章「グランド・ツアー、そして東方へ」

展覧会は7章構成、作品は約150点です。

多くの作家が紹介されていますが、別格はJ.M.W.ターナー。第4章は丸々すべてがターナーで、ここだけで24点が出展されています(ターナーの絵は1章と8章にもあり、全部で30点です)。

ウィットワース美術館は、水彩画家としてのターナーの活動期間全般にわたって作品を所有。ターナーのミニ回顧展のように、画業の変遷を楽しむことができます。


第4章「ターナーの芸術」から。ターナー初期の作品

画法については、とても研究熱心だったターナー。初期の作品では顔料の塗った面を爪でひっかいてハイライトにしたり(そのために人差し指の爪を伸ばしていたといいます)、建築物のディテールを描く際には毛嫌いしていたグワッシュも用いたりと、さまざまなチャレンジを行いました。

特に評価が高いのは、スイスの風景を描いた晩年の作品。《ルツェルン湖の月明かり、彼方にリギ山を望む》は、ターナーの水彩画の最高峰とも言われています。


第4章「ターナーの芸術」から。動画の3点目が《ルツェルン湖の月明かり、彼方にリギ山を望む》

第6章は「ラファエル前派と細密描写」。ここでもロセッティやミレイなど、日本でも人気の19世紀後半の画家が紹介されています。

ロセッティの《窓辺の淑女》は、ウィリアム・モリスの妻であるジェイン・モリスがモデルです。ロセッティとジェイン・モリスはいわゆる不倫の関係。印象的な表情は、ロセッティの作品に良く登場します。


第6章「ラファエル前派と細密描写」

油彩と違って透明感のある水彩画は、穏やかな主題の絵画にぴったり。素朴でやわらかい雰囲気は、理屈抜きで私たち日本人にもしっくりきます。

Bunkamura ザ・ミュージアムでの開催は2012年12月9日まで。この後は新潟県立万代島美術館に巡回します(2012年12月18日~2013年3月10日)。(取材:2012年10月19日)

DADA ターナー号出発 フランス発こどもアートシリーズ6

DADA日本版編集部 (著), 今井敬子 (翻訳)

朝日学生新聞社
¥ 1,575

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2012年10月20日(土)~12月9日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-3477-9413
HP : http://www.bunkamura.co.jp/museum/
展覧会詳細へ 巨匠たちの英国水彩画展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社