インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  前田寛治と小島善太郎 1930年協会の作家たち

前田寛治と小島善太郎 1930年協会の作家たち

■パリで親交を結んだ二人の歩み
【会期終了】 小島善太郎と前田寛治。パリで親しく交わり「1930年協会」の結成に参画した二人の作品を中心に紹介する展覧会が、小島が半生を過ごした八王子で開催中です。
開館10周年を迎えた八王子市夢美術館。小島善太郎はコレクションの柱の一つでもあり、今までも何回か小島をテーマにした展覧会を開催しています。今回は前田寛治の故郷である鳥取県立博物館などからも、多数の優品が揃いました。

展覧会は3章構成、第1章は「前田寛治、小島善太郎 それぞれのパリ」です。小島は29歳だった1922年、前田は翌年26歳でパリに留学。留学前には面識がある程度だった二人ですが、同年代ということもありパリで親しく交際します。


会場入口から

印象派や未来派など当時流行した絵画を志向する留学生も多い中、古典絵画に関心を示した二人。ともに真面目な性格で、実直に絵画技法を研究しました。

前田はレアリスムに傾倒、一時はマルクス主義の影響で労働者も描きました。留学の総括として選んだのが婦人像と裸婦で、展示されている《仰臥裸婦》は、マネ《オランピア》との類似性が指摘されています。

小島はルーブルで古典の模写に没頭。ティントレットの大作《スザンナと長老たち》を2年かけて模写しました。憂いを帯びた表情の婦人像は、小島が恋仲になったテレサ。小島には婚約者がおり、テレサも人妻だったため、この恋は成就しませんでした。


前田寛治《仰臥裸婦》と、小島善太郎《青い帽子(テレサの像)》

第2章は「パリから東京へ 前田寛治と1930年協会」。1925年に帰国した二人は翌年、木下孝則、里見勝蔵、佐伯祐三を加えた5人で「1930年協会」を結成します。

1930年協会は会員も増えて隆盛しますが、佐伯がパリで客死、里見勝蔵が脱会、前田も病に倒れて33歳で死去してしまいます。結局、新に発足した独立美術協会に合流するように消滅。最後の展覧会は、奇しくも会の名前と同じ1930年でした。

絵画とともに紹介されている資料の中で、ユニークな「出前注文票」。1930年協会の第2回展のもので「12時半までに之にかかぬと注文せぬ」の書き込みと、注文した品が列記されています。表から読むと、ウナギが流行っていたようです。


第2章「パリから東京へ 前田寛治と1930年協会」

第3章は「1930年以降の小島善太郎 人と芸術」。新に結成された独立美術協会でも小島善太郎は中心的な存在でした。独立美術協会は1931年に第1回展を開催、現在まで続く有力団体に成長しました。

小島は1932年から現在の八王子市に転居。自然に囲まれた暮らしの中でのびのびと制作を続けるとともに、近隣の美術愛好家や子どもたちにも絵を指導し、地域にも愛され続けました。


第3章「1930年以降の小島善太郎 人と芸術」

小島善太郎は最晩年には隣の日野市に転居。青梅市に小島善太郎美術館の建設も進んでいましたが、開館1ケ月半前に91歳で死去。日野ではアトリエも公開されています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年12月18日 ]

写実の要件

前田 寛治 (著)

中央公論美術出版
¥ 4,200

 
会場八王子市夢美術館
開催期間2013年12月7日(土)~2014年2月2日(日)
所在地 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
TEL : 042-621-6777
HP : http://www.yumebi.com/
展覧会詳細へ 前田寛治と小島善太郎 1930年協会の作家たち 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社