インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日本国宝展

日本国宝展

■濃密な信仰から生まれた、日本文化の到達点
【会期終了】 重要文化財のうち、「世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるもの」が、国宝。現在の有形文化財の国宝(1,092件)の1割強にあたる119件を紹介する、この秋最大の注目展です。
東京国立博物館で「日本国宝展」が開催されるのは、今回で4回目。これまでの1960年、1990年、2000年の3回は、それぞれ「文化財保護法」施行10年、40年、50年の記念事業として行われましたが、今回は「祈り、信じる力」をテーマに、濃密な信仰から結実した、日本文化の到達点を展観します。


会場

文字通り、会場には国宝が溢れるばかり。「全てが目玉展示」としか言いようがありませんが、あえて点数を絞ってご紹介いたしましょう。

まず仏画からは、国宝《普賢菩薩像》。東京国立博物館が誇る至宝の一つです。数多い普賢菩薩像の中でも最高傑作と称され、平安仏画の中でも屈指の名品として知られます。近くで見ると衣には截金(きりかね:細い線状の金属箔)文様がはっきりと残り、800年以上前の繊細な表現に目を奪われます。


仏画が並ぶ、第1章「仏を信じる」

高さ5.5mという巨大な国宝は、《元興寺極楽坊五重小塔》。ただ、こちらは美術工芸品ではなく建造物として国宝に指定されているので、建造物の国宝としては最も小さな部類ともいえます。

基壇から上まで心柱が通っており、古い多重塔と同様の構造。平安・鎌倉・江戸・昭和と何度か修理されていますが基本は奈良時代の制作で、当時各地に建立されていた諸寺の塔の雛形として使われた、という説が有力です。

奈良・元興寺の本堂内部に、床板と天井を抜いた状態で安置されていました(現在は収蔵庫で管理されています)。


国宝《元興寺極楽坊五重小塔》

展覧会メインビジュアルの手をあわせる童子は、国宝《善財童子立像》。隣の国宝《仏陀波利立像》とともに、安倍文殊院(奈良県桜井市)の本尊である《文殊菩薩および眷属(けんぞく)》のひとつで、2013年に国宝に指定。彫刻分野では最も新しい国宝です。

獅子に乗る文殊菩薩が、四人の侍者を従えて海を渡る「渡海文殊」の場面を表したもの。快慶がつくったことを記す銘文があります。善財童子立像には彩色の跡が残り、当時の面影がしのばれます。


国法《文殊菩薩および眷属》快慶作 のうち、順に《仏陀波利立像》、《善財童子立像》

絵画を中心に、会期中に展示替えされるものが多いので要注意(出品作品リストはこちら)。前期は10月15日(水)~11月9日(日)、後期は11月11日(火)~12月7日(日)ですが、11月3日(月)までは、東大寺大仏に捧げられた品々である正倉院宝物から11点が特別出品。11月21日(金)~12月7日(日)までは国宝土偶5件がそろい踏み、金印は11月18日(火)~11月30日(日)の12日間限定と、いつ見に行くか迷ってしまいます。

東京国立博物館 平成館だけでの開催。本展の後、平成館は2015年6月までリニューアル休館となります(2階 特別展示室は4月下旬オープン予定)。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月14日 ]

美術手帖10月号増刊 国宝のすべて

美術手帖編集部 (編集)

美術出版社
¥ 1,620

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■日本国宝展 に関するツイート


 
会場東京国立博物館
開催期間2014年10月15日(水)~2014年12月7日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://kokuhou2014.jp/
展覧会詳細へ 日本国宝展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社