インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  デミタスコスモス ~宝石のきらめき★カップ&ソーサー~

デミタスコスモス ~宝石のきらめき★カップ&ソーサー~

■300点超のデミタスがずらり
【会期終了】 茶道具や屏障画など日本美術の展覧会が多い三井記念美術館ですが、今回はちょっと異色。食後に濃い味わいのコーヒーを飲むための小ぶりの器「デミタス」がずらりと並びます。
デミタスのコレクションでは日本の第一人者である、東京在住の鈴木康裕(やすひろ)・登美子(とみこ)夫妻。現在では500点以上のデミタスを所有していますが、なんと康裕さんは一般のサラリーマン。月給から1ヶ月に1点ずつコツコツと購入し続け、ここまでの規模になりました。

会場には18世紀から20世紀初頭のセーブルやマイセン、KPMベルリン、ミントン、ロイヤルウースター、ロイヤルクラウンダービー、コールポートなど、ヨーロッパの名窯で作られた作品を中心に、宝石のように美しいデミタスがずらり。ひとつひとつは小ぶりですが、総数は参考出品も含めて約320点と、見ごたえたっぷりです。


会場入口から

いつもは国宝《卯花墻》などが紹介される展示室2にあるのは、本展の目玉作品ロイヤルウースター《上絵金彩ジュール透彫カップ&ソーサー》。

細かな透かし彫りがカップ全体に施されており、とても陶磁器とは思えない作品です(そのため、もちろん実用品ではありません)。

手掛けたのは、ジョージ・オーエン(1845-1917)。オーエンは技法を誰にも明かさなかったため、他に作れる人は誰もいませんでした。


ロイヤルウースター《上絵金彩ジュール透彫カップ&ソーサー》 / ロイヤルウースター《上絵金彩ジュール透彫ポット》

先ほどの作品もそうですが、鈴木夫妻のコレクションで最も数が多いのがロイヤルウースター。イギリス第一の名窯といわれ、この窯の歴史はイギリス磁器の発達史そのものと言われます。

会場に並ぶロイヤルウースターのデミタスは40点以上。果物や花々、鳥などを美しく描いた作品が目にとまりますが、中にはかなりユニークなデミタスも。《上絵ジャガイモと葉形カップ&ソーサー》はジャガイモそのもので、芽が出ているところまで表現されています。担当の小林祐子学芸員イチオシの作品です。


ロイヤルウースターのデミタス

鈴木夫妻のデミタスコレクションの中には、日本で作られたものも。19世紀中頃の万国博覧会から日本の工芸品に注目が集まり、輸出向けの陶磁器制作が加速。このあたりの経緯は、昨年の「超絶技巧!明治工芸の粋」展でも紹介されました。

薩摩、京都、九谷など、さまざまな産地でカップ&ソーサーが作られています。


日本製のデミタス

鈴木夫妻は昭和42年の結婚当初、共通する趣味がなかったため、お互いに好きだったコーヒーにちなんでデミタスを集め始めたのが、コレクションのきっかけ。当時デミタスはコーヒーカップの三分の一から半値程度で、あまり無理せずに収集する事ができたそうです。

「新しい作品を手に入れる時は、必ずふたりで相談してから購入する」という微笑ましいエピソードもあるお二人。まさに和製ハーブアンドドロシー(自分の給料で買える範囲でコツコツと現代美術を集め、世界的コレクターになった米国の夫妻)といえそうです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年2月6日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

 
会場三井記念美術館
開催期間2015年2月7日(土)~2015年4月5日(日)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ デミタスコスモス ~宝石のきらめき★カップ&ソーサー~ 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
サントリー美術館「information
左脳と右脳
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
東京国立近代美術館「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」'
福沢一郎展
TOC五反田メッセ「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」'
ストーンズ展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
[エリアレポート]
遊べる浮世絵展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社