インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  デミタスコスモス ~宝石のきらめき★カップ&ソーサー~

デミタスコスモス ~宝石のきらめき★カップ&ソーサー~

■300点超のデミタスがずらり
【会期終了】 茶道具や屏障画など日本美術の展覧会が多い三井記念美術館ですが、今回はちょっと異色。食後に濃い味わいのコーヒーを飲むための小ぶりの器「デミタス」がずらりと並びます。
デミタスのコレクションでは日本の第一人者である、東京在住の鈴木康裕(やすひろ)・登美子(とみこ)夫妻。現在では500点以上のデミタスを所有していますが、なんと康裕さんは一般のサラリーマン。月給から1ヶ月に1点ずつコツコツと購入し続け、ここまでの規模になりました。

会場には18世紀から20世紀初頭のセーブルやマイセン、KPMベルリン、ミントン、ロイヤルウースター、ロイヤルクラウンダービー、コールポートなど、ヨーロッパの名窯で作られた作品を中心に、宝石のように美しいデミタスがずらり。ひとつひとつは小ぶりですが、総数は参考出品も含めて約320点と、見ごたえたっぷりです。


会場入口から

いつもは国宝《卯花墻》などが紹介される展示室2にあるのは、本展の目玉作品ロイヤルウースター《上絵金彩ジュール透彫カップ&ソーサー》。

細かな透かし彫りがカップ全体に施されており、とても陶磁器とは思えない作品です(そのため、もちろん実用品ではありません)。

手掛けたのは、ジョージ・オーエン(1845-1917)。オーエンは技法を誰にも明かさなかったため、他に作れる人は誰もいませんでした。


ロイヤルウースター《上絵金彩ジュール透彫カップ&ソーサー》 / ロイヤルウースター《上絵金彩ジュール透彫ポット》

先ほどの作品もそうですが、鈴木夫妻のコレクションで最も数が多いのがロイヤルウースター。イギリス第一の名窯といわれ、この窯の歴史はイギリス磁器の発達史そのものと言われます。

会場に並ぶロイヤルウースターのデミタスは40点以上。果物や花々、鳥などを美しく描いた作品が目にとまりますが、中にはかなりユニークなデミタスも。《上絵ジャガイモと葉形カップ&ソーサー》はジャガイモそのもので、芽が出ているところまで表現されています。担当の小林祐子学芸員イチオシの作品です。


ロイヤルウースターのデミタス

鈴木夫妻のデミタスコレクションの中には、日本で作られたものも。19世紀中頃の万国博覧会から日本の工芸品に注目が集まり、輸出向けの陶磁器制作が加速。このあたりの経緯は、昨年の「超絶技巧!明治工芸の粋」展でも紹介されました。

薩摩、京都、九谷など、さまざまな産地でカップ&ソーサーが作られています。


日本製のデミタス

鈴木夫妻は昭和42年の結婚当初、共通する趣味がなかったため、お互いに好きだったコーヒーにちなんでデミタスを集め始めたのが、コレクションのきっかけ。当時デミタスはコーヒーカップの三分の一から半値程度で、あまり無理せずに収集する事ができたそうです。

「新しい作品を手に入れる時は、必ずふたりで相談してから購入する」という微笑ましいエピソードもあるお二人。まさに和製ハーブアンドドロシー(自分の給料で買える範囲でコツコツと現代美術を集め、世界的コレクターになった米国の夫妻)といえそうです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年2月6日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

 
会場三井記念美術館
開催期間2015年2月7日(土)~2015年4月5日(日)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ デミタスコスモス ~宝石のきらめき★カップ&ソーサー~ 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社