インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生賴範義展 THE ILLUSTRATOR

生賴範義展 THE ILLUSTRATOR

■ルーカスを唸らせた、迫真の描写
【会期終了】 スター・ウォーズやゴジラのポスターで知られるイラストレータ-、生賴範義(おおらいのりよし:1935-2015)。臨場感あふれるパワフルな作品は多くのファンを魅了していますが、展覧会は地方開催にとどまっていました。2018年、ついに東京へ。会場は上野の森美術館です。
1973年から亡くなるまで宮崎に居を構えていた生賴範義。展覧会は初の大規模展「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR」(2014年)をはじめ宮崎で3回、他は明石と大分で開催されたのみで、関東での開催も今回が初めてとなります。

会場は新聞広告が並ぶ通路を経て、書籍が積み上げられた「生賴タワー」へ。生賴は依頼された仕事を断らず、生涯で3,000点以上を描いたといわれます。

生賴の名を一躍世界に知らしめたのが「スター・ウォーズ / 帝国の逆襲」です。日本の雑誌に描いたスター・ウォーズの世界観がジョージ・ルーカス監督に評価され、国際版ポスターを担当。壮大なスケールを1つの画面で見事に表現しました。

1984年に復活した「ゴジラ」のポスターも、生賴が担当。生賴は平成版ゴジラまでの全13作品のうち、9作品の宣伝用ポスターの原画を描いています。


会場入り口から

続いて、生賴と縁が深かった三人の作家が紹介されています。

まずは小松左京。「復活の日」新装刊の表紙を描いたのが生賴です。巧みな構成と描写を見て、小松は日本人が描いたとは思わなかったそうです。

平井和正とのコラボは「ウルフガイ」の主人公、犬神明を描いた事がきっかけ。会場には「幻魔大戦」に登場するサイボーグ戦士“ベガ”の立体造形も展示されています。

生賴が出版分野に進出するきっかけになったのが、吉川英治です。1966年に手掛けた「吉川英治全集 三国志」の新聞全面広告は話題となり、以降も宮本武蔵など多くの人気作品に起用されました。


生賴と縁が深かった、小松左京、平井和正、吉川英治

会場2階は雑誌や戦史・戦記から。人物の内面まで描いたような肖像画は、月刊誌「現代」や「パーゴルフ」の表紙。飛行機や戦艦も得意としており、戦闘シーンは臨場感にあふれています。

徳間書店の「SFアドベンチャー」の表紙は、1980年から担当。西洋の神話や歴史に登場する魔女的な女性たちを、7年7カ月にわたって描きました。

展覧会の最後はオリジナル作品です。ひときわ目を引く大作は、荒々しく戦争の惨禍を描いた《破壊される人間》。鹿児島の川内歴史資料館に寄贈された作品で、1984年に同館が開館して以来、初の館外搬出です。


会場2階

自らを「真正なる画家」ではなく「生活のための肉体労働者」と称していた生賴。確かに、生賴の作品は大衆文化の中にありましたが、その影響力は燦然と輝きます。映画監督の樋口真嗣さんをはじめ多くの異才が、生賴の絵に魅せられ、新たな創造を生んでいったのです。

過去の展覧会にも出展されなかった作品も出ていますが、会期は僅かに1カ月弱です。ぜひ、上野まで。特に男子は必見です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年1月8日 ]

神話 THE BEAUTIES IN MYTHS/NEW VERSION神話 THE BEAUTIES IN MYTHS/NEW VERSION

生頼範義 (著)

復刊ドットコム
¥ 5,400


■生賴範義展 に関するツイート


 
会場上野の森美術館
開催期間2018年1月6日(土)~2月4日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-3833-4191
HP : http://ohrai.net/
展覧会詳細へ 生賴範義展 THE ILLUSTRATOR 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社