インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸の女装と男装

江戸の女装と男装

■男女の入れ替え、自由自在
【会期終了】 「LGBT」という言葉はありませんでしたが、江戸時代にも男装する女性や、女装する男性という「異性装」の文化がありました。祭礼において、歌舞伎において、そして絵の中の表現として…。男女の境界を自由に超えてきた浮世絵を紹介する展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
ギリシア神話のアキレウス、ジャンヌ・ダルク、ベルばらのオスカルと、実在・フィクションを問わず、異性を装う文化は古今東西どこでも見られます。本展では浮世絵に描かれた異性装を通じて、江戸時代の風俗や文化の諸相を考察します。

まずは「風俗としての女装・男装」。俄(にわか)は吉原で8~9月頃に行われた行事で、芸者が町の中を練り歩きます。出し物の中で、しばしば異性装などが見られました。髪を男髷に結っているのが女芸者。この風俗は明治に入っても続き、明治21年の浮世絵にも描かれています。山王祭や神田祭の附祭(つけまつり:山車と山車の間で行われた出し物)でも、男装が見られます。

続いて「物語の中の女装・男装」。牛若丸や犬坂毛野(『南総里見八犬伝』の登場人物)らは女装、巴御前や板額(女武者)らは男装。異性装はストーリーの大きなポイントになっています。


第1章「風俗としての女装・男装」、第2章「物語の中の女装・男装」

3章「歌舞伎の女形たち」と4章「歌舞伎に見る男女の入替」は、歌舞伎について。歌舞伎に女性が出演する事が禁じられたのは寛永6(1629)年。以来、歌舞伎の女形は、女装のスペシャリストとなっています。女形を演じる歌舞伎役者は、日常生活でも女性のように暮らす事が推奨されました。

歌舞伎では、通常は立役(男性役)が演じる人物を、女形が務める演目もあります。整理すると「男性を演じるのは女性役の男性」という、複雑な構造になります。

最後は「やつし絵・見立絵に見る男女の入替」。和漢の古典を当世風にした「やつし絵」や、ある物からある物を連想する「見立絵」にも、男女を入れ替えた作品が見られます。六歌仙や侠客として描かれた、当時の名高い美人たち。自由な発想で楽しい作品が次々に生まれていきました。


第3章「歌舞伎の女形たち」、第4章「歌舞伎の傾向に見る男女の入替」、第5章「やつし絵・見立絵に見る男女の入替」

少なくとも、祭りなどの非日常や、歌舞伎や浮世絵などの表現では、男女の入れ替えが自由に受け入れられていた江戸時代。当時の風情が伺い知れる、貴重な展覧会です。会期は約3週間とかなり短いので、お早目にどうぞ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年3月1日 ]

江戸の女装と男装江戸の女装と男装

渡邉 晃 (著), 太田記念美術館 (監修)

青幻舎
¥ 2,484


■江戸の女装と男装 に関するツイート


 
会場太田記念美術館
開催期間2018年3月2日(金)~3月25日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 江戸の女装と男装 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社